全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

今晩のTV放映が控えていますが、既に報道されていますし、コメントを。

真央ちゃん、お疲れさま。
天国のママのために3A見せたかったのかな。
きっととてつもない喪失感の中、真央ちゃんとスケートとを繋ぐ生命線が3Aなんでしょうね。
現地入り後の練習でことごとく決まらないという状況の中、勝つためには、回避するのが常識。
でも飛ぼうとした。

彼女の気持ちは、誰にも慮る事は出来ません。
マスコミの報道は『出来もしない技で自滅』という方向かもしれませんが、今の真央ちゃんが求めているものはオリンピックの金メダルだけ。そのためにはどんな結果も厭わないという覚悟だったのかもしれませんが・・・

でも、そうは見えないのです。
3Aのこだわりと、勝ちへのこだわり。今回も両方を求めて自滅したようにしか見えないのです。
もうソチまで2シーズンとなりました。今シーズンは世界選手権の表彰台に返り咲いておかねばならなかった。またも、ジャッジやISUに『浅田真央は並の選手』という印象を残してしまいました。

そんなことよりも、真央ちゃんが『競技を続ける意味』を見いだせないくらい疲弊してしまっているように映るのです。スケートが楽しいと心から思えないような状況になっているのではないかと。

いつからか、真央ちゃんの憂いを含んだ笑顔ばかりが印象に残るようになりました。
彼女が心から、スケートが楽しいと思える日がどうかどうか、いつの日か戻ってきますように。

あっこちゃん、銅メダルおめでとうございます。
昨シーズン、オリンピック後の燃え尽き症候群のように、精彩を欠いてしまって世界選手権の代表に漏れてから一生懸命練習したのでしょうね。
もちろん、滑走順も多少は味方したかもしれませんが、出来る限りの演技をしての表彰台。
27歳でのメダル獲得は立派です。
あと2シーズン、頑張るのでしょうかね。

かなこちゃんは最終組の緊張感に飲まれてしまったのでしょうかね。2位折り返しで期待も大きかっただけに、悔しいでしょうが、来シーズンに繋げて欲しいです。

ようやく、コストナーが世界女王になりました。
元々は、スケーティングとステップに定評があり、スピード感のあるジャンプが安定すればオリンピックの金メダル候補と言われながらもなかなか結果が出ず、苦しかったと思います。
足の怪我もあり、全盛期のジャンプ構成は飛べない中出来る限りの演技で今シーズンは勝ち続けていました。彼女は本当に心の優しい選手ですから、ようやく報われて良かったと思います。 

開く コメント(0)

開く トラックバック(1)

9月10日の劇場公開からわずか1週間で、早くも第二弾の制作決定とは!
めでたいですね。

7日間の興行収入3億8千万。
アフタースクールの総興行収入が確か4億でしたからね。
やっぱりメジャーの映画会社ですと、桁が違いますね。

公開初日の舞台挨拶に行った感想もまだ書けていませんが、今回の映画のメディア、雑誌の露出が本当に半端無くて、追いかけるのが大変・・・嬉しい悲鳴です。

開く コメント(2)

ご無沙汰でしたー。

震災以来、公私ともに何かと慌ただしくて。

正直、前みたいに 演劇とかコンサートとか心の底から楽しめるかどうかが凄く不安でした。

2011年に入ってから、なっちの活動の現場に全く行けていなくって。

でもそれを残念とか、思う余裕の無い状況でもありまして。

本当に久方ぶりの現場は、舞台『嵐が丘』。

奇しくも 売れっ子声優の平野綾ちゃんとダブルキャストということもあって、新鮮な現場になりました。

マチネはなっち、ソワレは綾ちゃん。

二人のキャサリンは個性的でしたよ。

ヒロイン役、といっても 実質舞台の出来を左右する程の出番と台詞の多さ。

どちらにもいい味があって、楽しめました。

マチネのなっちはパーフェクト。

全く危なげない存在感ある演技でした。

従来の舞台では、歌と演技とで力の入り方が微妙に違って見えてしまう所や、喜怒哀楽が一本調子に見えてしまう所もありましたが、今回はいい意味で肩の力が抜けた演技でした。
お転婆少女と若奥様との演じ分けも見事。

