ここから本文です
仕方ないから釣りでもするか〜
鯉とワカサギ釣りのブログ

書庫全体表示

記事検索
検索

全33ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

どうもです。


新篠津のワカサギ釣りドリーム号から更新できませんでした。


人生初のインフルエンザになり、5日程、外出禁止で仕事に行けず、結果仕事が山のように残っていたり・・・


昨年7月、勤務地異動で石狩市から札幌の南区まで通勤片道1時間20分のバス地下鉄通勤・・・朝早く、夜遅くの生活で趣味の自転車や釣りもままらず


どうにかワカサギブログだけは更新していましたが、ワカサギ釣りに帰ってきてから
ブログを更新する時間は他の時間を削ることになり


悩んだ結果、取りあえず今期は更新をしないことにしました。


もしかしたらそのままフェードアウトかもしれません。


ブログを始めたきっかけは、鯉ワカさんとつるんで遠征していた頃、かなやまに集結していたブロガーの皆さんからブログやっていないの?と言われ


「ブロガーあらずばワカ師であらず」的な雰囲気が当時少なからずあったので、始めましたが


今は沢山のワカサギ仲間と知り合いになり、連絡も取りあえるようになりました。


名前を売りたかった訳ではありませんが、ワカサギ釣りの猛者の皆さんとお知り合いになりたいとの当初の目的は既に完了したのかと思います。


今現在の私は、がむしゃらに釣果を追い求めるわけでなく、ブログを見返すとワカサギの釣果はダダ下がりですが、それでも釣技に関しては引き出しは増えたかなと思います。


今は秘伝や竹穂先も封印して手繰りでしか分からない超繊細な当たりのみを追い求め楽しんでいます。


そんな感じで、まだまだワカサギ釣りの熱が下がった訳でなく、多くの釣り場には行きますので、お知り合いの皆さん引き続きお付き合いよろしくお願いします。


N川(チーム亀○)

開くトラックバック(0)

1月26日(土)札幌市中央区の子どもとその保護者を対象とした「中央区ドリーム号」が開催されました。


私はその現地スタッフとしてワカサギ釣りの統括を担当しました。


会場は新篠津の「たっぷの湯」会場


主催サイドには私以外ワカサギ釣り経験者はなく、仕掛け、エサ付けなどを1人でこなすのは絶対に無理。


そこで、このブログを通してスタッフを募集したところ


有り難いことに「まめキングさん」「メガオさん」「どうみんさん」「シャンクさん」「ちょげさん」が参加を表明してくれました。


ちょげさんは息子さんがインフルになったので・・・と欠席となりましたが出ていただけると表明して頂いただけで有り難かったです。


そして当日・・・天気は良さそうです。


遠征組のメガオさん、どうみんさんの車が駐車場にありましたので、無事に来ていただいたようです。


6時30分、私たちの基地としてコールマンのオートシェルター2張と暖房類を持って受付前で待機します。


そして7時全員集合して、売店横から荷物を担いで現地へ

イメージ 1

小屋からテントサイトまでは結構遠いです
イメージ 2
小屋のかなり先

早速、テントを建ててもらってまずは準備
イメージ 3

イメージ 4


今回は何とか子どもにワカサギを釣って欲しいので、現地の仕掛け類やエサでなく、仕掛けや錘、エサは予めこちらで準備しました。

錘はがん玉2個で1グラム、仕掛けはハヤブサやササメの物、エサは白さしで極小カット・

プラスチックボードに貼って、現地の受け入れまで待機です。

イメージ 5


当初予定では


子どもが来るまでは我々でワカサギを釣って、天ぷらを振る舞おうと思っていました


しかし魚探を入れるとまぁ見事に魚探は真っ白です。


私の手羽穂先のカーボンソリッドとフラッペブルーを出して、皆さんに遊んで貰うも全く釣れね〜(-_-;)


10匹ほど釣れましたかね?


