〜アニメ感想★影ふみのワルツ〜

アニメやゲームの感想を書いてます。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
 
レベルE 第2話「Run after the man」のあらすじ&感想です!
 
 
<あらすじ>
 
−筒井雪隆の部屋−
ある日、新居に記憶を失くした宇宙人(←見た目金髪の美青年)が住み着いてしまった筒井雪隆くん(15才)。なんだかんだあって宇宙人の青年は自分の正体が映っているという謎の物体(映写機?)を研究所から強奪。そして雪隆くんに自分の正体を見てほしいと言い出しました。
 
雪「これがお前の本当の姿…っ!?」
 
青「ジャクリンS星の流動生物。名前はクライブ。極めて多様な擬態能力を持っている。君も醜い生き物だと思うかい?」
 
巨大ナメクジの3D映像を雪隆くんに見せつつシュンとした顔で問いかける青年。それに対し、雪隆くんは戸惑いつつもハッキリ答えました。
 
雪「そうだな、美しいとは思えない…でも、ありがとな。潔く良く正体を見せてくれて!」
 
すると青年は「いい人だな…君は…」と呟き、いきなり雪隆くんを抱き締めました。でも、見た目は美青年なのに正体は巨大ナメクジ。そんな青年に抱き締められても微妙な気分ですよね…(汗)
 
青年は抱擁を解くと雪隆くんにお礼を言い部屋を出て行こうとします。
 
青「もう、迷惑は掛けられない…」
 
そんなしおらしい事を言う青年を思わず引きとめようとしてしまう雪隆くん。
 
雪「待てよ、今出て行ったら捕ま…あっ、そうか。お前変身できるから…」
 
青「…ちょっと待て。僕は変身出来るのか?」
 
雪「いや…言ってただろ?優秀な擬態能力があって、名前はクライブ…」
 
青「誰がクライブじゃっっっ
 
雪「お前じゃっっっ
 
青「あれは僕のペットだ」
 
雪「なに…っ!? お前さっき自分の正体っだて…っ」
 
青「あれは、こーゆーペットを飼っているような性格という意味だよ。やーい、早トチリ♪ペロベロベロ〜〜〜♪」
 
雪「じゃあ、まさか記憶も…?」
 
青「いっこうに戻らんっ!」←断言
 
雪「〜〜〜〜っ(怒)」
 
青「じゃあ、部屋割り決めようかww」
 
雪「結局居座るんかいっ!!」
 
ちゃっかり雪隆の部屋に居座り続ける事になった青年。現在、地球はこんな風に数種の宇宙人が飛来し普通に生活しているそうです。
 
そして、夜更け…
 
青「雪隆…雪隆…」
 
寝ている雪隆にコッソリ話掛ける青年。
 
雪「ん…なんだ?」
 
青「好きな子とかいる?
 
雪「寝ろっっっ!!! 
 
青年はどこでこんな修学旅行ネタを仕込んだんでしょうね?何気にほのぼのしていますが、青年を捕らえようとする研究所の魔の手が直ぐそこまで迫っていました。
 
 
−そして翌日−
父親の勤める研究所の調査員がマンションの周りをウロウロしていることに気付いた隣人の江戸川美歩ちゃん。調査員が捜しているのが昨日雪隆くんと一緒にいた金髪青年だと分かった美歩ちゃんは、さっそく雪隆くんの部屋を訪問。すると、青年はリビングのテレビに映った砂嵐を見て「HAHAHAHA」と大爆笑していました。
 
美「ねえ、彼、もしかして宇宙人?NASAの情報を読み取っているのかも…」
 
雪隆くんに問いかける美歩ちゃん。「まさか」と相手にしない雪隆くん。美歩ちゃんの話によると、調査員は研究所お抱えのミッシングハンターだそうです。研究所は国家とも繋がっていて、彼らの強引なやり方に美歩ちゃんは反感を持っているそうな。
 
そんな訳で、美歩ちゃんも青年を匿う作戦に協力してくれる事になりました。慣れた手つきで部屋中の電子機器をバラし盗聴器を捜す美歩ちゃん。一体どんな育ち方したんでしょうね?
 
そんな2人の心配をよそに青年は部屋から突如消えてしまいました。相変らず緊迫感の欠片もないフリーダムな青年です(汗)雪隆くんと美歩ちゃんは消えた青年を捜しますが、救命艇落下現場にも彼はいませんでした。
 
 
−地球で異星間交流−
その頃、救命艇落下現場の近くにある湖南町ではディスクン星人の長の家にドグラ星の密使クラフトとサドがご挨拶に来ていました。
 
山形周辺を縄張りとする好戦的な宇宙戦闘民族ディスクン星人。対する完全平和主義のドグラ星人。ドグラ星人の密使(クラフト&サド&コリン)はある重要人物を捜しに地球へやって来たようです。
 
その人物は、母船が事故にあった直後にサッサと一人で救命艇に乗って脱出し、そのまま地球に落下しちゃったそうな…って、確実にあの青年の事ですね!
 
