ここから本文です
7月18日(水)

ワールドカップサッカーもウインブルドンテニスも終わり、
今は、第100回全国高校野球の予選の真っ只中。
豪雨災害で壊滅的な被害を受けた広島県大会も遅れて始まった。
地区に被害があった呉地区の球児もボランティア活動に追われ
当たり前に生活の中にあった野球が出来ないまま開会式を迎えながら
災害にも負けず、頑張る姿を応援したいと思います。

リンク↓
 
先週のブログ更新時から、今度は一度も雨が降らずカラカラ
酷暑が続く日本列島、皆さま、如何お過ごしでしょうか?
こちら日中は、絶望的な暑さで、
朝夕にしかバイクで駆ける気になりません〜
これも歳のせいでしょう!? 自衛本能が働きます。
暑さを避ける生活が続く、そんな先週の日記です〜

7月13日(金)
連休前にBITO R&Dを訪れた。
8耐を前にプライベートチームのサポートに忙しそうでしたが、
小一時間、美藤さんと様々な事を雑談、
雨に関しては、裏山の真砂土が雨で流れ、池が埋まったり、
モリアオガエルの池も土で溢れた程度で済んだようでした。

7月14日(土)
連休が始まるも、パラパラと予定が入り動けない・・
外は暑く、日中リッターバイクに乗るのも可哀想・・
ガレージで細かい所を磨いたり調整したり
クーラーを効かしての整備は、楽しい時間

イメージ 2


空いた時間はガレージで音楽と共に〜

イメージ 1


ワックス掛けも完了

イメージ 3


7月15日(日)

ワールドカップサッカーも決勝を迎えた日。
今大会は、カウンターでの得点が多く、
試合の進め方が変わった大会だったかな〜
VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の採用により、
リプレイ検証でファウルを誘うプレイが多い中南米勢が全滅。
セットプレーによる得点も目立った大会でした。
また4年後が楽しみですが、先ずは予選突破からですね〜
いや、4年後もまだバイクに乗れてる事の方が大事です。

涼しい内に朝駆けに出掛けました
午前5時過ぎ、円山川
今は静かに流れる川

イメージ 4


朝モヤの中、山から太陽が顔を出してきた

イメージ 5

河梨峠の気温、確認22℃ 森のモヤ

イメージ 6

先ずは、久美浜湾

イメージ 7

昨年は嫁さんとタンデムで走っていた

同じように気持ちいい朝でした

イメージ 8


朝から釣りを楽しむ家族もいました

イメージ 9


久美浜湾を回り
久美浜カンツリーが見える船着場

イメージ 10


こちらに回ると太陽は既に高い

イメージ 11


小天橋海岸
キャンプは禁止でも朝から浜で遊ぶ家族

イメージ 13


午前5時台に
浮き輪で遊ぶ子供の姿もあった

イメージ 12

朝日をバックにシルエット

イメージ 14

浜も日が昇ると今日は賑わうでしょうね〜

イメージ 15


この朝の様子を動画にまとめました ↓



久美浜湾の定点ポイント

イメージ 17


こちらも久美浜湾 緑が綺麗な季節になりました〜

イメージ 16


久美浜湾に咲くヒマワリ

イメージ 18


正面が小天橋の松林です。

イメージ 19

久美浜の山側から豊岡に戻りました
まだ豊岡方面にはモヤがかかっていました

イメージ 20


同じ場所 久美浜側←グーグルストリート

イメージ 21


午前7時前、50km程走ったら暑くなっていた。
対岸の赤い塔の近くが立野河川観測地、行きに撮った場所です。

イメージ 22

実はこの朝、一旦停止を無視した軽自動車が
本通りに止まらず出てきました。
朝は交通量が少なく車は来ないだろう運転をしています。
ミラーに映る車を見て減速していたので直前で停止しましたが、
普通に走っていたら、廃車になってたことでしょう
大切なバイクを失わなくて良かったですが・・・
皆さまも十分お気を付けください。