暇なので・・・どうみんさんとシャンクさんは大阪弁のガール3人組に穴あけと釣り指導をしていました。

イメージ 6

予行演習ですね


本番まで、おやつ食べてまったりしたりもしておりました。
イメージ 7



中央区の子どもたちも10時前に現地到着し、小屋の入れ替えがまだなので、我々のテントに来てもらって、釣りの説明をします。
イメージ 8



その後、小屋が開いたので、そちらに誘導して小屋に入ると


ご丁寧に現地の篠津仕掛けが装着されて竿がご用意されていました(-_-;)


これは想定外です・・・


しかもそれって、前のグループが使用していたもののようだし・・・


それを外して、自分たちの仕掛けにチェンジ
イメージ 9

篠津の仕掛けはゴミになりました(-_-;)


小屋は12人用で4人にはそれぞれ1張ずつ入って指導してもらいます。


私は基本フリーで、エサ付けなどの補助をしました。


現地の竿は想定以上の剛竿です。もう当たりなんて分かるのかね、あれで。

まめキングさん小屋
イメージ 10


メガオさん小屋
イメージ 11

どうみんさん小屋
イメージ 12

シャンクさん小屋
イメージ 13



篠津の釣り動画ではワカサギが泳いでいるのが見えていたけど・・・お魚いないね。


外道いるから嫌だったけど、棚をべた底にして、ワカサギを狙います。


各テントはぽつらぽつら    ワカサギが上がっています。


でもホントぽつらぽつら・・・


4人は何とかワカサギを釣らせてあげたいとエサ換えしたり、子どもに優しく教えたりしてくれていました。


天気も良く、小屋はビニールハウスで暑く、半そでで出来そうなくらい。


途中交代でバナナボートに乗りに行ったりしながら、子どもたちは釣れないながらも楽しんでいたようです。


ウグイも貴重(笑)魚が釣れたと喜んでいました。


釣った子どもの満面の笑み
イメージ 14
お見せできないのが残念


中には坊主の子もいましたが、結局半数以上はワカサギ釣ったのかな。


各テントの釣果

2時間で
Aテント ウグイ4匹 ワカサギ16匹
Bテント ウグイ3匹 ワカサギ 5匹
Cテント ウグイ1匹 ワカサギ13匹
Dテント ウグイ1匹 ワカサギ11匹

全員で45匹


水深2mで北釣り場に比べて魚影が少なすぎでした。・・・まぁ大健闘でしょう。


まめキングさん、メガオさん、どうみんさん、シャンクさん本当にありがとうございました。もうね感謝しかありません。

終わった後、記念撮影
イメージ 18


ワカサギの天ぷらを子どもたちに食べさせれないのは残念と思ったけど・・・


O崎さんが北釣り場で釣りをしているのを思い出し、現地に行ってO崎さんの釣果を頂きました。


この思いつき・・・自分で自分を褒めてやりたい(笑)


大変助かりましたよ。O崎さんありがとうございました!
イメージ 15
子どもたちで美味しくいただき完食したようです。


私も一匹味見したけど・・・今期初めてワカサギ食べました(爆)


あとは子どもたちと同じカレーを食べまして
イメージ 16


メガオさんプロデュースのワカサギ大会を開催しようかとの企画は、もう竿出すのも面倒ってことで、じゃんけん大会となりました。


メガオさんの商品
イメージ 17


14時頃、テントを撤収して、メガオさん、どうみんさんは置戸大会に行くとのことで流れ解散になりました。

色々と私の運営に至らないこともあったけど、皆さんのおかげでこの企画自体は成立しました。


当然釣れないのは想定内なので、こつこつとワカサギをストックしていて、1人50匹ほどのワカサギもお土産に持たせることもできました。


私一人の釣果ではなく、まめキングさん、mitusさん、鯉ワカさん、メガオさんの釣果を頂いておりまして、進呈していただいた皆さんにも感謝です。


このようにたくさんの釣友に支えて頂きながら、行事が無事に終わることができました。

今日来た子ども達の中から、将来ワカサギ釣りに挑戦してくれる子どもが現れることを願っています。


おしまい。

開くトラックバック(0)

1月20日(日)

