ここから本文です
エバービギナー国内空港
未消化の遠征レポ、溜まりまくりです orz

書庫全体表示

今回は再びイヤホンのレビューであります。

第1回のレビュー機種・EP−630について「この価格帯ではイチオシのイヤホン」と書きました。
これに関しては、今でもそう思っております。バランスが良い・これといった弱点が無い、というのがポイント。

だがしかし。このEP−630とは、別のベクトルで「この価格帯ではイチオシ」なイヤホンがあるのです;

何か、我ながら卑怯な感も否めませんが……とはいえ、前述の通り“方向性が異なる”機種なのです。
タイトルをご覧頂ければ分かるでしょう。 弱点、多いんですww
しかし、そうした弱点を大きく上回る魅力がある機種なんですよね。

フィリップス社のカナル型イヤホン・SHE9700です。
自分はAmazonさんで、2980円にて購入。(販売ページはこちら

イメージ 1

実はこの機種、現時点に於いては…
多くの方が購入の際に参考にされるであろうAmazonさんと価格.comさんで、圧倒的な人気を誇っています。
共に、ヘッドホン部門で1位に君臨w Amazonさんではエレクトロニクス総合でもトップ10入りww

一方のEP−630は、といえば。
SHE9700が注目される前は高頻度で1位・少なくともトップ3の座についていたのですが…
今はAmazonさんならまだ4位と健闘しているものの、価格.comさんだと42位と大きく後退;

その上、Amazonさんでの在庫状況にも大きな差が。
EPはここ最近、常に「在庫あり」なのに……SHEは「1〜3か月以内に発送」って長っ!;
要するに、品切れ状態。価格.comさんでも同様で、登録している店舗で在庫のある店は無し。
この様に、人気面では大きく差をつけられているんですよね…

おっと、例によって前置き長過ぎですね; 本題に入りましょう。

イメージ 2

パッケージ。ん〜……これは個人的な好みの範疇でせうが、微妙っつーか安っぽいっつーか;
EPに比べて、よりクドイ感が。まぁ理由は単純、英・日・韓の3ヶ国語で書かれているからw

イメージ 3

裏側はもっと微妙……この写真だと分かりづらいでしょうが。

イメージ 4

左側にミシン目が走ってますよね。はい、一旦開けたら元の状態には戻せませんww
まぁ最近のパッケージは、低価格帯を中心にこういうモノが多いんですけどね;

更に、説明文も何だか違和感の拭えないものばかり…
“HD サウンド”、略し過ぎ・てか意味分かんないしww
(High definition sound =高品位な音、ってコトなんですが)
“角度付きアコースティックパイプ設計”って長いなオイ!www
何ていうか、無理やりな直訳って感じですなぁ;

真ん中の“深みのある低音をもたらすターボバス孔”は違和感ないですけども…
(この部分、是非とも覚えておいてください。後々、重要な要素として出てきます)

イメージ 5

更に、この様な小冊子(?)も付いているのですが。

イメージ 6

イメージ 7

嗚呼もう気持ちの悪い文体! どうせ日本語載せるのなら、もうちょっといい感じに訳して欲しいものです;
それに。「完璧に密閉されたイヤホン」 これは、正直ウソだと思うのですが…

イメージ 8

付属品。収納ポーチ・延長コード・イヤーチップ3種類が付いてきます。
中でも、しっかりとした作りのポーチがあるのは嬉しいところ。これだけでC/P評価アップw

ちなみにスペックでは「コード長=1.2m」となってますが……実際のところは60cmだったりして;
延長コードを付けて、やっと1.2mとなります。ちなみに左右の長さが異なるu字型です。


さて、ようやく音質のレビューです(ちっとも本題に入ってねぇじゃん!;)

【音質の特徴】

・低域は量感たっぷり、締まりはあまり無く迫力・音圧といった面では今一つ。
 反面、中・高域に干渉しない「縁の下の力持ち」として実にいい仕事をしてくれる。

・中域は少しだけ引っ込んでいるが、埋もれること無くしっかり聴こえる。
 特に癖も無く自然で良いが、ボーカルが僅かに控えめになるのは惜しいところ。

・高域は量は十分、ハイエンドの伸びは今一つだがその手前の音域はしっかり出る。
 ソースによってはややキツさも出るが、基本的には線が細く鮮やかな音。

・この価格帯のカナル型イヤホンとしては珍しく、実に抜けのいい音を聴かせてくれる。
 閉塞感が少なく、従来の非カナル型=開放型インナーイヤホンに近い印象。

・音場感、分解能ともに価格の割にはかなり良い。

といった感じで……正直、音質だけを比べるならばEP−630よりかなり魅力的なのです。
絶対的な性能では大きな差は無いのですが、とにかく「抜けの良さ」の違いが大きいです。
SHEのあとにEPを聴くと、やはり何か窮屈に感じるし篭りも気になってしまいます。

特に、カナル型に慣れていない・初めての人なら余計に差を感じるかも。
遮音性・音漏れの少なさには驚く反面、篭りや閉塞感などの違和感も強いのではないかと。
その点、SHEなら大きな違和感も無いのではないかと思うわけです。

