zabieru48busのブログ

日本人の心のふるさと伊勢。

旅行(県外)

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全33ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

黒部湖・ダム

イメージ 1
旅行記事、第9弾(最終回)

今回は黒部湖・黒部ダムを掲載します。

黒部平駅からケーブルカーに乗り黒部湖駅へと到着
イメージ 2
黒部ダムの周辺マップ。
イメージ 3
これが黒部平からも少し見えていた黒部湖です。
イメージ 4
黒部ダムの上を歩いています。

テレビや本などで見るとすごく幅が狭く見えますが実際には結構広いです。
イメージ 5
放水期間ではないので放水を見ることはできませんでしたがダムの大きさに驚きでした。

観光放水は6月26日〜10月15日までだそうです。
イメージ 6
これはダムの近くにあった石版です。

よく見ると人の足跡や建設重機などの跡があります。

秘境・黒部峡谷で7年かけて完成した「くろよん」(黒部川第四発電所)。

この建設工事は当時では大事業で近代技術の粋を集めたものとされています。

当時の工事で活躍した建設重機や作業員の足跡などをコンクリートで型取りしたとされています。
イメージ 7
黒部ダムの標高は1454m。
イメージ 8
黒部湖はダム湖百選に選ばれています。
イメージ 9
黒部ダムを見学したあとは関電トロリーバスに乗車して扇沢駅へ。

ここの駅で降りて立山黒部アルペンルートは終わりです。
イメージ 10
扇沢駅。

ここからバスに乗り1日目と同じJR塩尻駅へと向かいました。
イメージ 11
塩尻駅には18時頃に到着。

帰路は19時19分発の特急しなの・名古屋行きでした。

そして、21時30分前に名古屋駅に到着しツアーは解散。

そのあと、近鉄特急で三重へと帰ってきました。

その写真は、カメラのバッテリー切れで撮影できていません…。

今回のツアーは善光寺がメインのコースでした。

数え年で7年に一度の御開帳期間中に参拝できてよかったです。

立山黒部アルペンルートも通り抜けをできて満足でした。

また、機会があればゆっくりと巡りたいコースであります。

約1週間、旅行記事をご覧いただきありがとうございました!!


この記事に

開く コメント(6)

黒部平

イメージ 1
旅行記事、第8弾

今回は黒部平です。

中部山岳国立公園 黒部平 
イメージ 2
国指定 特別名勝・特別天然記念物

雪に覆われているのでこの石碑が大きいものなのかこのサイズなのかは分かりません…。
イメージ 3
展望台からは立山の山々とロープーウェイを見ることができました。
イメージ 4
次の行先が少し見えました。

黒部平駅から黒部ケーブルカーに乗り黒部湖へと向かいます。
イメージ 5
黒部ダム・扇沢方面 黒部ケーブルカー
イメージ 6
ケーブルカーがやってきました。

これに乗り黒部湖と黒部ダムへと向かいました。

次回の記事はいよいよ最終回。

黒部湖と黒部ダムを掲載します!!

この記事に

開く コメント(2)

黒部平へ

イメージ 1
旅行記事、第7弾

今回の記事は立山ロープーウェイに乗って黒部平駅へ。

室堂駅から立山トンネルトロリーバスで大観峰に到着。

大観峰から黒部平駅まではロープーウェイで移動しました。

ロープーウェイに乗る前に少し時間がありお土産に写真集をどうぞと説明・販売がありました。
イメージ 2
ロープーウェイがやってきました。
イメージ 3
乗車して出発。

このロープーウェイはワイヤーを支える支柱などが一切ありません。

それは、立山の景観保護と雪崩での倒壊防止などがあるそうです。
イメージ 4
全方向から景色を見ることができます。
イメージ 5
途中でもう1台とすれ違いました。
イメージ 6
黒部平に到着。

ここからは黒部ケーブルカーに乗って黒部湖へと向かいました。

次回の記事では黒部平駅で撮影した景色と黒部湖の様子を掲載します!!

この記事に

開く コメント(0)

雪の大谷

イメージ 1
旅行記事、第6弾 今回も雪の大谷です。

立山 雪の大谷 標高2390mです。
イメージ 2
人と比べると高さがよくわかりますね。
イメージ 3
最高地点は13mでした。
イメージ 4
どうして雪の壁は倒れてこないのかな?

地表付近の雪は約10tほどの重さで押し固められているため途中から崩れることはないようです。
イメージ 5
雪の大谷ウォークをしたあとは室堂駅に戻りトロリーバス乗り場へ。
イメージ 6
立山トンネルトロリーバスに乗車して大観峰へと向かいます。

次回の記事からは立山ロープーウェイと黒部平を掲載します。

この記事に

開く コメント(4)

雪の大谷

イメージ 1
旅行記事、第5弾

今回は室堂駅に到着してからの雪の大谷ウォークを掲載します。

高原バスはどんどんと山を登り景色が段々と変わってきました。
イメージ 2
室堂駅に到着。

ここは標高2450mにある駅で星に近い駅とされています。
イメージ 3
室堂駅。
イメージ 4
ここから立山・雪の大谷ウォークのスタートです。
イメージ 5
雪の壁は迫力がありました。
イメージ 6
最も高い場所で約13m。

高原バスの高さと比べるとかなり高いのがよくわかります。
イメージ 7
雪の大谷は標高2390mだそうです。

この日の気温は7℃でしたがそれほど寒くは感じませんでした。

雪の大谷の記事は次回も続きます!!

この記事に

開く コメント(0)

全33ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事