ゆうたろうの記録

カップ麺をメインにラーメンやグルメ食べ歩きとハイキングのブログです。

食べ物

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全262ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

埼玉県加須市にある中華のお店になります。
イメージ 1

イメージ 2

場所は加須駅から徒歩5分位の住宅街の中にあります。
中華屋さんと言っても本格中華料理ではなく庶民的な街の中華料理さんって感じです。

こちらのお店は盛りが良いのとオリジナルなメニューがあり行列が出来るほど人気になっています。

日曜日の11時開店10分前にお店へ行くと7人位並んでいました。
30分近く並んでお店に入ると店内はカウンターに2人用テーブルが2、4人用テーブルが4つあり昭和な雰囲気が漂っています。

店内の壁にはテレビでも馴染みな大食いの人達の色紙が飾られています、
イメージ 3

メニューは定番と黒板があり
ニューにはラーメン、チャーハン、丼物、定食類がありますが人気なのは黒板メニュー
イメージ 4

イメージ 5

他店では見られないかし亀だけのユニークなメニューが並んでいます。
黒板メニューは日々変わるそうです。

イメージ 6


チャーシュー多い麺(正油)¥1000
イメージ 7

イメージ 8

器自体は普通サイズですが、受け皿にスープがこぼれた状態
イメージ 9

濃い醤油色をしたスープの表面いっぱいにチャーシューが盛られています。
厚さも形もバラバラなチャーシューは甘辛く味がついていてじっくり煮込まれとても柔らかくジューシー
イメージ 11

さすがチャーシュー多い麺だけあって普通のチャーシュー麺とは比べものにならないほどのチャーシューが入っていました。
イメージ 12

スープは正油ですが、生姜とコショウのパンチが効いていて甘さもあります、
生姜が入る事で多いチャーシューも飽きずに食べられる感じがします。
イメージ 10

麺は平打ちのちちれ
正油の色が染み込んで茶色く変色しています。
イメージ 13

普通の1.5倍ある麺量だそうですが、そんなにボリューミーには感じませんでした。

とにかくここまでチャーシューが入っているラーメンは初めて食べました。


肉のせチャーハン¥750
イメージ 14

チャーハンの上に甘辛く炒めたタマネギと豚肉が載せてあります。
チャーハン自体はネギと玉子だけのシンプルな具材でちょっとシットリ系な炒め具合
イメージ 15

イメージ 16

ご飯のボリュームは他店の大盛程度でけして食べられない量ではないですが、豚肉の量が多いので食べ応え十分!!
イメージ 17

イメージ 18

大盛にした場合どれだけの量になるのか興味津々なところです。

どちらも普通サイズなら普通の人でも問題なく食べきれる量ですが、内容的にはチャーシューや肉を惜しげもなく使っていてとてもコストパフォーマンスの高いお店だと思います。

人気になる理由が納得出来る内容でした。

貸し切りになったり臨時休業になったりする場合があるのでお店のTwitterを参考に行かれるのが良いと思います。

この記事に

福井の冬の名物『水ようかん』を購入しに利用しました。
イメージ 1

昨日紹介した沖縄物産店のわしたショップの近くにあります。
店頭のウインドウにはイートインメニューが…
イメージ 2

越前おろし蕎麦が気になりましたが、早い時間だったのでイートインは準備中でした。

目的の水ようかんが入った冷蔵ケース
イメージ 3

福井の水ようかんとは…
昔は冷蔵庫があまり普及していない時代に糖度の低い水ようかんを夏に作ると日持ちせず、すぐ腐ってしまった。
水ようかんが福井で冬に食べられる要因の一つは冬だと菌が繁殖しないから。
福井は雪は降るけど水ようかんは凍らない。そんな福井の気候風土にあってこそ、水ようかんが冬に広まった。
冬はこたつでみかんを食べるというのは日本各地で一般的にみられる光景ですが、福井県は水ようかんを食べるというのが一般的。冬になると家の縁側にはお餅とみかんと水ようかんが常備されているそうです。

名前が知られているえがわさんと2種類の水ようかんを購入して食べ比べてみる事に
イメージ 4

●でっちようかん@菊水堂
イメージ 5

名水百選「瓜割の名水」と北海道産の良質な小豆を使用した自家製餡を使用。
濃いめの色に炊き上げ、また上白糖のみを使用することで小豆本来の風味を際立たせ、口どけの良い味に仕上げています。

黒糖ではなく上白糖を使用しているので全体的にさっぱり目
イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

●水羊かん@えがわ
イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

福井の水ようかんのスタンダートと言われている「えがわ」

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

熱湯で寒天を溶かしたところに厳選されたあずきあん、特上の黒砂糖、ざらめ糖をまぜて大きな釜を使って煮詰めてから冷やします。
40〜50度まで冷やした液体状の水ようかんを容器に流し込んで仕上げます。

黒砂糖のしっとりした甘さが舌に優しい上品な甘みを放ち乾いた喉にひんやりとした潤いがすべり落ち着いていく快感が何とも言えません。

毎年11〜3月末までの冬期限定

菊水堂さんよりもえがわさんの方がやはり美味しかったです!!

