全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
初めての北海道ツアーを心から楽しみにしていたファンの皆さんにとっては本当に残念でしょうが、
この大災害の最中に中止を決定した事務所の方々の英断を評価したいと思います。

突然の計画停電により、首都圏の交通網は大混乱をきたしています。
東京都内の路線に集約させ、運行したはずなのに、あの大行列。
空港までのアクセスの問題もありますし、福島原発の状況も不透明な中で、北に飛ぶ飛行機に乗れるのか
という懸念もあるでしょう・・・。

なにより、参加者の中には今回の地震の被災者も絶対にいるはず・・・。
参加予定者の安否確認も行えるのかが不透明な状況で、実施はほぼ不可能でしょう。

私は同じく延期(中止か国外での開催も噂されていますが)が決定された世界フィギュアスケート選手権大会を観覧するため、今回のツアーに申し込む事は出来ませんでしたが、安全が確認出来、安定した電力供給調達が確認されてから、もし機会があれば是非参加したいですね。とはいえ、なっちの今年のスケジュールを確認する限り、今年中に再設定するのは非常に難しいとは思いますが・・・。

私は元気です

11日の震災で、職場が壊滅的な被害を受けました。

現在、自宅待機の状態です。

自宅は昨日まで停電・断水が続いていました。
停電は回復しましたが、断水は未だ回復していません。

でも、生きてます。

正直、今回の震災の影響は、これから徐々に出てくると思います。

物理的な被害を受けていない人であっても、おそらく物流面などで不便を強いられる事になると思います。

でも、生きていれば立ち直れます。間違いなく、復活できます。

前を向いて、立ち上がりましょう。

こういう時こそ、人の温かさが身に染みます。

いやー、見ていて興奮の連続でした・・・。
四大陸選手権。

美姫ちゃんは、全日本チャンピオンの称号を引っさげて、四大陸女王の称号をもぎ取るための本大会。
真央ちゃんは、今シーズンの国際大会惨敗の印象を払拭するための本大会。
2人とも、目的は達成出来たのではないでしょうか。

グランプリファイナルにて、変更したショートプログラムでジャンプを転倒、ノーミスのフリースケーティングを滑り切るも、意外と点数が伸びず、追い上げ空しく表彰台から落ちてしまった美姫ちゃん。
しかし、今回はショートプログラムは情感たっぷりの、真骨頂と言っても良い出来映えでしたね。
その勢いもそのままに、フリーもノーミスで滑り切った。今シーズンのフリーの安定感は流石です。
初優勝、そして4人目の200点越え、おめでとうございます。

真央ちゃんは、ショートプログラムのミスが悔やまれますね。正直、トリプルアクセルはダウングレードを、トリプルフリップはアンダーローテーションを取られること、50点台も覚悟していたので、美姫ちゃんと3点差は意外でした。
対して、フリーの出来映えは本当に素晴らしかった。久々の大幅加点を貰えるトリプルアクセル。アンダーローテーション判定もありましたが、シニア初の6種類の3回転構成を見せつけてくれました。
変更した振り付けは本当に華麗で伸び伸びしていて、真央ちゃんがどれだけこのプログラムを愛して滑っているのかが伝わる良い演技でした。真央ちゃん自身は連覇を狙っていたでしょうから、悔しさもあるでしょうが、それよりも、今回はフリープログラムを素晴らしい出来で滑り切れた喜びの方が上回っている事でしょうね。
そして、シーズン前半の惨憺たる結果も、今回の試合のPCSは、世界トップレベルとしての数値を出してもらえました。これで世界選手権も思い切って臨めることでしょう。
そして、自身最高のフリースケーティングスコア(2007世界選手権)に迫る132.89点も立派です。

さて、世界選手権。
ようやく、日本の美姫真央2強を世界にアピール出来る状態になりました。
4年前の東京大会では、常に1番手報道は真央ちゃん。美姫ちゃんは、表彰台を意識することなく、またマスコミの五月蝿い声もそれほど受ける事無く集中して演技をし、金メダルを勝ち取りました。
真央ちゃんは、初出場でショートプログラムの失敗により、フリープログラムで巻き返すも、銀メダル。

今回は、ディフェンディングチャンピオンの真央ちゃんと同等以上の扱いで、今シーズン最高スコア保持者の美姫ちゃんにも金メダルの期待がかかります。
日本の2強に、海外の有力選手がどう勝負してくるのか。
非常に楽しみです。

数ヶ月振りのブログです。何だか日々の慌ただしさに追われております・・・

巷では、OGメンバーで結成された『ドリームモーニング娘。』のニュースで盛り上がってましたね。
ツアー直前に2枚組アルバムですか。といっても、新録は1枚分(書き下ろしは2曲)なんですね。

古き良き時代の娘。本体(と書くと、皆それぞれどの時期なのか、きっとまちまちでしょうが)をこよなく愛していた皆さんには待ち遠しいお知らせなのかな?
・・・御免なさい、私はなっちが娘。時代からずっと彼女がソロ活動をするのを心待ちにしていたファンだけに、今回のニュースはそれほど嬉しくないんです。

去年の11月の1期イベントでのサプライズなお知らせは、凄く興奮しましたよ。
でも、それは今年の上半期にドリ娘。ツアーをやって、下半期はまたなっちのソロツアーに行けるものだと思っていたからです。
それが、蓋を開けてみたらドリ娘。春ツアーには北海道公演が無い。ということは、秋のツアーもドリ娘。としてのものですよね。

2月に大阪で舞台、3月後半にFC北海道ツアー、4月〜5月にドリ娘。春ツアー、7月から9月中旬まではミュージカル2本、おそらく10月〜11月にドリ娘。秋ツアー・・・

こんなにスケジュールをきつきつにする理由って何でしょね?
そして、巷の企業は年度末、という時期にFCツアー。いやーたまげました。いくら北海道ツアーと言われても、行けません。

そうそう、ドリムス。1 ですけど、新録する楽曲を見ましたが、ほぼなっち卒業後の楽曲ですよね。
どうしてもひっかかるのが、楽曲制作をしているつんく♂さんは、『この楽曲には安倍の声は無い』ことを前提に制作したはずの曲を歌うって、どないなの?

今の娘。メンバーのことを思ったら、こんな事って失礼じゃ無いんですかね?

愛ちゃんが9月のツアーで卒業するらしいですが、ドリ娘。秋ツアーに参加するのが前提なのでしょうか?前提であれば、ドリムス。1を出す意味が益々分からないわけで・・・。

開く トラックバック(1)

エグゼクティブ会員向けには、情報が出ているようですね。

参加するOGメンバーは、引退or他の事務所に移籍済みorテレ東アナウンサーになるコンコンを除く11名だそうで、予想以上に多い印象。
個人的にはセカモの楽曲を、きっちりハモリで聴きたいところなので、特に小春ちゃんには頑張ってもらいたいところ。それにしてもミキティは大丈夫かな?

4月後半から5月後半までの日程らしいようですが、現時点で北海道、東北、九州の会場が無い・・・
道産子3人もいるんだから、おそらく追加で札幌辺りを出してもらえないでしょうかね???

GWの中野サンプラザは、娘。本体より優遇されているのでは?


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事