この日も休みで、昨日手ごたえを感じたので、篠津北釣り場に連投で足を運びました。


現地着は7時ちょうど。今日も外釣はお客が少ないです。



砂川が開幕したし、釣代の値上げもあるのでしょうかね。



私にしてはありがたい。



準備をしているとO崎さんもいらして、並びで釣りを始めます。
イメージ 1


魚探は真っ赤ではないけど、魚は回遊していますね。
イメージ 2

釣りピットのカーボンソリッドの手羽で、氷下から1m位の層のワカサギを狙います。


仕掛5本バリに対して、サシの頭、頭、尻カット+頭、頭カットの2匹のサシを使用


上に寄せのためにブドウ虫をざく切りにします。


開始からツン当たりの拾い釣りですね。


サシが水中でふやけてデカくなるので、途中でサシのトリミングをして最終的に薄皮1枚になります。


8時スタートで一応の時系列


1時間目 40匹

2時間目 82匹

3時間目 121匹

4時間目 178匹

5時間目 229匹

6時間目 261匹

で終了と。
イメージ 4
イメージ 5

腰が悲鳴を上げて自己記録更新ならず・・・


途中から、穂先を究極ソリッドの青(一番やわらかいやつ)にしましたが、竿とラインが1本化していて、感度MAXで超楽しかったですね。
イメージ 3

全面的に真っ赤な魚影ではなかった日曜日にこれだけ釣れたら満足です。

O崎さんは3束行っていたようでうす。


今回も篠津に色々と勉強をさせて頂きました。やっぱりワカサギ道場ですね(笑)


次回はついにワカサギイベント日だ。全員道場にやられるのは当然ですが、せめて1匹は釣らせてあげたいですね。


当日、参加を表明頂いた まめキングさん、シャンクさん、メガオさん、どうみんさん、ちょげさん、よろしくお願いします。


開くトラックバック(0)

1月19日(土)篠津北釣り場に遊びに行きました。


来週の土曜日にあるワカサギ釣り体験の下見も兼ねているので同僚Gさんも同行します。


受付で2人分のお金を支払って、北釣り場へ行きますが、土曜日なのに外釣テントは1張しかなく閑散としていました。
イメージ 1


ならば、誰にも迷惑にならないだろうし、穴を10か所近く開けて探索します。


どこもぱっとはしませんが、入り口、正面一番奥の場所がなんとなく、魚の出入りがあったので、コールマンを設営します。
イメージ 2

後から来たた方も合わせても5張くらい。値上げの影響か?


Gさんは前回の接待釣行で秘伝を手持ちでされており、今回がワカサギ釣り2回目
手持ちではブレがでるし、篠津では手持ちは難しいだろうとレイクマスター渡して置き竿でやってもらいます。


サシカットは無理なので、アカムシを購入して、付けてもらいますが、女性だから?難なくアカムシを付けていました。


そちらは適当に釣り始めて貰って、私は釣りピットのカーボンソリッド穂先の手羽で挑みます。


開始は8時30分。表層にワカサギが回遊してくる感じで、前回にくらべたら大分マシですね。
イメージ 3


Gさんはレイクマスターを手持ちで使っており・・・釣れる感じが全くしません。


坊主でワカサギ終了か?って惨状でしたので、手持ちなら手羽の方がいいかな?と思って私のを貸し出します。


そうしましたら・・・数分後にはワカサギ数匹上げていましたね。



私はレイクマスターの置き竿釣法で10分間やりましたが・・・当たっても乗らず、当たっても乗らずです。


手羽とガイド付き電動リールでこうも差がでるのかよと・・・思いました。



結局私はレイクマスターで1匹も釣れず、グラスソリッドの手羽に持ち替えてます。



仕掛はバリバスの0.5号、エサはアカムシ、白サシ、紅ラビット



来週のイベントの為に色々持ち込んで試しました。
イメージ 4


というか紅ラビット、デカ過ぎじゃね?


アカムシもカットしないとデカ過ぎじゃね??


結局、何が一番って白サシの極小カットが一番よかったです。


同行のGさんのエサ替えを私が頻繁にしたりしながら、ゆるく遊んで


お昼には冷凍鍋焼きうどん。
イメージ 5

無用の長物、たたき台はテーブルのかわりに(笑い)


鍋焼き旨しでした。


最終的に14時まで遊んで、Gさん60匹位、私141匹で軽量は合計291gとなりました。
イメージ 6
イメージ 7


然るべき仕掛け、エサカット、手羽と穂先があれば、魚さえいれば道場で初心者でもワカサギ釣りが成立するようです。


俺の今までの道場での修業は何だったのかな〜と若干打ちひしがれました


その後は下見


たっぷの湯釣り場を覗きましたが、あんまり釣れていませんでしたね(-_-;)


水深2m、良い人で10匹位だそうです。


やばいぜイベント当日・・・


因みにイベント日はバナナボートに子どもだちが乗って遊びます


メガオさん私たちも乗ってインスタ映えします?


