代表者 安田の日記帳

淀屋橋総合事務所の運営日記です 事務所URL www.yodoyabashisogo.com
さて、税務調査が始まりました。
税務署の担当者は、予定していた時間
午前10時ちょうどに、会社に来ました。

最初に、20分程度、会社の社長を交えて
会社の概要など話した後、調査が
始まりました。

過去3年間の法人税、消費税、源泉税が調査
対象ということで、会計帳簿と会計証票を
過去3年間準備して、調査が始まりました。

1日目は、午後4時ごろに、個別の取引について
質問を受け、回答し、2日目までに
準備しておく資料(契約書)のコピーをお聞きして
担当者は、税務署に戻りました。

2日目には、11時頃に、質問を受け
それに対して、回答をして、概ね11時30分頃には
担当者は、税務署に戻られました。

当初、2日間と言われていたところ、実質1.5日で
調査は終了し、受ける側からすれば、少し
ホットした気分でした。

担当者から調査結果を受け、会社の社長に
報告すると、社長も理解していただき
これで、税務調査は、無事終了しました。

日常からキチンと経理処理をして
資料等も整備していると、税務調査と言っても
特段慌てることもなく、対応できるものです。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

先日、私どものお客様で
税務調査があったので、
その概要をお伝えします。

まず、税務調査がある場合
事前に税務署から顧問税理士に
電話が入ります。

その際、
・対象会社名と
・調査対象の会計期間
・調査対象の税目
が伝えられます。

今は、事前通知制度と言って
事前に、上記のことを伝えた上で
調査に入ります。

ですから、対象期間の会計帳簿や
会計証票を準備すれば、良く
受ける側も準備しやすいです。

今回の調査を受けた会社は
会計帳簿も毎月作成しており
会計証票もキチンと整理していたので
調査の際には、特に準備等はなく
社長と事務担当者に、概ね
想定される調査内容と、
質問に対する想定問答を作成する程度の
準備をするくらいでした。

そして、いよいよ税務調査の日を
迎えることになりました。

その続きは、後ほど、お話しします。

❑❑❑❑❑❑❑❑❑❑❑❑❑❑❑❑❑❑❑❑❑❑❑❑❑❑❑
 大阪市中央区高麗橋4-3-7 北ビル7
 淀屋橋総合会計・不動産鑑定
❑❑❑❑❑❑❑❑❑❑❑❑❑❑❑❑❑❑❑❑❑❑❑❑❑❑❑

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

SPCも会計監査を
受けなければならない
ことがあります。
 
TMKの場合、優先出資を
発行すれば、会計監査が
必須になります
 
GK TKスキームでも、
負債が200億円を超えると
会計監査が必須になります。
 
また、GK TKが、会計監査を
受ける会社の連結子会社に
なれば、連結決算の観点から
会計監査を受けなければ
なりません。
 
その他、レンダー(銀行)の
要請で、法定ではないが
任意監査を受けることが
あります。
 
このように、SPC
まとまった資金を調達し
それを運用し、適切に
資金が管理され、運用
することが求められ、
会計監査を受ける案件も
それなりに、あるのが
現状です。


❑❑❑❑❑❑❑❑❑❑❑❑❑❑❑❑❑❑❑❑❑❑❑❑❑❑❑
 大阪市中央区高麗橋4-3-7 北ビル7
 淀屋橋総合会計・不動産鑑定
❑❑❑❑❑❑❑❑❑❑❑❑❑❑❑❑❑❑❑❑❑❑❑❑❑❑❑

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事