歌の声量も、他の役者さんに比べて負けてしまうかな?という心配は無し。
一員としてしっかり溶け込んでました。

ソワレの綾ちゃん。
初ミュージカルとは思えない程、しっかり演技してましたね。歌も上手い。練習熱心なんでしょう。
声量にも問題無し。 ただ、気になったのが感情を込めすぎて歌の音程が狂ってしまった場面と、喜怒哀楽が一本調子に聞こえてしまう事、声優さんということもあり、ハルヒやくるみちゃんがちらついてしまうこと・・・。
まぁ、こればかりは経験の問題なので、どんどん舞台経験を積めばもっともっと上手くなると思います。

主人公の河村隆一さん、存在感ありましたね。
ただ、歌のパートがどうしてもRYUICHIが抜け切れてない感じがします。歌の癖が耳についてしまって。

個人的な収穫はエドガー役の山崎育三郎君。いやー、彼は凄い。
空気を全部持って行ってしまうくらい。時々は主役食いしてしまう程。


さて、ここからは物語の感想(ネタバレなので改行しますね)















フライヤーやHP、パンフレットに書かれているあらすじと、本編での脚本に齟齬が見られる点が非常に気になりました。
一番気になったのが、1幕の最後にキャサリンと家政婦との話を物陰で聞いていたヒースクリフがその場を立ち去るシーンから、身なりもすっかり変わり、財を築いて戻ってくるくだりまでの設定。
あらすじ上では、立ち去った時点で既にキャサリンへの愛が憎しみに変わっているかのような記述なのに対して、本編では戻ってきた時点ではまだキャサリンが自分を愛してくれている事を信じているかのような演技でした。
また、キャサリンの兄がどのように落ちぶれていったかの描写が無く、妹の結婚を祝っていたかと思った次の瞬間には既に博打に溺れ、一文無し・・・
おそらく、内容が膨大なので、正味二時間に収めるのには苦労されたのでしょうが、展開が早過ぎて、登場人物の描写が甘い、といいますか、感情移入出来るキャラクターを見つけられないまま、舞台の世界にも浸りきれないまま 気がつけば終幕、といった印象でした。

うーん、土曜日なのに満席にならない観客動員も心配ですし、この脚本ですとなかなかリピーター率も少ないのでは?という懸念がありますね。

明日はなっちのアフタートークショーなので、満席でありますように。

開く コメント(0)

まずは 美姫ちゃん、4年振りの優勝おめでとうございます。
4年前の優勝は、真央ちゃん、ヨナちゃんがミスをした中手堅い演技で金メダルが転がって来た・・・といった感じでしたでしょうが、今回は文句無しの優勝。
シーズン序盤から、しっかりと目標を見据え、確実に演技を仕上げていっての勝利でした。
貴方の演技は素晴らしい。クワドも3-3コンビネーションを入れなくても、完成度の高いよどみないプログラムにしましたね。

去年の世界選手権の後、私が表彰台に乗るべきだったとコメントをした コストナー、美姫ちゃんの2人とも台に乗ってくれたのは嬉しいです。

真央ちゃんは、本当に苦しいシーズンでしたね。
バンクーバーでの銀メダルの結果を受け、ソチに向けての4年間のためにジャンプ改造に取り組み始めたのですが、正直ジャンプ改造と試合への出場とを両立出来る体制だったのかは私にとっては疑問でした。
タラソワコーチは、ソチオリンピックのロシアチーム強化コーチという立場上、もう真央ちゃんのコーチングの継続は不可能。名古屋拠点を離れるという選択肢が無い中、佐藤コーチに引き受けてもらう事が決定するまでの数ヶ月間、長久保コーチにジャンプを見てもらうも長久保コーチの教育方針では2年計画でのジャンプ修正・・・すなわち長久保コーチとしては、2010-2011シーズンは結果が出なくて当たり前というつもりでいた訳です。
佐藤コーチが就任後のN杯やフランス杯では正直競技会に出場出来るレベルではありませんでした。普通の選手であれば欠場しても仕方ない、と思われる中、真央ちゃんは出場し続けます。
前年の世界女王が無様な試合を繰り広げる事を、国際スケート連盟や日本スケート連盟は望んだのでしょうか・・・?
2連覇を目標にしていたのなら、誤った戦略だったのではないかと私は思います。
ジャンプがまともに飛べない以上、プログラムがどういう評価をされるのかを正確に確認出来るはずも無いのですから。
結局、国際大会として正当に評価されたのは4大陸選手権のみ。
世界選手権が延期となる中、モチベーションを再びあげるのに苦労したのではないか、2連覇という見えないプレッシャーに、押しつぶされてしまったのではないかと思います。
あんなにやせ細った真央ちゃんを見たくはなかった。
トリプルアクセルを飛びたい気持ちは分かりますが、プログラムを滑り切るスタミナも無い中で大技に拘ったのが結果的に裏目に出てしまいました・・・。