長「それにしても、もっとうまい手はなかったんかね?うちの星の連中は血の気が多いから、もし何かあったら押さえがきかねえかもしれん…そうなったら相手ば潰すことになるから」
 
クラフトたちに釘を刺すディスクン星人の長。デイスクン星人は宇宙有数の戦闘種族。彼らの手にかかって絶滅した宇宙種族は軽く三桁を越えるそうです。
 
そんな長の言葉に冷や汗をかきながら頷くクラフトとサド。
 
クラフトたちが長の家を出ると、別行動をとっていたコリンから重要人物の足取りについての情報が入りました。
 
コ「救命信号を追って居場所は突き止めましたが本人はいませんでした。ですが、普通のアパートなんですよ。どうやら地球人と同居しているようです」
 
その報告を聞いたクライドは「あんのバカ〜っ!!」と激怒!
 
ク「コリン、お前はそこにいろ!我々はヤツのあとを追う!」
 
サ「我々もアパートで貼りこんでいた方がいいんじゃないですか?」
 
ク「私はお前のような生物学者ではないが、あの男に関してだけは絶対の自信がある。ヤツに関してだけは最悪のケースを想定しろ。ヤツは必ずそれの少し斜めを行く!」
 
 
−山形県のメイド喫茶にて−
青年を捜し回っていた雪隆くんと美歩ちゃんは、ちょっと喫茶店で休むことにしました。すると、店内でお茶してる青年を発見!青年は新しい服を着てショップの紙袋もいっぱい持ってました。どうやら商店街で悠々とショッピングを楽しんでいたみたいです。
 
青年の姿を見て問答無用で回し蹴りをかます雪隆くん。その華麗な回し蹴りを見て雪隆くんが元チンピラだと察する美歩ちゃん。
 
雪「散々捜し回ったんだぞテメェっ!」
 
青「不安だったんだよ…ジッとしているのが…」
 
雪「それでお気に入りの服買って喫茶店でナポリタンかっ!」
 
青「ナポリタンじゃない!ペンネアラビアータだ!(キリッ)」
 
雪「どっちも同じじゃっ!!!
 
そんなこんなで雪隆くんにフルボッコにされる宇宙人青年。フルボッコ後、青年は改まって雪隆くんと美歩ちゃんに相談があると言い出しました。これから話す出来事がはたして良い事か悪いことか2人にジャッジして欲しいそうです。
 
青「ある人が買い物帰りに道を歩いてたんだ。そのある人はある組織に追われていて、なるべく揉め事には関りたくないと思っていた…」
 
ある人って思いっきり青年の事ですよね(笑)青年は買い物帰りに路地裏で女性が3人の男にしつこく言い寄られているのを目撃したそうです。でも、揉め事は避けていたので通り過ぎようとしました。しかし、見てしまった以上止めるしかないと考え直した青年は「嫌がっている人を無理に誘うのは良くないよ」と男たちに声を掛けました。
 
すると、男たちは青年をボコボコにしました。その間に女性は逃走。激痛の中、女の子が無事に逃げたのを確認した青年は「これでよかった。あとは男達が殴るのに飽きるのを待つだけだ…」と思いました。
 
しかし、男たちが余りにしつこかったため、堪忍袋の緒が切れた青年は男の一人を殴り倒してしまいました。しかも、かなり思い切りww
 
青「暴力に対し暴力で答えるなんて…」
 
結構落ち込んでいる様子の青年。そんな青年の話を聞いた雪隆くんと美歩ちゃんは「それは良い事です!」とジャッジ。2人のジャッジに「よかった…」と心底安心する青年。
 
青「じぁあ、あとは…」
 
 
 
−路地裏−
青「これをどうするかだけだね!」
 
路地裏のポリバケツの中に突っ込んだ死体を見てニコやかに話す青年。この死体は青年が殴り倒した男のようです。…というか、殴り殺したと言うべきか???
 
 
−青年の正体−
青年を連れ慌てて路地裏から走り去る雪隆くんと美歩ちゃん。3人がアパートへ戻ると部屋の中に見知らぬ男(←コリン)が立っていました。
 
コ「隊長戻りました。間違いなく本人です」
 
通信機に向い報告するコリン。報告を聞きダッシュで雪隆くんの部屋に入ってくるクラフトとサド。
 
ク「ここかっっっ!!!」
 
サ「王子っ!!」
 
雪美「「えっ、王子?」」
 
突然部屋に入ってきた見知らぬ男たちと「王子」という単語に驚く雪隆くんと美歩ちゃん。
 
クラフトの話によると、青年はドグラ星の第1王子だそうです。全宇宙規模の大切な会議に出席する途中母船が事故にあい、王子は救命艇で脱出したものの地球に落下しちゃったそうな。
 
全宇宙規模の大切な会議に王子が遅刻でもしたらスターウォーズが起こりかねない。しかし、青年は記憶喪失のため自分が王子である事も母船の事故もクラフトたちの事も全然思い出せず「あんたたち誰?」状態です。しかも、青年には殺人容疑まで掛かっています。
 