日中は用事を済ませ、午後はまたガレージ生活
仕切りをして涼しい場所でメンテナンス作業

イメージ 23

午後5時を回ってから竹野浜まで散策〜
いつもの突堤は侵入禁止

イメージ 24

竹野浜、連休でこの時間も賑わっていました

イメージ 25

海岸道路は日陰山陰

イメージ 26


何かが釣れたようでした〜

イメージ 27

釣りもいいですね〜

イメージ 28

城崎経由で豊岡に戻り夕焼け空

イメージ 29


7月16日(海の日)
連日の猛暑、日中は走る気もなく、
朝からガレージ作業、
ホイールを磨いたりして過ごしました

イメージ 30


このメタルポリッシュを使っています

イメージ 31

僕はバイク部屋、嫁さんは貯まったビデオ鑑賞
娘は海外ドラマ『SUITS/スーツ』、それぞれが好きな事で過ごした日、
ガレージに居た時間が長かった連休でした。

イメージ 32


夜は用事があるので、夕方から少し散策〜
この日は神鍋〜村岡〜矢田川〜香住〜海岸コース

神鍋イチョウ並木

イメージ 33


奥神鍋の田園地帯

イメージ 34

危険水位だった矢田川河川敷

イメージ 35

オフロードは河川敷が楽しい〜

イメージ 36


山陰海岸、佐津近く ←グーグルストリート

イメージ 37

ここ、下を覗くとワニのような岩があります

イメージ 38

また玄武岩の岩盤も綺麗ですよ〜

イメージ 39


切浜では1組の親子が水浴び

イメージ 40

水着も付けず海で遊ぶ姿は、
昔、子供と行った渓谷を思い出した。
海の日に、海の思い出できたかな?

イメージ 41


昨日と同じ場所同じ時間でも
翌日が平日なので賑わいには差、
静かな海岸が戻ってました

イメージ 42


長く伸びそうな夏の夕日を浴びながら戻り、
夜の用事も済ませ、連休も終わってしまった・・・

イメージ 43

暑さを癒す風と共に
振動が心地良く身体を揺らす、
バイクに乗れる些細な幸せが続きますように



この記事に

7月10日(火)
西日本を豪雨が襲い、
各地で被災された方々にお見舞い申し上げます。
こちらも川の水位が氾濫危険水位を超えるなど、
ギリギリの状態が継続しましたが、
幸運にも雨量が減り、平常に戻りました。
ご心配頂きありがとうございました。

イメージ 1


甚大な被害が予想される中、
テレビ放送には、温度差を感じました。
関東主体の民放は、雨が降り続く中、バラエティー番組。

こちら関西は、5日から続く異常な雨でアメダスと睨めっこ・・・

イメージ 2

6日も一日中続き、その異常な雨雲から危険を察知し、
FBで呼び掛けたのが6日の夕方でした。

イメージ 3


こんな時こそ、テレビで雲の様子を映すとか・・・
雨の激しさを映して山や川に近い人に危険を呼び掛けるとか・・
様々に方法はあった筈。

政府は山口県出身の総理大臣をはじめ会席してたとか?
関東と関西で、ここまで意識の違いを感じたことはなかったけど、
今回はSNSを使い自分が関係する知り合いとは
安全確認が行えたことは良かったです。


結果的に雨で200人近い人が命を失ったり、行方不明・・
数十万人の人が水害に遭い、これからが大変そうです。
東北にボランティアで行った時、人の力の無力さを感じたけど、
少しでも復興にお役に立てる行動をしたいと思っております。


先週ブログ更新後、ずっと雨模様
そんな1週間の日記です。

7月5日(木)
朝から大阪出張、車で向かいました。
途中、危険を感じる程の大雨だったので、
新三田から電車に乗ろうと駐車して駅に向かうも・・・
宝塚方面は雨で運転を見合わせていた。
この時からもう西日本は水浸しになりそうでした・・

阪急石橋駅近くの川

イメージ 4

車で中国道池田ICまで行き、阪急石橋駅近くに車を停め
渋滞のない電車に乗り換え天満橋に向かいました。

梅田での楽しみはヨドバシカメラ

イメージ 5


その後、会場の会議室には一番乗りでした

イメージ 6


道路状況も心配だったので終わったら出来るだけ早く帰りました
帰り道駅を降りて同じ川

イメージ 7

大阪もかなり水位が上がっていました

イメージ 8

帰りは危険を感じる程の雨
高速道路も通行止めになる前に帰宅しました。


7月6日(金)
夕方からの雨雲は今までみたことない範囲が赤くなっていました
高速道路はこんな状況

イメージ 21

JR西日本運行状況
動いているのは大阪平野だけ

イメージ 22

中国地方に雨雲が留まり続け

衛星ヒマワリからの画像

イメージ 24

紫色の 特別警報 しかし、遅い対応でした、もう夜です・・
大丈夫かな?不安なのでSNSで連絡したりして無事を確認・・・

イメージ 23


日が変わった7日深夜、
ワールドカップサッカーを観戦後
娘の運転で、円山川の水位を確認に行きました。
数字上水位6メートルは、実際に危険かどうか?
堤防まで行き、越水する水位かどうかの確認でした。

2004年台風23号で、円山川堤防決壊、
消防団として当時の活動はお話しましたが
その時は堤防まで10㎝くらいの水位だったので、
それに比べまだ2メートル程あり安心出来ました。
真っ暗な中なので、画像はありません

