葭の塾

葭の髄から我孫子ゆかりの文化人たちを覗いています

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

えにしの章の弐

 終の栖

 平成十三年(二〇〇一年)九月に子の神さんに寿陵を求めて、我孫子をわが終(つい)の栖(すみか)にする決心が定まりました。
 手賀沼畔の若松という住所に越してきて早や三十年を超えます。
 我孫子を選んだ最大の理由は、勤務先が日比谷であった私にとって、開通直後の千代田線で座って通勤できることでありました。
 会社を退いてこの理由が失せると、余生を過ごすのにもっとよいところがあるのではないか、と考えるようになりました。
 高原へ、海辺へ、引っ越して行った友だちも少なくありませんでした。
 生来バガボンドである私は、むしろ、この先長くはない人生をいろんな土地で過ごしたい、と思っていました。
 たとえば小京都といわれる町を三年ずつ遍歴できればどんなにいいだろうか、と。

 いざ退職して手賀沼沿いの遊歩道のウオーキングが日課となると、考えが少し変わりました。
 四季を彩る花々、野鳥の囀り、水面を渡る風の爽やかさ……何よりも自分の眼の高さから数キロ先が見通せる水辺の風景の広がりが、こころを晴れやかにすることに気づいたのでした。
 自宅からほんの数分でこんな素晴らしい散歩道があるところは、日本国中めったとないんじゃないか。
 文学史跡散歩に参加してみると、新たに郷土史への興味が湧きはじめました。
 当時はまだ市役所前にあった古い市民図書館の郷土史コーナーへ通うようになり、我孫子にゆかりのある人物を知るにつれ、一種の既視感(デジャビュ)を覚えました。
 彼らは、私がこれまでにどこかで名前を聞き、興味を持ち、あるいは作品に接して感動を受けた人たちであったのでした。

 灘中学校に入学した私は、講堂に懸かった「精力善用」「自他共栄」という書額を見せられ、それが本校創設に尽力した嘉納治五郎の揮毫になることを教わりました。
 国語の授業で正読本に採用されたのは、中勘助の『銀の匙』でした。
 高校時代の愛読書は、漱石の『こころ』と武者小路の『友情』でした。
 どちらも親友に恋人を奪われる話で、そのころ流行った江利チエミの「テネシーワルツ」同様、春にめざめはじめた高校生にとっては身につまされる思いがしました。
 当時クラシックにのめり込んでベートーヴェンを神様だと思っていた私でしたが、もし親友に恋人をとられるようなことがあれば、『友情』の主人公・野島のように、ベートーヴェンのマスクを庭石に叩きつけようと思ったりしました。
 直哉の『暗夜行路』では、芸者の乳房を揺すって「豊作だ、豊作だ」と叫ぶシーンに性的興奮を覚えました。
 詩も好きで、藤村の『若菜集』や高村光太郎の『智恵子抄』に心をうたれ、二、三篇の拙い詩をつくったりもしました。
 会社に入ると、事業所が倉敷にあった関係で、出張の合間に大原美術館を覗くことが多くなりました。
 泰西名画の逸品とともに、なぜ民芸作家の作品がこんなにたくさん陳列されているのだろうと思っていました。
 一夜、奮発して倉敷国際ホテルに泊ったら、ロビーの棟方志功の巨大な板画に目を奪われました。

 「北の鎌倉」というキャッチコピー宣伝文句に釣られて我孫子の若松に分譲地を求めたのは、昭和四十五年のことでした。
 市川の社宅で長男に小児喘息の徴候が見られたので、翌年早々に家を建てて引越しました。
 高度成長期の典型的な会社人間だった私は、白樺派などには無頓着なまま自宅と会社との機械的な往復運動に明け暮れ、週末はゴルフという生活を続けていました。
 恥ずかしながら、リーチの記念碑が建ったことも、志賀直哉邸跡を市が買収したことも知らずじまいでした。
 武者小路邸跡は離れていたため、訪ねもしませんでした。

 我孫子に越して間もなく、新居を訪ねてくれた小学校時代の、陶芸好きの友人に誘われて一日益子に遊んだことがあります。
 参考館で当時一八〇〇円もする浜田庄司作品集を買い求め、巻末の解説で浜田がリーチの親友であったことをはじめて知りました。
 我孫子に住んで五年目の年に、NHKの大河ドラマ「風と雲と虹と」が始まりました。
 ご当地の英雄物語というのでさすがの私も興味をそそられ、筑波山の頂上から関八州を見渡して、「将門の心境がわかるなあ」などと悦に入っていました。
 地元の書店は将門ものの山積みで、その中から私は柴田弘武氏の『将門風土記』を購い、いつか役に立つだろうと書棚に眠らせてありました。
どういう動機からか『遠野物語』を読みたくなって、箱入りの美装本を買ってみたものの斜め読みしただけで、これも《積ん読》の一冊となっていました。
 静岡の関係会社に出向していた会社の先輩とゴルフを楽しんだ夕べ、先輩が御馳走してくれた料亭にはユニークな染絵の額がたくさん懸かっていました。
 それが人間国宝の芹沢げ陲箸い人の《型絵染》という作品であることを、初めて教わりました。