ク「アハハハ。なあサド、私の言った通りだろ?コイツは常に斜め上を行くんだよ」
 
サ「はあ…でも、どうしましょ?」
 
ク「構わん。拘束してサッサと宇宙船に乗せろ」
 
記憶を取り戻していない王子を無理矢理連れて行こうとするクラフト。その強引なやり方を見た雪隆くんはプチッと切れちゃいました。
 
雪「おい待てよ!記憶喪失だって言ってんだろ!」 
 
ク「発展途上の地球人が口を挟む問題ではない!」
 
雪「地球に落ちてきて迷惑かけてんのはテメェらの方だろ。このオールバックが!」
 
ク「なんだと、死にたいかガキ!」
 
雪「いいぞここでやっても!」
 
ク「唾飛ばすなゴミ!」
 
雪「ふざけんな。大体アイツは人殺しまでやってんだぞ!」
 
ク「何を証拠に。このサル!」
 
雪「証拠証拠ってテメェの星は幼稚園児の集まりかゴラァ!」
 
ク「あのバカが言っただけだろう?」
 
雪「死体があんだよタコスケ!」
 
ク「だったらここに持って来いボケェ!そしたら土下座でも供養でもしてやる!」
 
雪「テメェが持って来いや!」
 
ほとんどヤンキーのケンカですね。
 
そうやって雪隆くんとクラフトが至近距離で顔を突き合わせて言い合いしてると…
 
王「ただいまぁ〜。ふう、重かった〜」
 
のんきな王子の声が聴こえてきました。王子ったらいつの間にかポリバケツ入りの死体を運んできちゃったみたいです。死体を見て仰天する一同!
 
死体に「すんませんでした!すんませんでした!」と土下座して謝るクラフト。←意外と律儀。王子の襟首を掴み「お前何やってんだっ!」と怒る雪隆くん。しかし、死体を観察していた生物学者のサドは「それどころではありません…」とクラフトに声を掛けます。
 
 
サ「非常にマズイです。これは人間ではありません。ディスクン星人です
 
 
 
 
 
< 感想 >
ありゃりゃ、死体の正体は山形周辺を縄張りとする好戦的な宇宙戦闘民族ディスクン星人だったようです。ガーンと青ざめるクラフト。ディスクン星人の長は「うちの星の連中は血の気が多いから、もし何かあったら押さえがきかねえかもしれん…そうなったら相手ば潰すことになるから」とか言ってましたもんね。これって非常にヤバイ状態です!なのに、王子は自分の星の危機を全く分かってない様子。本気でバカ王子なのね(笑)クラフトが地球に置いていきたいと嘆く気持ちも分かりますww
 
それにしても、先週引っ張ったジャクリンS星の流動生物クライブって王子のペットだったのね。見ててテレビの前でコケました(笑)それにしても、記憶喪失なのにペットは覚えてるって怪しいなぁ〜。
 
 
イメージ 2←←あらすじや感想を書く励みになります。記事がお気に召しましたらバナーをポチっとお願いします。

閉じる コメント(6)

顔アイコン

前回で引っ張ってくれた王子の正体、実は…という冒頭でのっけから笑わされました。いや、マジなんだかギャグなんだか分からない微妙な話のようで、思いっきりギャグでしたね。

今回も、表面的には思いっきり危ない話が続いてますけど、次回になると絶妙にはずしてくれるようで楽しみです。

一見普通の隣人、美歩の常人離れした行動も楽しかったです。

2011/1/19(水) 午前 7:34 くあい 返信する

くあい様

まさかあの流れでペットとは思いませんよね(笑)完全にギャグですね。キャラの顔がマジなので騙された〜。でも、面白いので好きです!

そうですね、今回もディスクン星人vsドグラ星人の戦争の危機っぽい引きですけど、絶対次回アバンではずされるんだろうなwwどんな風にはずしてくるのか楽しみですね!

美歩ちゃんもかなりズレてますね。そしてカンが鋭い!いったいどんな育ち方したんだか?

2011/1/19(水) 午後 5:35 ケロコ 返信する

顔アイコン

こんばんは。
あんな感動的?な引きだったのに、まさかのペットで笑いました。
ギャグとシリアスの落差が面白いです。

2011/1/19(水) 午後 8:34 ハニー先輩 返信する

ハニー先輩様

こんなにギャグばかりだとは思いませんでした。でも、とっても面白いアニメですね!ポリバケツに入ってた死体にも笑いました。

2011/1/20(木) 午後 5:53 ケロコ 返信する

顔アイコン

初コメで失礼します。原作がとても好きだったのでアニメ化すると聞いて不安だったのですが、結構評判いいみたいなので安心しました。ちなみにこちらでは放送の予定は無いようです(泣)

2011/2/9(水) 午後 7:30 [ taketyan ] 返信する

taketyan 様

いらっしゃいませ♪コメントありがとうございます☆
私は原作未読なのですがアニメはとっても楽しく見ています。今期1番好きなアニメです。出来れば原作も読みたいです♪
あらら、放送予定がないとは残念です…。でも、大丈夫です。「レベルE」はバンダイチャンネルの無料動画で見られますよ♪

2011/2/9(水) 午後 10:57 ケロコ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事