7月7日(土)
朝7時頃、再び円山川に水位確認に行きました。
翌日8日と比べた写真を掲載しました

7日朝の状況 ↓

イメージ 9


翌日8日の状況  ↓

イメージ 10


7日朝の状況 ↓

イメージ 11


翌日8日の状況  ↓

イメージ 12


2018年7月7日午前7時頃の状況 ↓

イメージ 13


翌日8日の状況  ↓

イメージ 14


もう2時間豪雨が続いたら、川から溢れていたかも知れません・・
今まで経験したことがない長雨でした。

7月8日(日)
雨は止みましたが、各地被害甚大でした
テレビでは水没する家々、報道も整理されてない状況でした。
こちらは冠水する場所もありましたが
最小限の被害で済んだ但馬地方でした。

午後、被害状況の確認を兼ねて散策〜
田園地帯も水没から回復

イメージ 15


あんなにあった水が引き普通に戻った水田
稲は思いの外、強いです。

円山川の堤防から豊岡市内方面
水位は平常時に戻っていました

イメージ 16

海まで10km程なので、水位が下がるのも早いです

イメージ 25


走りながら被害を確認、
走るのが楽しくて写真は少なめ

次はノーマル号で南側
六方の田園地帯

イメージ 17


コウノトリは、どこに避難してたんでしょうね〜

イメージ 18


コウノトリ米を作る田に居るコウノトリ

イメージ 19

このバイクはやっぱり楽しい〜

イメージ 26


水路に大目に残った水があるので、汚れる場所を避けた散策でした

イメージ 20

指標になっている立野の水位レベル塔

イメージ 27

ズームで、この水位計

イメージ 28

実際の堤防の高さは8メートルより高いことが解ります。
氾濫危険水位は安全を織り込んでありますが、
ここまで来たら大変なことになった記憶が蘇ります・・・

イメージ 29


乗り換えて、山方面
神鍋方面、奈佐からは通行止め、他の山道も通行止め
城崎から海に向かいました〜
泥水はまだ海に流れていました

イメージ 30


少しかすみながらも、丹後半島まで見えました

イメージ 31

円山川からの泥水の帯

イメージ 32

気比の浜 海水浴場

イメージ 34

川からの漂流物で浜は荒れていました
どこも海開きしたばかりなのにまた掃除は大変だったようです。

イメージ 33

玄武洞に運動公園が出来ていた 赤石近く

イメージ 35

未だ工事中のようですが、かなり綺麗な広場です。

イメージ 36

円山大橋から来日岳方面、見える範囲が河川敷、
平常に戻っていました

イメージ 37

手前が堤防、
豊岡市も川の方が街より上を流れる危険な街
左岸が決壊したら大変な状況になることは想像できます・・

イメージ 38


今回の豪雨災害はある程度予想出来たのは雨量だけ、
どこに降るか?の予測は難しく、
被害は個々の判断で大きく左右したように思う。
50年に一度とは表現だけで、
実際には毎年どこかで豪雨が襲う気候に変動したように思う。

特に呉など、海も近く、
雨はすぐ海に流れると思っていましたが、
40cmの水が全体に降ると土も崩れてしまう・・・
紙一重で助かった場所とそうでない場所
自然の力の凄さを感じました。
一刻も早い復興を願っています。


7月9日(月)
先週に続きこの日も
夜は叔母の逮夜で夕日ヶ浦

イメージ 39

人の死が随分身近に感じる歳になりました。
父の兄弟が一人、また一人と減っていく・・
人生悔いなく過ごすことが大切ですね〜

イメージ 40


7月10日(火)
ワールドカップサッカー試合のないタイミングで、
深夜のウィンブルドンテニス男子シングルス
錦織選手、危ない前半を乗り切り、
23年振りのベスト8!!
師匠、松岡修造選手に並び、名実共に歴代最高の選手になった。
何とか次も勝って欲しいですね〜

イメージ 41


近畿も梅雨明け、
夏の訪れを手放しで喜べる状況ではないですが、
先ずは、知り合いの安全が確認出来て良かったです。
こちらも水没する事なく、
バイクで走れる些細な幸せを噛みしめながらの日曜でした〜

出来事とエンジン音を動画にまとめました


このカワサキZ賢者に刺激されて〜笑
面白い企画でした




まだまだこれからも豪雨に襲われる事があるだろう
それでもその危険を察知し、出来るだけ安全な方法を考える
そんな意識を持ち続け、生活する必要を痛感しました。

この度の水害で、突然命を失い、
犠牲になられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。


この記事に

ニューヨーク巡り No3

7月3日(火)
ベスト8を逃した日本ですが、ランク3位のベルギー相手に
世界を驚かす試合内容で終れたことが良かったと思います。
予選リーグの最終戦、サムライブルーの戦いは虚しく感じた。
決して侍の戦いではなく、フェアプレーしたのはセネガルだった。
恥ずべき試合の後だったので、何とか汚名挽回できたかな?
後半30分まで2−0で持ったら勝機はあったけど、
ベルギーの底力が勝った試合でした。
強豪国の姿が消えていく中、ワールドカップを抱く国はどこだ??
時差ボケから続く、寝不足がまだまだ続きそうです〜