更に。EPのレビューで「クラシックとの相性は悪い」と書きましたが。
まぁこれはEPに限らず、低価格カナル全般に言えるコトだったりします。
が、しかし。このSHEなら、結構まともに聴けるのです。これは中々凄いことだと思ってます。

というワケで。“音質面に於いてはEPよりかなり魅力的”と書いたわけですが。それならば…
「音質が一番大事なんだから、SHEがイチオシEPは次点でいいんじゃね?」と思われるかも、ですが。
しかし、ここでタイトル・冒頭にあった「弱点」が係わってくるわけで…

【その他】

・コードの質は価格なり。やや癖が付きやすく、タッチノイズも割りと多めで気になる。

・音量は問題なく取れる。現行iPod nanoなら最大音量の6〜6.5割でOK。

・装着感は今一つ。イヤーチップが柔らか過ぎてしっかりホールドされず、ずれやすい。

・遮音性は、同価格帯の国産カナルとほぼ同レベル。EPより一歩劣る。

・音漏れはやや多め、EPより二・三歩劣る。背面に音抜けのダクトが開いているのが影響。

そうなんです。音質以外の面ではEPの方が勝るのです。

特に問題なのが、音漏れの多さ。まぁ、通常時の電車・バスでは普通に使えるとは思うのですが…
すし詰め状態・すぐ隣に他人が座っている時の電車・バスや、図書館での使用はやや厳しいのではないかと;

ここで、前述の“深みのある低音をもたらすターボバス孔”を思い出してください。
これこそが、音漏れする一番の原因である「音抜けのダクト」の事なんですよね;
そして「完璧に密閉されたイヤホン」がウソだ、というのもこの事なわけでして…

ただまぁ、そのお陰で「低域がかなり量が多いにも係わらず、抜けが良く中・高域に干渉しない」わけで。
それに、音抜けのダクトが開いてる機種は他にも全然あります。同価格帯なら開いてないモノの方が珍しい。
寧ろ、ダクトが開いてるのに篭りや閉塞感を強く感じる機種も結構あるので…
その意味で、SHEの評価を下げるには至らないわけですが。
(反面、それが見当たらず音漏れが少ないEP・CX300・Sumajinもやはり凄いと思います)

あと、装着感。イヤーチップが柔らかく腰が無いせいで、かなりずれやすいです。
正直、歩行中の使用は厳しいかも。実際自分も、歩行中何度も位置を直す羽目に;
他社製のチップを付ければ、幾分改善はされます。でも、手持ちの余りが無い場合は買い足す必要が;
その上、音のバランスはやはり純正チップが一番良い様に思えるので……この辺は実に悩ましいところ。

以下、評点。

<音質全般> ○○○△

<遮音性>   ○○○△

<音漏れ>   ○○○△

<音域のバランス>

高音域 ○○○○△

中高域 ○○○○●

中音域 ○○○○△

中低域 ○○○○●

低音域 ○○○○○

<個人的お薦め度> ○○○○●

やはり、この価格帯では音質なら一番ではないかと思われます。
弱点こそ多いものの、同様の弱点を持つ機種も全然あるワケで。
まぁでも、「音漏れ」「装着感」この2つは惜しい。あと、入手しづらいのも痛いっすね;
2つの弱点の内どちらか1つが無く・且つ入手しやすかったなら、お薦め度も満点だったのですが…

EP−630とどちらがお薦め?

・些細なことは気にせず音質一点突破!(あ、ポーチも欲しいw)ならばSHE9700

・音質だけではなく遮音性や音漏れや装着感も、と総合面を重視するならEP−630

または、

・ジャンル問わず色々聴く、時にはオーケストラも楽しみたいならSHE9700

・ロックやポップス(特に打ち込み系)で迫力を重視したいならばEP−630

といったところでしょうか。



※記事とは無関係の、宣伝目的のコメントやトラバはお止め下さい。

  即、削除させて頂きます。ご了承下さい。


  • 顔アイコン

    とても参考になりました。
    ありがとう御座います。

    [ こだお ]

    2009/9/26(土) 午後 9:16

  • コメント有難う御座います。お役に立てて何よりです。
    最近はこのイヤホンコーナーほったらかしで申し訳;

    z504east

    2009/9/27(日) 午前 2:27

  • 顔アイコン

    参考になりました。
    SHE9700ロングセラー商品ですね。
    比較対象が100円イヤホンしかありませんが、
    大変良い音で満足しています。

    [ - ]

    2017/11/13(月) 午後 2:09

  • コメント有難う御座います。 お役に立てて何よりです。
    気が付けばもう、9年も前の記事なんですけどもね;
    最近の事情には疎いのですが、SHE9700は根強い人気ですね…
    この記事も相変わらずアクセス数トップだったりしますw

    z504east

    2017/11/14(火) 午後 0:20

  • 顔アイコン

    すいませんマイクってありますか?

    [ soramame ]

    2018/3/3(土) 午後 3:02

  • ご自身でお調べ下さい。

    z504east

    2018/3/4(日) 午前 0:22

開くトラックバック(2)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事