草物盆栽

盆上に自然の風景を楽しむ、生きた芸術品、草物盆栽

草物盆栽

こんにちは、文山草です
花冷えの日が続きます最高気温は13℃春は足踏み状態です。

ヤマコウバシ、姫リュウキンカほか/高さ30cm/作5年/陶板(益子焼 陶豊陶苑 長棹豊)
フクジュソウにそっくりな花が輝くよう咲いています、寒さに耐えるかのようにヤマコウバシの枯れ葉が昨年の秋からこんなふうに枝にしがみついて落ちません、新芽が葉の付け根にあって芽が膨らんでくると落葉してきます、植物にも次の世代が成長するのを見届けてバトンタッチする樹種があるのですね。
イメージ 1

開く コメント(0)

草物盆栽

こんにちは、文山草です
ここ2〜3日冷え込んで早く開いた桜が散りません。

三点飾りの左上は「オカメザクラ」咲き始めて10日にもなるのに散りません、冷え込みのせいか?ストップ、ビジー状態?です、この桜は挿し芽から作って11年、小輪で赤紫色の花はうつむき加減で控え目に咲きます。
右は真柏、強い曲作りに作って15年になります、これから温かくなると緑の葉が鮮やかに、左下は「ショウジョウバカマ」横縦10cm以下に小さく作って3年です。
イメージ 1

開く コメント(0)

草物盆栽

こんにちは、文山草です
全国の桜の便りが毎日のようにテレビで紹介されています。

我が家のさくらも七分咲きになってきました
富士枝垂れざくらほか、高さ76cm、作11年、水盤(常滑焼 水庄苑)
11年前に園芸店から小さな苗を購入して幹を曲げながら作り込んだものです、枝は枝垂れてくるのでハサミを入れると自然模様木になります
清楚で上品な一重の花と、豪華で優美な樹形を楽しむことができるようになりました、枝垂れた樹形は色艶を感じるほどになりました。
室内に持ち込み、悠々晩酌の御供になり盆栽冥利に尽きますます。
イメージ 1

開く コメント(0)

草物盆栽

こんにちは、文山草です
温かな日と寒い日が交互に日替わりの状態の日々です。
そんな中、草物盆栽も新しい芽吹き花が開いて春本番になってきました。

上の画像、日本スイセンが咲き始まりました、側面からショウジョウバカマが首をもたげて咲き出してきました、これらの花が終わるとユキヤナギが咲き出し、ヘンリーヅタの葉が出てきて、この一鉢で秋の深くまで楽しめます。
イメージ 1
 
下の画像、春先にショウジョウバカマが咲き出し、クサイチゴも続いて樹木はナツハゼで芽が日ごとに膨らみ花が咲き黒い実が付き秋には紅葉が楽しめます。
イメージ 2

開く コメント(0)

草物盆栽

こんにちは、文山草です
庭の片隅で小さな春を見つけました、落葉の積もった陽だまりにフクジュソウの花が顔を見せてくれました。
梅の木の根元で幾重にも落葉が重なった布団のような中からいくつか花芽が膨らんでいます、厳しい寒さのまっただ中たくましく躍動するフクジュソウです。

ツバキほか/高さ36cm/作5年/水盤(常滑焼 山秋)
ツバキは「雪舟」セッシュウ、の名前で購入しました、純白の花は全開すると少し裏側にそります、引き締まった花芯が美しいです。
外で一輪開花したが少し傷んだような咲き方だったので、室内に取り込んで5日目です寒い北風に当たると花がきちっと咲けないようです。
背景にある掛け軸色紙「寿」は、文山草作 お遊びです。
イメージ 1
イメージ 2

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事