ニューヨーク旅行 備忘録その3
日頃の行動で感動を得るには、スポーツ観戦で興奮する他は、
KLGFCミーティングでバイクを観たり走ったり、
行動しないと得る事は少ない。
旅行は、字の如く旅に行くことで、
蓄積した想いを放つ開放感と充実感が得られ、
リフレッシュ出来ました〜

6月17日(日)

前回お話しした憧れの場所 
故ジョン・レノンが暮らしたダコタハウス
建築当時の写真(1890年)

イメージ 1


100年で世界が変わり、
飛行機で一般人が空を飛べるようになった。
おそらくこの頃現在の街並みを予想した人は
誰もいなかっただろう・・・



ダコタハウスは一度家族に見せたかった場所、
使命を果たした後、
娘は、ブロードウェイでアラジンを鑑賞
こちらはメトロポリタン美術館に地下鉄で向かいました

昼食が未だだったので、図書館近くの公園でランチ

イメージ 2



憩いの時間を過ごすニュヨーカーの中、買う食べ物の違いで
Gさんとはぐれるも、はぐれた場所にお互い戻って事無きを得た。

イメージ 3


グランドセントラル駅まで歩くと
クライスラービルが近くになりました

イメージ 50


グランドセントラルステーション
数々の映画で出てくる駅です。

イメージ 4


吹き抜けの空間に、歴史を感じました

イメージ 5


昔好きだった映画 ゴースト(ニューヨークの幻)で
舞台になったsubway地下鉄。

イメージ 6


大阪の地下鉄とも一味違いました〜笑

イメージ 7


歩いてセントラルパークにあるメトロポリタン美術館に到着

イメージ 8

世界各地から多くの観光客で賑わっていました

イメージ 10

旧市街地規制の高さ制限との違いが良く解ります

イメージ 9

この高さが昔許可された高さだったんでしょうね〜
綺麗な街並み

イメージ 11


閉館時間が近かったので足早に鑑賞
ミュージカルを観終わった娘との待ち合わせ場所に向かった。


イメージ 12


再び車で向かった先はワシントン広場公園近くでした。

イメージ 13

夜はジャズライブを楽しむ予定で下調べ。

イメージ 14

ブルーノートはラテン音楽のライブだったのでパスしました

ドアの取っ手
ここでの名演奏は、数々のレコードに刻まれていますね〜

イメージ 15

他のライブハウスも当り、見当つけた後、
時間があるので。綺麗な夕日を観に行きました

イメージ 16

こんな綺麗なスポットで記念撮影〜
夕焼けもいい感じ ポスターのようでした

イメージ 49


そして入場したのは、Zinc Bar
毎晩世界からジャズなどのミュージシャンが演奏
活気あるクリエイティブな場所でした。

イメージ 17


6月18日(月)