 ゴールデンウィーク黄金週間に妻と京都へ出かけたとき、清水寺の帰り道、ガイドブックで見つけた河井寛次郎記念館へ立ち寄りました。
入口の木製の看板が棟方志功の字であることから、河井と棟方の関係を知りました。
 売店に置いてあった『いのちの窓』という本をぱらぱらとめくったら、  「道を歩かない人 歩いたあとが道になる人」という文句が気に入って衝動買いをしました。
 高村光太郎の「僕の前に道はない 僕のあとに道はできる」と較べて、なんと控え目な人かと思ったのでした。
 日本民芸館を訪ねたのは、新規事業に携わるようになって駒場にある東大先端研の先生を訪問した帰りでした。
 こんなところにあったんだ、ちょっと寄って行こうかという程度の思いつきからでしたが、北国の蓑の美しさに息を呑み、幾多のコレクションから柳宗悦の眼力の確かさを知ったことでした。
 売店で岩波文庫の『手仕事の日本』を求めたら、各頁に芹沢げ陲離ットがありました。

 これら脈絡もなく気の向くままに興味を懐いていた人たちが、突然曼荼羅のように整然と私を取り囲みはじめたことに気づいたのは、退職後の日課とした手賀沼遊歩道のウォーキングで、冬空にくっきり浮かぶ夕焼け富士を見たときだったかもしれません。
 私が興味を懐いた人たちは、みな我孫子にゆかりの深い人物だったのでした。
 私は、不思議な縁(えにし)に導かれて、彼らが集い論じ談笑した我孫子に住んでいるのです。

 彼らをもっと知りたい、と私は激しく思い、新装なった市立図書館の《ゆかりコーナー》へ日参しはじめました。
 志賀直哉と武者小路実篤、瀧井孝作、中勘助などを再読し、嘉納治五郎の謎解きに没頭しました。
 日本民芸館、益子参考館などを再訪し、『将門風土記』を携えて将門史跡を巡りました。
 そんな折、家から僅か三分、開山一千余年の名刹である子の神さんで、墓地の最終分譲があるという話が飛びこんできました。
 子の神さんは真言宗豊山派……それが退職した年の秋に出かけた四国一人歩き遍路で、同行(どうぎょう)していただいた弘法大師の宗派であるというのも少なからぬえにし縁というものでした。
 妻も大賛成してくれて、九月末にめでたく寿陵が完成しました。
 それが、私にとって、この我孫子を終(つい)の栖(すみか)と定めた証左(あかし)となりました。

 いや、単なる縁(えにし)というようなものではない……私に言わせると、それは紛れもなく弘法大師、お大師様の仕業でありました。
 四国遍路の十一日目、私は翻然とお大師様に歩かせていただいていることに気がついたのでした。
 私が歩いているのではない、お大師様が私をして歩かせていらっしゃる。
 私が主語ではない、お大師様が主語で私は目的語なのだ、と。
 これまで私が考え行動してきたことも、すべてお大師様が私を考えさせ行動させてきたのだ、と思うようになったのでした。
 お大師様は、長い時間をかけて私の脳の襞に少しづつ興味の種を植え付け、興味の対象となる人物のゆかりの地に私を住まわせてくれたのです。(完)

開く コメント(0)

えにしの章の壱

 IF……天才たちの出会い

 「もしクレオパトラの鼻がもう少し低かったら、世界の歴史は変わっていただろう」というのは、パスカルの『パンセ』にある有名な言葉です。もっとも正しくは、「世界の歴史」ではなくて「大地の全表面」と、パスカルは独特な比喩を用いています。「表面」faceは「顔」の意味でも用いられる語ですから、「地球全体の顔」という訳し方もされます。

 「歴史にIFは禁物」というけれど、パスカルに倣って、私はIFを楽しんでいます。
 我孫子の文化発祥のキーマンは柳宗悦です。柳が志賀直哉を誘い、志賀が武者小路実篤を誘って、白樺派のコロニーができた。柳は一方ではバーナード・リーチを誘い、リーチの友人の富本憲吉、浜田庄司らが集い来て、のちの民芸運動が生れた。もし、柳が我孫子に住まなかったら、白樺派も民芸運動も、どこかよその地で花開いたことでしょう。

 その柳が我孫子に住むことになったのは、嘉納治五郎との縁(えにし)によるものでした。ご承知のように、嘉納は柳の母勝子の弟で、柳の叔父に当ります。嘉納は明治末年に我孫子に別荘を求め、向かいの地に寡婦(やもめ)の勝子と、同じく夫に死別した柳の長姉直枝子(すえこ)を呼び寄せます。直枝子が谷口尚真(軍令部長)と再婚するため母勝子と家を出たあとに、新婚の柳夫妻が転居してきます。そうなると、もし、嘉納が我孫子に住まなかったら柳も我孫子に来なかった、といえるかもしれない……とかくこの世は、男女の仲ばかりでなく、前世から赤い糸で結ばれていたとしか思えないような不思議な偶然に満ちています。

