ここから本文です
仕方ないから釣りでもするか〜
鯉とワカサギ釣りのブログ

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

1月14日(月祝)


職場の方々がワカサギ釣りに行きたいとのことで接待釣行です。


ファミリー2組、他女性2名、野郎1名なので当然トイレ付釣り場が条件です。


当初は篠津を予定していましたが、私が撃沈した篠津では釣りが成立しません。


篠津で0崎さんが、子どもを連れて行くなら、札幌市北区のペケレット沼横「とれた小屋ふじい農園」さんがいいよとアドバイスを頂き。


調べると駐車場代として車1台500円で何人同乗しても500円、トイレもあるってことで、ここに決めました。


茨戸のワカサギ釣りポイント「生振大橋」横なので、初心者でも釣れるでしょう。


1人はワカサギテントは持っているけど、ペグがプラスチックペグしかない・・・他はほぼ未経験初心者なので前日に内にある道具を車庫の奥から発掘します。


持ち出した道具はコールマンオートL、コールマンオートⅠ、武井501、岩谷ガスヒーター、ユニフレームワーム、アルカパストーブ、ソリットペグ30本など・・・


ソロでは使用しないのものが・・・良くもまぁこんなに持っていましたわ・・・


それでも、もう1張テントが足りないので、mitsuさんからオートLをお借りしました。


当日、現地に7時到着・・・車で15分の近場です。


入口で料金を払うシステムのようですが、管理者がいません。


目的地の駐車場は閉鎖されておらず、他の車が入っているようなので、後で料金を払えばいいかなと、そのまま駐車場に入れいました。


ちなみに後で料金を払いましたよ。早く来ても後で料金をお支払すれば怒られることはないようですね。


7時に待ち合わせをした者たちと3人でテント3張りを建てます。


外気温−10℃でしたが、風のない晴天で、テントが立てやすい。


私が建てて、ペグ打ち、スカートの雪乗せを分担して30分しないで設置は出来ました。
イメージ 1


暖房は・・・去年のワカサギシーズンから一度も使用していない、武井が不機嫌で赤火にしか出ません。


メンテしないとダメですね・・・


灯油ストーブを持ってくるファミリーがいるので事なきを得ました。



中古で格安で買ったアルカパストーブはトラブルなく、終日使えましたね。灯油ストーブの割にはコンパクトで使えます!


ワカサギタックルは自分のテントに入る女性2名、野郎1名分のみは用意したんですが、接待に使うような安い物の持ち合せがなかったので、秘伝とレイクマスターを使ってもらいました。
イメージ 2


エサ付けや魚外しをレクチャーした後は私も手羽で手繰って遊びます。



水深3mで魚はベた底にまずまずいますね。


最初は釣れた―って完成上げていた女性陣も、釣れるにしたがい歓声があがらなくなっておりました(笑)



後から来たファミリー2組も別テントで釣れているご様子です。


「雪だべたら駄目」とか「片足落ちたとか」騒がしかったですけどね(爆)



秘伝使っている女性陣は手持ちで、私の言われた通りの誘いや合わせで釣るのに対して、レイクマスター使いの野郎は叩き台、置き竿で誘わないでじっと待っていて、当たるまでリール持っていないしで、人の言うこと聞いちゃいません(笑)


これが男と女の差ですかね・・・


きっと教えたら女性の方が上達早いんだろうな〜。と思いました。



トイレに行った時、外の写真撮ったけどかなり混んでします。
イメージ 5

イメージ 4

イメージ 3

イメージ 6


お湯を沸かしてコーヒー飲んだり、おやつ食べたりとまったりと釣りをしましたが、終了の14時までにカウントしていないけど私は1束位釣って終了となりました。


来た子どもが、「もう帰ろう〜」って話しにならなかったので、楽しんでくれたのかと思います。


釣ったワカサギ・・・「これ食べていいのかな」くらい苦くて・・・うちの子らは大丈夫だけど、味覚鋭い子ならトラウマレベルの苦さでしたと感想いただきましたけどね〜(-_-;)


想像通りの感想だったので、土曜日に釣った水の綺麗な場所のワカサギをお土産で持たせたけど、比較した感想も聞きたいものです(笑)


この接待が「また今度もお願い」となったら丁重にお断りすけど、年イチ位なら企画しますよ。



そんな緩い接待釣行でした。


おしまい。


開くトラックバック(0)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事