この日の朝、娘は先に帰路につきました。
空港まで皆でお見送り〜〜

イメージ 18

この後、アトランティックシティーまで
2時間程のドライブとなりました〜

イメージ 19

海が近く水蒸気で湿度も高かった街

到着したのはシーザーズ ギャンブルシティーです。


イメージ 20


軽く遊んだ程度、お互い増やして戻りました〜

イメージ 21


海はモヤでかすかに見えた程度、
今回観光した唯一のビーチでした

イメージ 22


午後には戻り、ショッピングしてこの日は終了〜
毎日寝るのが午前2時頃だった事もあり少し疲れを取りました

車窓から見えたバイク
他も半袖で乗る人が殆ど・・・
安全意識が薄いのか?身体が強いからいいのか? 笑

イメージ 23


6月19日(火)
この日の朝、夫婦で散歩
Gさんの自宅前で嫁さんに撮影して貰いました

イメージ 24

近くの公園まで

ミドリ豊かな中、気持ちいい朝散歩

イメージ 25


すれ違うと挨拶を交わす人々
生活を楽しむ文化の違いを感じました

イメージ 26


時々出現する小動物

イメージ 27


朝食後、二人でバイクいじり

イメージ 28


ビトーR&Dで揃え、デリバリーしたFCR部品の取り換え作業〜

イメージ 29


この地区は、各家庭のゴミ置き場まで
収集に来てくれます
行き届いた日常のサービスと交わす言葉

イメージ 30


「ナイス、マシーン  

昼食後再びマンハッタンに出掛けました

先ずは、ダコタハウス

イメージ 32

オノ・ヨーコさんの病気が心配されます。

イメージ 31

1980年アルバム「ダブルファンタジー」
名曲 「ウーマン」に出てくるダコタハウス玄関
そして、セントラルパークを散策

アルバムより 「WOMAN」 誰もが知ってるラブソングですね



そしてセントラルパークにあるメモリアル
ストロベリーフィールズ

イメージ 33

ジョンとヨーコが歩いた場所を歩いてみたり
座った椅子を探してみたり・・・

イメージ 35

セントラルパークは素晴らしい公園でした。

イメージ 34


午後4時を回わり、メインイベントのヤンキースタジアムに向かいました。

イメージ 36


実はこの日、イチロー選手が在籍するマリナーズと対戦する初日でした。
3月頃、イチロー選手がマリナーズに選手として復帰した時
Gさんに連絡して、初日のこのチケットを押さえたことが、
この結婚30周年旅行になりました。

イメージ 40


子育て当時、行きたかったシアトルは夢で終わったけど
14年以上の時が流れ、当時やり残した事がこの観戦でした。
イチローが帯同してるので姿を現すかも・・・
またマー君の登板はないけどベンチには居るかな〜?

そんな期待をしながら向かいました

雨で中止は考えられない、快晴となりました。

憧れのスタジアム ヤンキースタジアム

イメージ 37

数年前に建て替えられましたが、懐古ある球場

イメージ 38


ベンチにはマー君の姿もありました〜

イメージ 39

始まる前の雰囲気を楽しみ
夕暮れと共に試合も進み
ホームランなどでヤンキースが快勝〜

イメージ 41


爽やかな風の中、ビールは生ハイネケン

イメージ 42

良き思い出に変りました

イメージ 43

動画に球場の様子をまとめました ↓↓



イメージ 44


6月20日(水)
娘が帰った便と同じ朝8時頃にはニューアーク空港に向かう
最後に見えた摩天楼

イメージ 45


出国時のお土産屋にあった大統領〜
12ドルもしたので写真だけ〜笑

イメージ 46


空港到着後2時間で機内に・・・
飛行ルートは行きより北側のようでした。

イメージ 47


ペンシルベニア州上空辺り
行きも帰りも全て窓側の席でした。

イメージ 48


普段見上げる雲を見下ろしながらの旅
12時間以上は辛いですが得る事が多かった。
そんな良き旅行となりました。
次回は5年後にスイスかな〜
そんな妄想をしております。

さて、現実は、と言うと、様々な変化がありました。
生活上起こる事を細かく書くことは避けますが、
親が歳を取ると、色々なことが起こりますね・・・
いつまでも同じように健康であることは難しい事です。

また、息子は入籍を済ませ、名実共に夫婦となりました。
自分たちも歩んできた道とは言え、
結婚生活を二人で楽しむ様子を先日お相手のご両親と共に
食事してみてきました。
お互いの子が幸せそうな様子に目を細め、両家共納得、
結婚式は、まだ先でお金を貯めてから行うようです。

今日は雨、台風も接近中ですが、暑すぎて空冷では、
慣れるまで時間が掛かりそうです。
そろそろ晴れた朝に朝駆けかな〜

GさんFBで動画公開、バイクが在る生活に戻り良かったです。
お世話になり、ありがとうございました。
健康&バイクが在れば、楽しみは尽きませんね〜




この記事に

ニューヨーク巡り No2

6月27日(水)
ワールドカップサッカー、録り貯めた試合を全てみました〜
アルゼンチンは敗退の危機から・・・
ドイツも最後の1分で望みを繋ぐなど、
白熱した試合が多く、国の威信を賭けた戦いは見応えありますね〜
何が起こるか解らないのもスポーツの醍醐味、
決勝トーナメント進出をかけた戦いが続いています。

月曜日は、神戸に泊まりで出張でした。
カーラジオから「勝手にシンドバット」発売から40年と聴こえてきた。
調べたら1978年6月25日レコードリリースだった。
中学3年の夏、早い日本語で歌う青学出身のバンドがデビュー。
サザンオールスターズは、以来40年活動し、思い出深い曲が多い。

またこの頃は、ビートルズのレコードを擦り減るほどかけていた。
特にジョン・レノンが好きで解散した後の曲もよく聴いていた。
自宅(ダコタハウス)前でジョンが撃たれ、凶弾に倒れたのは1980年の事、
高校2年の冬に突然流れたニュース、38年の時が流れたが
そのダコタハウスや、セントラルパークにも訪れることが出来ました。

イメージ 1


アメリカの旅は備忘録を兼ね、
アメリカ事情、詳細を記録することに致します〜


6月16日(土)

Waterwayは、ニュージャージーからマンハッタンに渡る船、
往復で一人$18(約2000円)です。

イメージ 2


日本と違いビルなどの屋外広告は規制されているので、
街が美しく感じます。

イメージ 3


帰りの船中で、翌日の予定を娘とGさんが話していました
娘は、月曜には帰るので、日曜は娘の希望通りに
案内してくれることになっていました
Gさん、色々とありがとね〜

