浅田真央ちゃん

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

ソチオリンピックのフィギュアスケート競技も終ってしまいました・・・

真央ちゃん。
団体戦SP、個人戦SPと、自らが作り出した魔物に飲み込まれてしまったかのような演技と、演技後の
心を無くしたかのような姿に、一体どうなってしまったのだろうと不安だった人も多かったと思います。

バンクーバー後の4年間、佐藤コーチに指事し、一からスケーティングやジャンプの見直しで結果のでないシーズンも多く、スケートを続ける意欲も失いながらもやっとたどり着いた大舞台。
公式練習の様子を見てもすこぶる調子が良かっただけに、なぜあんなに崩れてしまったのかと残念な気持ちでした。

思えばGPFのSPで、奇麗に着氷したトリプルアクセルが回転不足判定を受けてから、順調に進んでいたはずの調整に狂いが生じたかもしれません。採点競技は精神的な要素も大きく影響するので、
「何とか認定レベルのクリーンなトリプルアクセルを跳びたい」との思いが強くなっていき、腰痛の再発、全日本選手権での不本意な演技と成績 に繋がって行ったのかと思います。
オリンピック前に、せめて1本はクリーンなトリプルアクセルを跳ばせてあげたかった。

でも、FSの演技は、そんな彼女が紡いできた毎日が色濃く現れた、これ以上無いパフォーマンスだったと思います。演技冒頭から最後までその勢いは失われる事はありませんでしたし、クリーンなアクセルに加えて、シーズン中1度も決められなかった3-3も着氷。本当に素晴らしい演技に、会場もそうですがTVで見ていた誰もが目頭を熱くしたのではないでしょうか。

オリンピックは、割と回転不足判定には寛容なジャッジングなのですが、得点源のセカンドトリプルジャンプ2個が回転不足判定。この判定が無ければ、またPCSを辛く採点されなければ夢の150点台も充分可能なプログラム構成だった事が分かり、胸が熱くなりました。
もちろん、SPで大きく出遅れたのでメダル獲得は絶望的でしたが、バンクーバーの敗戦を踏まえて、キムヨナが獲得した150点を見据えた戦略どおりの構成だった訳です。

真央選手の予想外の神演技に、ジャッジも大慌てだったと思います。
通常、SPで要素抜けなどの大きなミスをした選手が逆転メダル獲得は出来ませんから、最終グループの選手の自爆で順位がひっくり返らないように、軒並み10点程度、かさ上げされていたと思います。

そのことが却って、『なぜ浅田真央の演技で142なのに?』といった疑問を生じてしまった。
バンクーバー、その後のトリノ世界選手権でも採点の疑念はあったものの、これ以上無いクリーンな演技を真央選手が見せつけてしまったために、現行採点法の矛盾が色濃く出てしまいました。

結果だけを見ると、6位入賞。でも、あのFSの演技を大舞台で披露出来たことはメダル獲得にも勝る、彼女の財産になった事でしょう。あの清々しい笑顔を見ることが出来て良かったです。

世界選手権に彼女が出場するのかは、分かりません。
でも、今回のFSが現役最後の演技だったとしても、受け入れます。
真央ちゃんには思うがままに人生を満喫して欲しいから。

お疲れさまでした。貴方の演技を見ることが出来て、本当に幸せでした。

開く コメント(0)

この時期がとうとうやって参りました・・・
4年前、一体どうなる事かと固唾をのんで大阪の会場から見守っていた事を今でも思い出します。
今年は4年前とは異なり、オリンピックに向けた調整の過程を見守る、という気持ちで見ることが出来るのはありがたいのですが、かつて無い程熾烈な男子3枠の争いを見守るべく、今日から3日間、さいたまスーパーアリーナへ行ってきます!

皆、今持てる力を存分に発揮出来ますように。

開く コメント(0)

真央ちゃん、本当にお疲れさま。
シーズン6連勝、とはいきませんでしたが今シーズンは『浅田真央は充分闘える』という印象づけのできる素晴らしいシーズンとなりましたね。

あとは、「これだけ練習したのだから、大丈夫」という自信だけです。
貴方がこの3年間、こつこつと努力した毎日は、絶対に裏切らない。
貴方の思うまま、信じた道をひたむきに突き進んで下さい。

6種類の3回転の入った白鳥の湖、本当に感動しました。
『一つ二つジャンプをミスしても、勝てる選手を育てたい。』
佐藤コーチは就任後,そんなことを語っていたそうです。
今シーズンの真央ちゃんの演技には、着実に一歩一歩、そんな選手に近づいている確信をもちました。

バンクーバープレシーズンの2009年と同様に、ヨナちゃんが優勝しましたが あの時とは全く気持ちが違います。まだ浅田真央は道半ば。ここから右肩上がりを目指してゆけば良いのです。

今日、国別対抗戦の出場者が発表になります。
恐らく真央ちゃんは出場する事になるでしょう。
恐らくは、SPに3Aと3-3を入れて挑戦するかもしれません。
FPは6種類8回のトリプルジャンプ認定をめざすでしょう。

・・・凄まじい演技が見れるかもしれませんね。

かなこちゃんは着実に成長していますね。
恐らくは、ソチ五輪直後の世界選手権(さいたまスーパーアリーナ)で、メダルが穫れるのではないか、と思っています。
ようやく成長期の体格変化も落ち着いたようにも見えますし、これからの彼女も本当に楽しみです。

あっこちゃんは波のあるシーズンでしたね。
レオノワ、あっこちゃんと、2012ニース世界選手権のメダリスト2人が不振でした。
気持ちを切り替えてあと1シーズン、全力疾走して欲しいです。

今回の女子メダリスト3人は、2008イエテボリ五輪の表彰台と全く同じ。
ジャンプの回転不足に厳しいルールが無ければ、もっと世代交代は早く訪れていたのかと思うと
複雑です。

開く コメント(0)

MAO is Back!

