葭の塾

葭の髄から我孫子ゆかりの文化人たちを覗いています

全体表示

[ リスト ]

「嘉納治五郎 書号と書額」(その1からの続き)

 これら5面の貴重な書額が、いつ、いかなる経緯(いきさつ)で嘉納から贈られたものかについては、残念ながら正確な記録は残されていません。
 第一小学校と市役所の書額については、一小・後藤校長先生のご好意で閲覧させていただいた「我孫子第一小学校沿革史」の中に嘉納の名前がありました。すなわち嘉納は昭和10年(4月13日)と12年(2月18日)に「役場階上ニテ」座談会を開催しており、11年(12月7日)には4年生以上の児童を対象に講演会を催し、続いて「聴衆多数」を前に「第12回オリンピック大会誘致ノ由来ト国民ノ覚悟」という題の一般講演を行っています。この誼で昭和13年(5月9日)には、「故嘉納治五郎先生告別式及葬儀ニ付千濱校(長)参列」という一項があります。(因みにこの時葬儀に参列された千濱校長は、昭和19年11月に手賀沼最大の水難事故で若き女教師16名とともに亡くなっています。)
 このような関係であれば、当時の一小校長や当時の我孫子町長に揮毫を求められれば、嘉納が気軽に応じたことが推察されます。

 角松旅館も同様で、別荘ができたときに嘉納は角松旅館において晩餐会を催しています(『我孫子市史研究第4号』兵藤純二氏論文)。本来ならお披露目を兼ねて新築の別荘に招くのが自然なのに、角松旅館を会場に選んだのは、嘉納が角松の当主と極めて懇意な間柄であったからでしょう。
「三樹荘」の書額については、村山氏からこれが柳の新婚転居を祝して、嘉納が揮毫したものだという由来を教わりました。氏が前の持ち主である柳宗悦の長姉谷口直枝(子)の子息から三樹荘を購入したとき、古家の玄関に架かっていたものだといわれます。

 ところで、注目すべきは「力必達」以外の4面は、すべて「歸一齋」によるものであることです。先の所説に従って、「歸一齋」が(20代は例外として)70代に用いられたとすれば、嘉納が(数えで)70歳を迎えたのは1930年(昭和5年)ですから、それ以前にはこれら書額が書かれなかったことになり、時期的に疑問が生じます。もっとも平仄が合わないのは「三樹荘」の書額で、柳が新妻兼子と三樹荘に入ったのは大正3年9月で、そのとき嘉納は54歳ですから書号は「甲南」だったはずです。柳は大正10年3月に我孫子を去りますが、このときでも嘉納はまだ61歳で「進乎齋」の年代です。横山・森本両説が正しいとすれば、嘉納は柳の住んでいる間に「三樹荘」の書額を書かなかったことになるのです。

 あらためて「歸一齋」4面の書額の写真を眺めてみると、「従善如流」と「三樹荘」はかっちりとした楷書体であるのに対し、「以人為鏡」はかなりこなれた感じで、「擇道竭力」になると草行書体で最初の2文字が容易に判読できぬほど奔放になります。この違いは年代の差をあらわすもので、「従善如流」がもっとも若く、「三樹荘」「以人為鏡」がその次で、「擇道竭力」のみが70代の作のように感じられます。書号の書体も、「従善如流」では「歸」と「齋」が丁寧に書かれているのに対し、「三樹荘」「以人為鏡」「擇道竭力」では「歸」は「帰」となり、「齋」も崩されてきます。私の拙い鑑賞力をもってしても、特に「従善如流」は、とても70代に書かれたとは思えないのです。

 そうなると、「進乎齋」の書号についても疑問が生じます。一小の「力必達」と講道館資料室にある「精力善用」「自他共栄」の2枚の書軸(「資料2」)は同じ「進乎齋」によるものですが、書体のこなれから察するに、明らかに前者のほうが若いと思われます。書号の「進」と「齋」も前者は丁寧に書かれていますが、後者の「進」と「齋」は崩されています。
 因みに「甲南」の書号は数が少なく、現時点では手掛かりは見出せないでいます。また落款(嘉納瑞寶)の種別によって時期を推定する方法もありますが、これには書額を外して熟視する必要もあり、落款に不学である私の手には負えません。

 これからも嘉納書額を見る機会は多々あるでしょうが、いまのところは少ない事例ながら、「嘉納治五郎は、少なくも「進乎齋」と「歸一齋」については、年代にはかかわらず、書額の文字(あるいはその時の気分)に応じて書号を使い分けていた」と私は思っているのです。(この稿完 平成17年1月記)

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事