夕闇千鳥のお勉強日記

生物学、心理学などを中心に・・・

全体表示

[ リスト ]


消化管で分解・消化・吸収された栄養素は、炭水化物とタンパク質は、それぞれ糖とアミノ酸になって、血流に乗って肝門脈 portal veinから肝臓に運ばれていきます。
イメージ 2


一方で、脂肪はタンパク質をくっつけられてカイロミクロン chylomicronとなって、リンパ管を通って、胸管 thoracic ductを上って、鎖骨下静脈に注ぎ、全身に回ります。 脂肪は(糖しか使えない脳を除いて)全身でエネルギー源として使われていくわけですが、すぐには使われない残りの部分は、やはり肝臓に行きます。
イメージ 1


肝臓 liverは右脇腹にある大きな実質臓器(中身のつまった臓器)で、重さ1.5kgくらいもありますが、これは「肝小葉 liver lobule」という小さな最小機能単位がたくさん(5万〜10万個)あつまってできています。 これを使って、身体で使うタンパク質、炭水化物、脂質などの大量の代謝・合成・分解をほとんど一手に引き受けているのです。
イメージ 3


ここ肝臓 liverでは何をやっているか? 目立ったものをあげるだけでも、以下のようにたくさんあります。

(1)消化管から吸収してきた栄養素やその他(毒物や薬物を含む)を門脈から取り込み、「まず、とりあえず」の代謝を行う。

(2)炭水化物、タンパク質・アミノ酸、脂質を合成して、身体が必要としているものをつくり、血液に載せて運んでいく。 これには、血漿タンパク質(アルブミン、フィブリノーゲン、幾つもの凝固因子、補体系、線溶系、・・・など)や脂質を運搬するリポタンパク質なども含まれる。 一方で、身体にとって有害だったり今現在は不必要だったりするものを分解する。 今はいらないアミノ酸から炭水化物や脂肪を合成したり、今はいらない炭水化物から脂肪を合成したり、今すぐにはつかわない糖からグリコーゲンをつくって貯蔵したりする。

(3)消化管での脂肪の吸収に重要な役割を果たしている胆汁酸 bile acidを合成して、胆汁として分泌する。

(4)同時に、赤血球の持つ酸素運搬のためのタンパク質=ヘモグロビン hemoglobinが分解されて生じるビリルビン bilirubinを胆汁の中に胆汁色素として排泄する。

(5)アミノ酸を分解・脱アミノ化して生じるアンモニア、消化管に住んでいる細菌がつくりだして吸収してしまうアンモニアを、「尿素回路 urea cycle」によって無害な尿素に変換する。

(6)鉄やビタミン類などの栄養素を貯蔵する。

(7)消化管からやってきた外敵(細菌など)が肝臓を通る間に殲滅してから全身の血流に載せる、フィルターのような役割を果たす。

・・・・

などなどです。

肝臓には、2つの血管系が肝門 pota hepatisに流れ込んでいっています。 1つは普通に動脈 artery。 もう1つは消化管から来る、栄養素と同時に毒素などの有害物質や細菌なども含んだ血液を運ぶ門脈 portal veinです。

これらは肝臓に入ると、どんどん枝分れしていき、最終的に無数にある肝小葉 hepatic lobuleの1つ1つに流れていきます。
イメージ 4


つまり、動脈からの血液も、門脈からの血液も、肝小葉の中心部にある「中心静脈 central vein」に向かって流れていき、その途中でその両脇をかためる肝細胞 hepatocyteによってさんざん代謝がすすめられていくわけです。 さらに、この動脈血と静脈血の通り道である、特殊化された毛細血管である類洞 sinusoidには、ところどころに駐在型のマクロファージである「クッパー細胞 Kupffer cell」がいて、やってくる細菌を捕らえて食べてくれることで、フィルターの役割も果たしているわけです。
イメージ 5


最終的に、血液が中心静脈にやってきた頃には、すべき代謝(物質の合成・分解)がすっかり終わり、必要なものが肝細胞に取り込まれ、肝細胞から必要なものが分泌されています。 この中心静脈がたくさん集まって、肝静脈になり、下大静脈に注ぎ、これは右心房・右心室を経由して全身に回っていくわけです。

肝小葉の図をよく見ると、血液の通り道とは別に、肝細胞の間を流れる毛細胆管 bile canaliculiがあります。 これは肝細胞で合成・分泌される胆汁を運ぶ細い導管で、そのうちこれがたくさんあつまり、胆管→(左右の)肝管→総胆管・・・となって、膵液と一緒に十二指腸に注いでいるわけです。

イメージ 6
光圀『腎臓ではネフロン nephroneが最小構成単位だったのが、肝臓では肝小葉 hepatic lobuleってことですね?』
イメージ 7
千鳥先生『ああ、そういうことになるな。 ちなみに、腎臓のネフロンは死んだら死にっぱなしで再生されることはなかったのだけど、肝小葉をつくる肝細胞 hepatocyteは、ものすごく再生能力が高いことが知られていて、何かのことで死んでしまってかなりの部分を失われても、通常はすぐに増殖してもとの大きさに戻るんだ。 これができなくなって、死んだ肝細胞のかわりに繊維組織で置き換えられてしまって、肝臓の「工場」としての機能が激減した状態が「肝硬変 liver cirrhosis」だな。』
イメージ 8
源太郎『そっか、消化管からやってくる栄養素だけじゃなくて、外敵や毒素がまずやってくるのが肝臓なだけに、やられてもすぐに回復する強さが肝臓には必要なんだな?』

千鳥先生『そうとも言えるな。 例えば、毒でも薬でも、消化管から吸収されたあと、すぐに肝門脈から肝臓にいって、まずは1回ここで代謝されるんだ。 これをファーストパス効果 first pass effectといって、だから多くの薬が「そのまま」ではなくて、肝臓で1回代謝された代謝産物として全身に回っていくことになるんだ、良くも悪くもな。 逆に言うと、肝細胞は薬や毒物に対して、思いっきり矢面に立って対処する「最前線」ということになる。 まあ、大変だわな。

それに、肝臓は細菌を全身に回さないフィルターとしても働いている。 実際、門脈血にはたくさんの細菌が入りこんでしまうのだけど、その99%くらいは肝臓を通る間に(類洞に配備されているクッパー細胞によって)駆除されるとみられていて、全身に回ってしまうことはほとんどないんだ。 (脂肪はリンパ管を伝っていくわけだが、リンパ管はリンパ管でリンパ節 lymph nodeがあって、これがフィルターになっているわけだ。)』

源太郎『逆に言うと、肝臓って消化管から入ってきた細菌がまだいる場所ということにもなるんだよな。 だから生のレバーを食べるのは危険ってわけなんだな。』

千鳥先生『小学生って設定なんだから、レバ刺しなんか食べるな!』
イメージ 9
灰泥『まあ、レバ刺しは確かに危ないけど、火を通したレバーなら、栄養が豊富でいいわよね。 鉄分やビタミン類を大量に貯蔵している肝臓だからこそよね。』

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事