イメージ 4


ニュージャージー側に戻り、息子さんの音楽発表会に向かいました
快晴〜、空が青く感じるのは湿度がなくカラッとした空気、
カリフォルニアもこんな空だったことを思い出した。
この時期の気候は、快適でした〜

イメージ 5

家に戻ってGさんは軽く着替え、
車で待ってた時、庭にこんな動物が現れました。
野ウサギです、可愛い〜を連発していた娘でした〜

イメージ 6


再び、車で教会に向かいました
車窓は、住宅地、綺麗な家が並んでいました〜

イメージ 7


アメリカでコミュニティは教会が一般的
公民館のように点在し、市民憩いの場となっています
小さな教会でもいい造りでした〜

イメージ 8

日本人が教える音楽教室の生徒達が集まっていました。
小さな子供も発表会〜
となりのトトロなど、アニメソング

イメージ 9

ショーン君はジャズピアノ、
トランペットとコンビでした

イメージ 10

一時間程、観賞し、買い物に向かいました
中規模のスーパーマーケットSTOP&SHOPです

イメージ 11

食材違いに興味あり、
果物も見慣れない物が多くありました

イメージ 12

パンに挟んで食べる、
ウインナーやローストビーフは安かったです。


こちら、リッジウッドの駅前です。
Gさんが住む街、いい環境でした

イメージ 13


家で食事した後、ホームセンターに行き
Gさんのインパクトドライバーを買いに行きました
夜9時でもこの明るさです。
日本もサマータイムを導入したらいいのにね〜
仕事が終わった後、4時間明るいので何でも出来ます。

イメージ 14

ホームセンター内の写真
家が作れる程の品揃えでした

イメージ 15

特に木製キッチンは今も安いです。
昔家具が安いと感じましたが、これも文化の違いですね

イメージ 16

こんな木製のセット
豪華なレイアウトで$6460(70万円程)

イメージ 17

色んなメーカーの中、買ったのはリョービ、日本製でした。

イメージ 18

大型の屋外バーベキューコンロも安かった〜
家に戻り、夜が更けていきました

6月17日(日)
朝食後、僕らは、日本製のカレー作り
お土産に持って行ったカレールー

イメージ 20

嫁さんが、玉ねぎを刻んだ後、娘と散歩に出掛けました
こちらは、その玉ねぎをニンニクオイルで炒め1時間、

イメージ 19

その間、Gさんはドカティのフェンダー外し
それぞれが過ごす、長閑な時間でした。

散歩から戻ってきた後、交代して貰い

イメージ 47

ガレージに様子を見に行きました

イメージ 21

ドカティのフェンダーも外れ、フォークシール交換に進めそうでした


こちら昨年春に買って貰ったGpz1100です。

イメージ 22

仲間と二人で購入し、僕はエンジン回り一式、
もう一人が、他の部品全て分ける予定です。
Gさんが帰国時に、持ち帰って貰うことになっています。
当初はエンジンも掛かったらしいですが・・・
今はバッテリーが上がり不動になっているようです。

さて午後から名所巡りの為、ニューヨークに車で向かいました

先ずは料金所、 E-Z PASSにリンク

イメージ 23


マンハッタンに車で行くには、車一台に付き
毎回15ドル払う必要があります。
無駄に車が増え渋滞を起こさない事、
そのお金で道路管理するなど合理的な考え方です。

イメージ 24

またアメリカの主要道路は東西方向は偶数
南北方向は奇数の国道名が付いてるらしく
解り易くなっています。
確かにルート66は本土を東西に貫いていますからね〜

イメージ 25


並ぶトランプ大統領が所有するビル群
Gさん曰く、昔は倉庫街だったらしいです。

イメージ 26

先ずは街を流すドライブ〜

イメージ 27


イメージ 28


1回目のダコタハウス

イメージ 29

5番街を通り名所を巡り、
ロックフェラー・センター

イメージ 39

クリスマスイルミネーションでも有名なビルですね〜

イメージ 30


味のある建物でした。
アールデコ調の装飾も綺麗

イメージ 31


付近を通るナッツのワゴン
モノクロにしただけで絵になります

イメージ 32


Gさんは何度も来てるので
「俺あっちで車停めて待ってっから〜!」

イメージ 33

その間に観光〜

イメージ 34



イメージ 35

内部も見学しました

イメージ 36

教会は歴史建築物として見応えあります

イメージ 37

その後5番街に戻りトランプタワー

イメージ 38

Gさんと記念写真〜

イメージ 40

隣のビルがティファニーなので、お買い物〜

イメージ 41


娘は3時半からミュージカル鑑賞
アラジンを一人で鑑賞するので、送り届け、

イメージ 42

こちらはメトロポリタン美術館に向かいました。

N.Yの街並みを走りダコタハウスに行くようすを動画にまとめました


メトロポリタン美術館には地下鉄で向かいました
その様子は次回に続く〜〜


6月23日(土)
さて、帰国後の週末を迎え時差ボケの中、
サッカー観戦も楽しいですが、やっぱり乗りたくて
土曜日は1100Rで丹後の海まで散策〜
6月もあと数日で終わりです〜

