草物盆栽

盆上に自然の風景を楽しむ、生きた芸術品、草物盆栽

草物盆栽

こんにちは、文山草です
梅雨が明けました、夏の本番で連日暑い日が続きます。

セイヨウイワナンテン、ワレモコウほか/高さ54cm
作10年/陶板(小砂焼 市川窯 市川勉)
自生しているワレモコウは9月に咲くが、園芸種は背丈が低く早咲きのようです、ワレモコウの地味な花は
イワナンテンの茎や葉の色彩に負けそうです、寄せ植えの素朴な盆栽を眺めて猛暑を過ごします。
イメージ 1
 文山草HPもよろしく http://www7b.biglobe.ne.jp/~sannsou/

この記事に

開く コメント(0)

草物盆栽

こんにちは、文山草です
日中外にいると暑くて焦げそう、連日厳しい暑さになっています。
ヤマコウバシほか/高さ76cm
作8年/水盤(常滑焼 水庄苑)
クロモジの仲間で枝などを折るといい香りがするヤマコウバシは近辺の雑木林に自生しています
秋の紅葉が魅力的ですが、足元のツクシカラマツと細幹作りの途中経過も見ていただきます。
枝を矯正中ですが、幹肌を傷めないよう様子を見ながら針金を外す予定です。
文山草HP http://www7b.biglobe.ne.jp/~sannsou/
イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

草物盆栽

こんにちは、文山草です
強烈な日差しに焼けて焦げそう、気温も32度を超えています。

シモツケほか/高さ35cm
作12年/陶板(小砂焼 朱雀窯 荻原毅久)
落葉低木のシモツケは地際からたくさんの芽を出し株立ち状になりやすい。
管理作業は株立ち作りなので年間をとおし、枝葉のバランスと若返りのため古い枝を根元から切り取り若い枝に変え花付きを良くします。
水さえ切らさなければ、強健な種類なので放任管理でも楽しめます。
イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

草物盆栽

こんにちは、文山草です
今日は夏至から数えて11日目の半夏生です。

半夏生(半化粧)ほか/高さ68cm
作19年/水盤(瀬戸焼 春松)
毎年、この時季に花が咲きだし葉の半分が白く化粧したようになります、今年はまだ一部にしかその変化が現れていません、少し遅れているようです。
それにしても、毎年暦のとおり(半夏生)このころ律儀に花が咲き、葉が半分化粧したようになるのか植物の不思議です。
草物盆栽は生きた芸術品です、足元に斑入りヤブコウジを寄せてあります。
文山草HP http://www7b.biglobe.ne.jp/~sannsou/

この記事に

開く コメント(0)

草物盆栽

こんにちは、文山草です
どんよりとした曇り空、湿度が高そうなそよ風も生温かい

アジサイ(甘茶)ほか/高さ52cm
作20年/陶板(小砂焼 市川窯 市川勉)
梅雨の雨が似合うアジサイが咲き出し、市内でもアジサイ祭りが始まりました。
甘茶はガクアジサイの変種だそうで、先端が尖った艶の無い黄ばんだ葉が数枚あります
昔、甘味成分に「ズルチン」がありましたが甘茶の葉に、この成分が含まれているそうです。
根洗い作りに作って、今年で20年、
この間植替えせずに楽しんでいますが花後の剪定を適切にすればまだまだ楽しめそうです。
イメージ 1
 

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事