いよいよ今週末は、グランプリシリーズ中国大会。会場は上海なんですね・・・
尖閣諸島問題もあって、なかなかアウェイな会場ですが、何とか無事に大会を開催して欲しいです。

そして今日の報道ステーションで、松岡修造さんによる浅田真央ちゃんへのインタビューが放映されました。
インタビューしたのは、ジャパンオープン直後でしょうね。

今年のニース世界選手権後に、私はこんな事を記事に書きました。

真央ちゃんが『競技を続ける意味』を見いだせないくらい疲弊してしまっているように映るのです。スケートが楽しいと心から思えないような状況になっているのではないかと。

いつからか、真央ちゃんの憂いを含んだ笑顔ばかりが印象に残るようになりました。
彼女が心から、スケートが楽しいと思える日がどうかどうか、いつの日か戻ってきますように。 

真央ちゃんのご母堂が亡くなったとのニュースが流れた後、Twitterにこんな書き込みをしました。

自分自身だけのために闘うのは、限界がある。まして加熱する報道、バッシング、膨らむ一方の期待・・・潰れるなという方が無理だ。今まで泣き言を言わずコツコツと自分のやるべき事に真摯に向き合う真央ちゃんは、『愛するママのため』という大きな柱を必死に支えていたようなものだ。
正直、このまま真央ちゃんの演技が二度と見られない可能性もあるくらいの悲しい出来事だろう。目先の利益(視聴率?)やドル箱狙いであれこれ言う人はいるだろうけど、全日本とか世界選手権とか、そんな目先の話じゃない。今後、どう人生を歩むかの岐路に立っているようなものだ。 

まさに、懸念していた通りだった。
彼女は余りにも、磨り減ってしまっていたのだ。

あのジャパンオープンの演技に至るまで、彼女はどれだけ苦しんだ事だろう。

今の彼女の夢には『ソチオリンピックで金メダル』というものはおそらく存在しない。
そんな物質的なものではなく、もっと大きなものに向かって彼女は一人で歩み出した。
まさに、「浅田真央 第二章」の始まりなのだ。
今の彼女には、恐れるものなど何も無い。
自分自身との戦いに、正面から向き合った彼女は、無敵だ。

開く コメント(0)

今晩のTV放映が控えていますが、既に報道されていますし、コメントを。

真央ちゃん、お疲れさま。
天国のママのために3A見せたかったのかな。
きっととてつもない喪失感の中、真央ちゃんとスケートとを繋ぐ生命線が3Aなんでしょうね。
現地入り後の練習でことごとく決まらないという状況の中、勝つためには、回避するのが常識。
でも飛ぼうとした。

彼女の気持ちは、誰にも慮る事は出来ません。
マスコミの報道は『出来もしない技で自滅』という方向かもしれませんが、今の真央ちゃんが求めているものはオリンピックの金メダルだけ。そのためにはどんな結果も厭わないという覚悟だったのかもしれませんが・・・

でも、そうは見えないのです。
3Aのこだわりと、勝ちへのこだわり。今回も両方を求めて自滅したようにしか見えないのです。
もうソチまで2シーズンとなりました。今シーズンは世界選手権の表彰台に返り咲いておかねばならなかった。またも、ジャッジやISUに『浅田真央は並の選手』という印象を残してしまいました。

そんなことよりも、真央ちゃんが『競技を続ける意味』を見いだせないくらい疲弊してしまっているように映るのです。スケートが楽しいと心から思えないような状況になっているのではないかと。

いつからか、真央ちゃんの憂いを含んだ笑顔ばかりが印象に残るようになりました。
彼女が心から、スケートが楽しいと思える日がどうかどうか、いつの日か戻ってきますように。

あっこちゃん、銅メダルおめでとうございます。
昨シーズン、オリンピック後の燃え尽き症候群のように、精彩を欠いてしまって世界選手権の代表に漏れてから一生懸命練習したのでしょうね。
もちろん、滑走順も多少は味方したかもしれませんが、出来る限りの演技をしての表彰台。
27歳でのメダル獲得は立派です。
あと2シーズン、頑張るのでしょうかね。

かなこちゃんは最終組の緊張感に飲まれてしまったのでしょうかね。2位折り返しで期待も大きかっただけに、悔しいでしょうが、来シーズンに繋げて欲しいです。

ようやく、コストナーが世界女王になりました。
元々は、スケーティングとステップに定評があり、スピード感のあるジャンプが安定すればオリンピックの金メダル候補と言われながらもなかなか結果が出ず、苦しかったと思います。
足の怪我もあり、全盛期のジャンプ構成は飛べない中出来る限りの演技で今シーズンは勝ち続けていました。彼女は本当に心の優しい選手ですから、ようやく報われて良かったと思います。 

開く コメント(0)

開く トラックバック(1)

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事