イメージ 43


葛野浜では海の家の準備が進んでいました

イメージ 44


6月24日(日)
前日は曇りでしたがこの日は快晴〜
気温が上がったので涼しい高原に向かいました
神鍋高原

イメージ 45

村岡に抜け、矢田川沿いから香住、海岸を戻りました

イメージ 46

やっぱりバイクで走る道はワインディングロードがいいですね〜
曲がりくねった道を体重移動で走るのが一番楽しいことを
改めて感じました。

ニューヨークの旅は、次回で終わります
撮った写真3000枚以上なので、選ぶのも大変な作業ですが、
お陰さまで、思い出深い旅になりました。
やっぱり行動しないと楽しみも拡がりませんね〜
次回完結編と致します〜


この記事に

ニューヨーク巡り No1

6月22日(金)
月曜日の朝、発生した大阪市北部の地震に、
各地よりお気遣い頂き、ありがとうございました。
豊岡は、まあまあ揺れた程度(震度4)で、
大きな被害もなく終わりました。
災害に遭われた方々にはお見舞い申し上げます。
ブログの更新が遅れたことと重なり、
ご心配をお掛けしたようで恐縮しております。
当ブログの更新が遅れた理由は、FBではお伝えしていましたが、
先週金曜日からニューヨークに旅行していた事によるものです。

イメージ 1


今年が結婚30周年にあたり家族で記念旅行に出掛けておりました。
昨日木曜日の夜、無事帰宅し、時差ボケの中で更新しています。

大学の時、ホームステイなどで滞在して以来、
アメリカ本土の旅でした。
当時は、西海岸やテキサス州での生活でしたが、
文化の違いに衝撃を受けその内容を友達に話したら、
同じようにアメリカに渡り、気に入り、
そのまま結婚した当時のバイク仲間もいます。
経験しないと解らないことは多々あれど、
若い頃経験したこの滞在は、その後も僕の財産になりました。

その時から35年以上経った、今、
友達のG田さんがニューヨーク近郊に赴任され生活されています。
G田さん親子は、帰国時、我が家に滞在されましたが、
こちらは未だ、訪れたことがなく、
嫁も、娘もアメリカ本土には行ったことがないので、
Gさんのお宅でお世話になり、
東海岸ニューヨーク界隈を案内して貰いました。
そんなニューヨークでのアメリカ体験日記、その1です〜

6月15日(金)
朝4時には起床、伊丹空港到着は6時半でした。
車を駐車場に預け、1週間の旅が始まりました。

イメージ 2


成田経由、成田には9時頃到着しましたが、
アメリカには、夕刻5時発なので、
成田のイオンモールまでバスで移動し出発時間を待ちました
空港に近いので、外国人も多いイオンモールでした

イメージ 3


昔と違い飛行機の搭乗券は、PCでのチェックイン。
各空港で13桁の国際チケットナンバーを登録すると発券されるんですね〜
事前にチケットを持ち歩くことなく、数字とパスポートだけで管理、
娘の方が経験があり、成田空港のことも良く知っていました。

定刻通り離陸し、数時間後にはこんな景色でした
雲に沈む太陽

イメージ 4

刻々と変わる景色

イメージ 5

画面に様々なフライト情報が掲示され、楽しんで見ていました

イメージ 6


時速1121km 秒速311メートルになりますよ〜!
それでも12時間掛かる1万1千キロ

イメージ 7

羽根の上を流れる空気が霧状に見え、飛行機雲を形成する時もありました

アラスカ近くで見えた景色

イメージ 8


窓の外を覗くのは僕だけ、他の窓は閉じられていました・・・
こんな景色が見えるのに、勿体ないですよね〜

様々な雲が重なって見えたり

イメージ 9

雪山が地球のしわに見えたり

イメージ 10


行きは長く感じました、こんなルートで飛びました

イメージ 11

アメリカニュージャージー州 ニューアーク空港近くの住宅地
ニュージャージー(NJ)はガーデン州と車のナンバーに書いてありましたが

まさに、森の中にある住宅地
素晴らしい環境でした

イメージ 12


空港から見えたマンハッタン

イメージ 13


ニューアーク空港着、同じ日の夕方5時頃に戻りました
13時間の時差があります。

イメージ 14


空港にはGさんが迎えに来てくれていました
早速、自宅に向かいました

到着して直ぐ、家族での記念写真〜
KLGFCの関東&中部ミーティングで会った仲間もいますよね〜
息子さん、うちの娘&嫁さんです。
Gさんの奥さんは仕事の事情でポートランドで暮らしています。