 思えば、当地ゆかりの文人陶工たちの出会いもまた、偶然が集積しています。
 志賀は落第したおかげで、武者小路実篤や木下利玄、正親町公和と同年生になりました。
この四人が、のちに柳や里見を引き込んで『白樺』を創刊します。志賀、武者、柳の三人は我孫子に住んで、毎日のように行き来する仲になります。

 リーチが日本に来たのは、ロンドンの美術学校で留学中の高村光太郎に逢ったことが大きな引鉄(トリガー)になりました。来日して銅版画教授の広告を出したリーチを訪ねた志賀、里見、柳たちとの交流が始まり、やがてリーチは彼らに招かれた茶会の即興で楽焼に目覚めて陶芸の道に入ります。リーチが六代尾形乾山に弟子入りしたとき通訳をつとめたのが茶会に同行した富本憲吉で、富本は英国留学から帰国の船中でリーチの友人タービーと知り合い、その縁(えにし)でリーチの親友になったという偶然が重なります。

 そのリーチの処女作を買ったのが河井寛次郎です。河井は蔵前の高等工業で二学年下の浜田庄司と識り合い、卒業後に勤めた京都市立の陶磁器試験場を訪ねてきた浜田を誘って職をともにします。浜田は柳邸の庭に窯を築いたリーチを訪ねてきて意気投合し、のちにセントアイヴズで二人で作陶を始めるほどの仲になります。浜田は帰国後、互いに誤解のあった柳と河井を引き合わせ、ここから三人トリオの民芸運動が加速して行くのです。そも柳が民芸に目覚めたのは、淺川伯教に朝鮮白磁の壷を見せられたからでした。

 もし志賀が落第しなかったら、
 もしリーチが高村光太郎に逢わなかったら、
 もし広告につられて志賀、柳たちがリーチを訪ねなかったら、
 もし富本が別の船に乗っていたら、
 もしリーチが茶会に行かなかったら、
 もし浜田と河井が蔵前で一緒でなかったら、
 もし淺川が朝鮮白磁をさげて柳邸へ来なかったら、
 IF、IF、IF……もし一つでもそうでなかったら、日本の近代文学、近代陶芸の歴史は大きく違ったものになっていたことでしょう。

 そうなったのは、偶然という魔術。
 フランスのノーベル賞作家アナトール・フランスは、
 「偶然とは、つまるところ、神である」
と、言っています。
 天才たちの出会いを演出したのは、神の「見えざる手」に相違ありません。(完)

開く コメント(0)

はじめに

はじめに
 
退職してにわかに我孫子の文化に目覚めると、ご当地ゆかりの人物たちについてもっと知りたいと思うようになり、アビスタ市民図書館の「ゆかり人物コーナー」へ通う回数が増えました。新築移転とともにすっかり充実したこのコーナーには、生きているうちには到底読み切れないほどの書物が並んでいます。
 とはいえ「百里の道も一歩から」……知りたい人物の著作評伝評論を読んでみると、それなりの小さな発見に行き当たります。 
 今まで全く知らなかったこと、今まで知っていたことが間違いであったこと、知ってはいたがその陰に隠されていた意外な事実があったこと、などなど。
 とりわけ、今まで誰も言わなかったことに気づいたとき、あるいは今までの通説が誤っているのではないかと疑問を抱いたときは、知的興奮が高まります。
 そうしたときには、私はできるだけ文章で書き残したいと思うようになりました。

 センサーを磨いておくと、小さな発見は無数に見当ります。我孫子ゆかりの人物はあまりにも多く、題材には事欠きません。それにワープロソフトはありがたいもので、いつでもどこからでも書きはじめられ添削も意のままです。そこそこの分量になったところで、識者に読んでいただいてご批判を仰ぐことにしました。
 この連作エッセイの標題は、いろは歌留多の「葭(よし)の髄(ずい)から天井覗く」に因んで「葭の髄から……我孫子ゆかりの人物を覗く」と名付けました。葭はまた手賀沼の風物詩でもあり、晩春には巣作りに集う行々子(ぎょうぎょうし・オオヨシキリ)の鳴き声で沼辺は賑わいます。
 この諺は歌留多の「よ」の項に出てくるもので、その意味は「(葭の茎の管のような細い穴から覗いて天井全体を見たつもりでいる意から)きわめて狭い知識や経験で、大きな問題について勝手に決めつけてしまうことのたとえ」とあります(『成語林』)。
 私の覗いている葭の穴はあまりに細いので、識者のみなさまにできるだけ広げていただきたいという思いが秘められています。

 元よりこの連作エッセイは人物別に系統立てて書いているわけではありません。小さな発見がある度に人物の項を起こします。ある人物を書いている途中に別の人物にワープしたり、また元の人物に帰って書き足したりします。識者のみなさまに誤りをご指摘いただいたときは、速やかに書き直しもします。
 それゆえこの文集は永遠に未完です。識者の皆様には、未完の文集を読んでください、という無礼なお願いをすることになりますが、この点平にご容赦くださいますよう。
 平成十五年秋

開く コメント(1)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事