過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

真央ちゃん、本当にお疲れさま。
シーズン6連勝、とはいきませんでしたが今シーズンは『浅田真央は充分闘える』という印象づけのできる素晴らしいシーズンとなりましたね。

あとは、「これだけ練習したのだから、大丈夫」という自信だけです。
貴方がこの3年間、こつこつと努力した毎日は、絶対に裏切らない。
貴方の思うまま、信じた道をひたむきに突き進んで下さい。

6種類の3回転の入った白鳥の湖、本当に感動しました。
『一つ二つジャンプをミスしても、勝てる選手を育てたい。』
佐藤コーチは就任後,そんなことを語っていたそうです。
今シーズンの真央ちゃんの演技には、着実に一歩一歩、そんな選手に近づいている確信をもちました。

バンクーバープレシーズンの2009年と同様に、ヨナちゃんが優勝しましたが あの時とは全く気持ちが違います。まだ浅田真央は道半ば。ここから右肩上がりを目指してゆけば良いのです。

今日、国別対抗戦の出場者が発表になります。
恐らく真央ちゃんは出場する事になるでしょう。
恐らくは、SPに3Aと3-3を入れて挑戦するかもしれません。
FPは6種類8回のトリプルジャンプ認定をめざすでしょう。

・・・凄まじい演技が見れるかもしれませんね。

かなこちゃんは着実に成長していますね。
恐らくは、ソチ五輪直後の世界選手権(さいたまスーパーアリーナ)で、メダルが穫れるのではないか、と思っています。
ようやく成長期の体格変化も落ち着いたようにも見えますし、これからの彼女も本当に楽しみです。

あっこちゃんは波のあるシーズンでしたね。
レオノワ、あっこちゃんと、2012ニース世界選手権のメダリスト2人が不振でした。
気持ちを切り替えてあと1シーズン、全力疾走して欲しいです。

今回の女子メダリスト3人は、2008イエテボリ五輪の表彰台と全く同じ。
ジャンプの回転不足に厳しいルールが無ければ、もっと世代交代は早く訪れていたのかと思うと
複雑です。

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事