イメージ 15


二人でツーショット〜

イメージ 16


ご自宅は映画に出てくるような豪邸です。
地下室には洗濯機がある、アメリカ独特のあの作り
地下室のドア前には悪魔よけの物入れがありました〜笑

イメージ 17


夕食はアメリカ式のディナーをご馳走になり
夜景の綺麗な場所に連れて行って貰いました

イメージ 18


父の日になる週末なので
エンパイヤステートビルがライムグリーンに輝いていました

イメージ 19


初ニューヨークの夜景〜
Gさんが最初赴任した90年頃とは、
あのテロで風景も変わったようです。
LEDで、もっと煌びやかになっただろうなぁ〜
COOLに感じた夜景でした〜

6月16日(土・現地)

森の中にあるような住宅地
これは西も東も、数十年前から変わらないアメリカの風景です
家の前には、こんな樹があり、リスがおりてきた朝でした

イメージ 20

上のリスをアップにしたら

イメージ 21

これも西海岸も東海岸も変わらない、自然豊かな住宅地


この日は、自由の女神、クルーズ
船でマンハッタンに渡り、クルーズ船に乗り換えて見学〜
G田さんが、チケット予約もしてくれています

イメージ 22

昨夜の夜景(一番上)と同じ場所からの眺めですが、
全く違うように見えますね〜

イメージ 23

夢のような景色だと、ご満悦な二人でした〜

イメージ 24

世界から来る観光客、様々な言語が飛び交っていました〜

イメージ 25

マンハッタンに初上陸し、クルーズ船に乗り換えです〜

イメージ 26

ライムグリーンが目につきます、速そうなボート
奥の黄色は、タクシー船です。

イメージ 27


ニューヨーク(マンハッタン島)は岩盤なので高層ビル建築に向いています
こちら対岸のニュージャージー側の岩盤です

イメージ 28

ヨットや船も多く行き交っていました〜

イメージ 29


イメージ 30


こちら上陸はしていませんが、多くの人が見えました〜

イメージ 31

戻って、次はブルックリン橋にむかいました
先ずは、タクシーに乗り換え

イメージ 32


こんな仕切り、映画も同じですね〜

イメージ 33

ベンツもこんな状態で気にしないのがアメリカ流?
ウインカー付かないと違反のハズですが、
金が無くて直せないと言う理由で問題ないらしい・・・

イメージ 34

ブリックリン橋には、シティーバイク(自転車)で向かうことにしました
12ドルで24時間乗り放題
決まったエリアに置いてあり、アプリで何台あるかもわかります

イメージ 35

クレジットカードを入れたら5桁の数字がプリントアウトされ
その数字を自転車の前輪付近にあるキーを打てば解除される仕組み

イメージ 36

欲しい台数、同じ番号で解除、いいシステムですね〜

また車より優先??と思える程、自転車レーンが充実しています
ほぼ道路の真ん中が走れるのも魅力です。
日本では高齢者にはねられそうで怖いですが〜

イメージ 37




イメージ 38

嫁さんは緊張して景色も見れなかったらしいです〜

歩く人も自転車も多かったです
晴天に恵まれ、いい経験になりました〜

イメージ 39

石造りで趣ある橋でした

イメージ 40



よく映画で見かける橋ですよね〜

イメージ 41


後ろを走るGさんを撮りました〜

イメージ 42


次は、息子さんの音楽発表会
自宅近くであるとの事で一旦戻り、
4時半からの発表会に間に合うように帰りました
帰り道に見かけた観光バス、多く走っていました〜

イメージ 43


この続きは後日アップ致します。

地震があったことを心配してくれた仲間から
電話を多数頂き、留守電に知らない番号が多く入っていました m(__)m
帰国後にも、電話頂き、ありがとうございました。

イメージ 44

地震があったと聞き、Wi-Fi環境のあるGさんの自宅から
防犯カメラをチェックした時のスクリーンショットです。

1万円弱の防犯カメラですが、首振りも出来たり
動きを感知して録画したりと、便利なグッズで安心が買えました。
こんなカメラなので参考にリンクを貼っておきます
  ガレージのはこれです→  防犯カメラ

地震は突然前触れもなく襲ってくることは解っていても、
対策となると大変ですね・・・・
今回の地震、我が家では、息子が一番忙しかったようです。
災害に遭われた方の一日も早い復旧を願っています。

貯まったサッカー観戦に夢中になり、
忘れないように、ニューヨークの旅 2もまたアップします〜



※尚、画像の解像度は1280なので大きくして
ご覧頂けます。写真もご自由にお使いください〜

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事