バギーもありますので「ヒャッハー」もできますよ(笑)


そんな道場での手羽釣行でした。


では。

開くトラックバック(0)

1月14日(月祝)


職場の方々がワカサギ釣りに行きたいとのことで接待釣行です。


ファミリー2組、他女性2名、野郎1名なので当然トイレ付釣り場が条件です。


当初は篠津を予定していましたが、私が撃沈した篠津では釣りが成立しません。


篠津で0崎さんが、子どもを連れて行くなら、札幌市北区のペケレット沼横「とれた小屋ふじい農園」さんがいいよとアドバイスを頂き。


調べると駐車場代として車1台500円で何人同乗しても500円、トイレもあるってことで、ここに決めました。


茨戸のワカサギ釣りポイント「生振大橋」横なので、初心者でも釣れるでしょう。


1人はワカサギテントは持っているけど、ペグがプラスチックペグしかない・・・他はほぼ未経験初心者なので前日に内にある道具を車庫の奥から発掘します。


持ち出した道具はコールマンオートL、コールマンオートⅠ、武井501、岩谷ガスヒーター、ユニフレームワーム、アルカパストーブ、ソリットペグ30本など・・・


ソロでは使用しないのものが・・・良くもまぁこんなに持っていましたわ・・・


それでも、もう1張テントが足りないので、mitsuさんからオートLをお借りしました。


当日、現地に7時到着・・・車で15分の近場です。


入口で料金を払うシステムのようですが、管理者がいません。


目的地の駐車場は閉鎖されておらず、他の車が入っているようなので、後で料金を払えばいいかなと、そのまま駐車場に入れいました。


ちなみに後で料金を払いましたよ。早く来ても後で料金をお支払すれば怒られることはないようですね。


7時に待ち合わせをした者たちと3人でテント3張りを建てます。


外気温−10℃でしたが、風のない晴天で、テントが立てやすい。


私が建てて、ペグ打ち、スカートの雪乗せを分担して30分しないで設置は出来ました。
イメージ 1


暖房は・・・去年のワカサギシーズンから一度も使用していない、武井が不機嫌で赤火にしか出ません。


メンテしないとダメですね・・・


灯油ストーブを持ってくるファミリーがいるので事なきを得ました。



中古で格安で買ったアルカパストーブはトラブルなく、終日使えましたね。灯油ストーブの割にはコンパクトで使えます!


ワカサギタックルは自分のテントに入る女性2名、野郎1名分のみは用意したんですが、接待に使うような安い物の持ち合せがなかったので、秘伝とレイクマスターを使ってもらいました。
イメージ 2


エサ付けや魚外しをレクチャーした後は私も手羽で手繰って遊びます。



水深3mで魚はベた底にまずまずいますね。


最初は釣れた―って完成上げていた女性陣も、釣れるにしたがい歓声があがらなくなっておりました(笑)



後から来たファミリー2組も別テントで釣れているご様子です。


「雪だべたら駄目」とか「片足落ちたとか」騒がしかったですけどね(爆)



秘伝使っている女性陣は手持ちで、私の言われた通りの誘いや合わせで釣るのに対して、レイクマスター使いの野郎は叩き台、置き竿で誘わないでじっと待っていて、当たるまでリール持っていないしで、人の言うこと聞いちゃいません(笑)


これが男と女の差ですかね・・・


きっと教えたら女性の方が上達早いんだろうな〜。と思いました。



トイレに行った時、外の写真撮ったけどかなり混んでします。
イメージ 5

イメージ 4

イメージ 3

イメージ 6


お湯を沸かしてコーヒー飲んだり、おやつ食べたりとまったりと釣りをしましたが、終了の14時までにカウントしていないけど私は1束位釣って終了となりました。


来た子どもが、「もう帰ろう〜」って話しにならなかったので、楽しんでくれたのかと思います。


釣ったワカサギ・・・「これ食べていいのかな」くらい苦くて・・・うちの子らは大丈夫だけど、味覚鋭い子ならトラウマレベルの苦さでしたと感想いただきましたけどね〜(-_-;)


想像通りの感想だったので、土曜日に釣った水の綺麗な場所のワカサギをお土産で持たせたけど、比較した感想も聞きたいものです(笑)


この接待が「また今度もお願い」となったら丁重にお断りすけど、年イチ位なら企画しますよ。



そんな緩い接待釣行でした。


おしまい。


開くトラックバック(0)

全33ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事