真央ちゃんを取り巻く環境(沢山のスポンサー)から、シーズンを休む、という選択肢を選ぶのは容易ではない事は分かっています。でも、本当にソチオリンピックを見据えるのならば、
・ジャンプ修正に真剣に取り組み、1シーズンを休む勢いで修正を完了させる
・今の真央ちゃんのジャンプの状態をキープし、勝てる戦略を立てる
・真央ちゃんがソチオリンピックで滑りたい最終形を見据え複数年でプログラムを練り上げる
これらのどれかを念頭に置き、進む必要があるのではないでしょうか。
今シーズンは、ジャンプ修正と勝利との両方に拘り、結局どちらも手のひらからこぼれ落ちてしまいました。今シーズンは勝つ必要の無いシーズンである事は事実ですが、『1年でこれほどまでに劣化した』
ことを見せてしまうシーズンでは無かったはずです。
勝てる実力ではないのに、試合に出続けることは、真央ちゃんにとって大きな屈辱であり、精神的にも苦しい事だったでしょう。彼女はまだ気がついていないかもしれませんが、正直『スケートが嫌いになっている』心境かもしれません・・・

思えば美姫ちゃんも、20歳のシーズンは世界女王の次のシーズンで、悩み、苦しみ、結局世界選手権棄権、国際大会の勝ち星無しに終りました。真央ちゃんの今シーズンと被りますね。

でも、3年後の今シーズン、GPFを除く全ての試合で勝利し、国際大会の勝ち星もほぼ真央ちゃんに並びました。真央ちゃんの3年後はソチ。真央ちゃんも、美姫ちゃんのように悩み苦しんだ先に喜びを見いだす事は出来るのでしょうか・・・?そうなると、信じています。

そのためには、佐藤コーチに全幅の信頼を置いて欲しい。
http://www.jiji.com/jc/c?g=spo&k=2011043000380
佐藤コーチは、他のコーチから移ってきた生徒は最初のシーズンは見守り、翌シーズンから本格的なコーチングを行う事で定評があります。中野由加里選手も、2シーズン目に(トリノシーズン)花開いた訳です。楽しみです。


アモディオ君が、『モロゾフはもう海外選手をコーチングしないと言っているから、新しいコーチを捜さなければ』と言っていたそうです。美姫ちゃんが2011-2012シーズンを休養にあてる、としているのはこの影響があるのでしょうかね?

開く コメント(4)

http://www.isu.org/vsite/vcontent/content/transnews/0,10869,4844-128590-19728-18885-312813-3787-4771-layout160-129898-news-item,00.html

http://www.worlds2011.jp/

国際スケート連盟から、正式に延期の発表がなされました。

現時点では、日本政府から、東京エリアが正常に戻った事を確実に確認出来ない限り、世界フィギュアも、国別対抗選も 開催する事は出来ない、という見解のようですね。

やはり,福島原発の爆発報道に端を発して、各国政府やスケート連盟の対応を重く見ているのだと思われます。

この大会に向けて調整を続けて来た選手の皆さんには本当に残念でたまらないとは思うのですが、如何せん
安全第一なのでね・・・万が一競技中に地震が起こって観客を含めて大パニックになってしまうのも怖いですし、精神的に良くないでしょうし。

被災地の復興も1日も早く望まれる中、計画停電の大混乱と、大規模エリアの断水の中、大量の水と電力を消費してリンクを作る、というのも被災者の神経を逆撫でしかねない訳ですし。
(私の自宅も断水状態からまだ回復していませんし、正直複雑です。計画停電も、なぜ東京都は無傷で、
被災地の鹿島や鉾田で行われるのか 全く理解出来ません・・・。)

平和な日々が戻って欲しいです・・・。

開く コメント(7)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事