近くには高知のアンテナショップ『まるごと高知』もあります。
イメージ 18

この記事に

沖縄のアンテナショップになります。
有楽町駅のすぐ前にお店はあります。
入口にはシーサーがお出迎え
店内は沖縄の特産品がズラリと並んでいます。
イメージ 1

●ジーマーミ豆腐
イメージ 2

ジーマーミ豆腐(じーまーみどうふ)は、落花生(ピーナッツ)を使った沖縄県や鹿児島県の郷土料理。ジーマーミ(漢字では「地豆」)は琉球語で落花生を意味し、地域によってジーマミー(ヂーマミー)などとも言う。南西諸島以外ではピーナッツ豆腐、落花生豆腐、だっきしょ豆腐とも呼ばれる。
イメージ 3

イメージ 4

本土で言うごま豆腐的な感じでねっとりとした食感でピーナッツの風味がします。
付属のタレは甘しょっぱくおやつ感覚で食べる感じです。
イメージ 5

イメージ 6

また、お店の奥にテイクアウトで沖縄てんぷらが販売されていたので購入してみました。
イメージ 7

イメージ 8

沖縄の天ぷらはソウルフード的存在で地元の人は「てんぷらやー」と言うそうです。
地元では大体¥50〜60円前後で販売されていて安さも地元民が愛し続ける理由に。
ウスターソースにつけて食べるのもお勧めとか。

沖縄の天ぷらの特徴はサクサク、カリっとしている一般的な天ぷらの概念ではなく卵をたっぷり使ったぽってり分厚い衣で味もしっかりついていておやつ感覚で食べる天ぷら
具材は白身魚やイカ、ゴーヤー、もずく等

●沖縄てんぷら(もずく)¥130
イメージ 9

沖縄はもずくの生産量、消費量ともに日本一だそう
もずくと言えばよく知られる料理はもずく酢ですが、沖縄では味噌汁に入れたり天ぷらにする食べ方もよく知られているそうです。

沖縄のもずくは『オキナワモズク』という独特の物で他の地域のものよりも太いという特徴があり
ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富で、最近注目を集めている健康成分・フコイダンの含有量も他の地域のもずくよりも多い。
沖縄の長寿を支えている一つの様ですね。

もずくの天ぷらはさかなの天ぷらよりも衣は薄く、
外はカリッ、中はもずくのしっとりとした食感があり、塩味が付いているのでそのまま食べられます。
イメージ 10

●沖縄てんぷら(さかな)¥130
イメージ 11

こちらで提供しているさかなはシイラ
沖縄天ぷららしくベーキングパウダーの様な分厚い衣でほんのりした甘さも
淡白な白身でクセはなく、小腹が空いた時に丁度良い感じ
イメージ 12

都内で気軽に沖縄気分が楽しめるお店でした。

この記事に

スーパーに行ったら惣菜コーナーにバレンタインデー向けと思われるコロッケを発見!!
面白そうなので購入してみました。
イメージ 1

イメージ 2

チョコソースをバナナで包みパン粉をつけて揚げてあります。
イメージ 3

ご飯のおかずには絶対になりませんがスイーツ感覚で食べると以外にもGOOD!!
チョコとバナナの組み合わせは美味しいのは分かりますが、そこに油が加わる事でさらに美味しさがアップして感じです。
イメージ 4

色んなバレンタインコラボ商品がありますね!!

この記事に

つくば宇宙センターのお土産でいただきました。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

 国際宇宙ステーション(ISS)長期滞在用に、特別に開発されたビーフカレーです。
 地上とは異なる宇宙空間での食事をサポートしております。
 
無重力の宇宙船内で地上とは異なる味覚反応の変化に対応するため、スパイシーで濃い味にしています。

ウコン増量:当社通常品の1.7倍強
カルシウムを多く含む:213mg/100kcal
大豆イソフラボン添加
ハウス商品内辛味順位:3(中辛)相当

※「SPACE」はハウス食品グループ本社㈱の登録商標です。

味的には普通のカレーtyて感じでした。

この記事に

全262ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事