エムフィールド M-FIELD ショップブログ

オートバイショップ エムフィールドの日々をここに

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1


 そんなこんなで


 エンジン始動準備が


 整ったので


 キックを踏み下ろします。


 しっかりと


 整備してあるので


 当たり前ですが


 あっさりと


 目覚めます。


イメージ 2


 水漏れや


 オイル漏れなどがないか


 点検しながら


 水温を上げてい行き


 全体的な暖機が


 済んだところで


 充電電圧測定…。


 オイオイ…。


イメージ 3


 レギュレーター入口までの


 発電量は


 問題ないので


 レギュレーター不良ということで


 交換です。


イメージ 4


 ヘッドライトハイビーム


 ウインカー点滅


 ブレーキランプ点灯


 の状態で


 アイドリングでこの電圧。


 OKでしょ☆


 こちらのトラブルも


 納車前に出て良かった☆


イメージ 5


 忘れていた


 クラッチレバーも


 交換しておきます。


イメージ 6


 で


 試乗チェックするために


 外装を載せて行く訳で


 その辺りを


 メンテします。


 タンクキャップも


 分解清掃して


 エアベント機構等を


 確認しておきます。


イメージ 7


 燃料コックも


 分解清掃して


 ゴム類は総交換です。


イメージ 8


 カチカチな


 ホースも


 もちろんです。


イメージ 9


 で


 くすんだ表面を


 シコシコします。


イメージ 10


 このくらいまでは


 頑張れば


 光り直します。


イメージ 11


 が


 クリア下の


 こういったモノは


 どうしようもありません。


 ココを塗装し直すと


 販売価格が一気に大きくなります。


 金額が高くなるのではなく


 大きくなるのです。


 その金額が


 高いか


 安いか


 決めるのは


 購入される方です。


 エンジンや車体さえ


 しっかり作ってあれば


 外装は特にこだわらないという方や


 ゆっくりと後々にでも仕上げていきたい


 という方もいらっしゃるでしょうし


 機関外装ともフルレストアしたい


 という方もいらっしゃるかと思います。


 その選択肢が


 選べるラインが


 当店の販売金額になる訳です。


 なので


 当店では


 無理にお勧めしたりすることは


 一切なく


 「高いと感じたら購入しない方がいいですよ」


 と


 お客様にお話しします。


 大きな金額を


 ペイして頂くからには


 きちんとした


 結果をお渡しするのが


 当然だと思っております。


イメージ 12


 脱線しました…(=_=;)。


 次は


 アッパーカウルです。


イメージ 13


 曇っていた


 スクリーンを


 綺麗にしようと


 シコシコしていたら


イメージ 14


 あっさりと


 クラック発生…(=_=;)。


 これまた


 オイオイ…(=_=;)。


 さすがに


 このままでは失礼なので


 ワタクシのから…。


 と思いましたが


 ワタクシのも


 バキバキで


 新品のA2FORMのスクリーンが


 実家にあったはず…。


 と探してみるも


 行方不明…。


 で


イメージ 15


 ヤフオクに出ていた


 こちらで


 ご勘弁を…(=_=;)。


イメージ 16


 スクリーンの


 取付ネジは


 交換しておきます。


 ココは


 プラスチックネジで


 正解だと思います。


 ヤマハの考え方に


 賛同☆


イメージ 17


 カウル自体も磨いて


 こんな感じです。


イメージ 18


 チェーンガイドがないのを


 忘れており


イメージ 19


 ドナーから


 引っぺがします。


 ゴメン…。


 俺の1KT…。


イメージ 20


 もちろん


 綺麗にしてから


 装着です。


イメージ 21


 カウル類も


 外側だけでなく


イメージ 22


 内側も


 綺麗にしてあげます。


 そんなこんなで


 何度か試乗しながら


 ポジションなどの


 微調整を繰り返し


イメージ 23


 お待たせしました☆


 完成です。


 慣らし運転から


 はじめて下さいね。


 カウル類の傷は


 タッチペンなどすると


 貧乏臭く見えるので


 当店ではやりません。


 ご理解下さい☆


 末永く


 楽しんでくださいね☆



















 7月20日(金) → 12:00 オープン


 7月22日(日) → 終日クローズ(予定)


 7月28日(土) → 終日クローズ(予定)


 と


 営業時間が


 変更になる場合が


 ございます。


 よろしくお願い致します。


イメージ 2









 7月20日(金) → 12:00 オープン


 7月22日(日) → 終日クローズ(予定)


 7月28日(土) → 終日クローズ(予定)


 と


 営業時間が


 変更になる場合が


 ございます。


 よろしくお願い致します。


イメージ 2

 GSX−S1000F


 在庫ございます☆


 即納出来ます。


 乗り出し価格は


 ¥1,000,000- (税・保険・法定費用込)☆

 文字通り


 赤字の大特価です。


 1台だけですので


 お早めに☆





 




 TZR250(1KT・2XT)用
 オリジナルナックルガード 販売中です☆
 価格 ¥12,000-(税込・送料別)



 GSX−R750/1100(’85〜’88) 用
 オリジナル ヘッドライトカバー ¥8,000-/¥8,500-(税・送料別)
 販売中です☆
 
 
 
 
 GSX−R750(’86〜87)/1100(’86〜’88) 用
 オリジナル FRP アッパーカウル ¥35,000-(税・送料別)
 販売中です☆
 
 
  
 
 
 
 
 
 
 レッツ(ブラックとブルー)

  と

  アドレス110(シルバー)

  店頭展示中☆

  即納出来ます☆
 
  
 
 
 当店の

  原付新車販売諸費用は

  登録代行料 ¥4,320- (当店指定範囲内)

  と

  自賠責保険料

  ソレダケデス☆(自賠責保険入替除く)
 
 
 
  
 
 
 
 
 ホームページはこちら
 
 
 納車整備例はこちら
 
 
 在庫車両はこちら
 
 
 SUZUKI MOTORCYCLES はこちら
 
 
 SUZUKI MOTORCYCLES 内の M−FIELD のご紹介はこちら
 
 







 

 


 

この記事に


.


みんなの更新記事