ここから本文です
仕方ないから釣りでもするか〜
鯉とワカサギ釣りのブログ

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

1月19日(土)篠津北釣り場に遊びに行きました。


来週の土曜日にあるワカサギ釣り体験の下見も兼ねているので同僚Gさんも同行します。


受付で2人分のお金を支払って、北釣り場へ行きますが、土曜日なのに外釣テントは1張しかなく閑散としていました。
イメージ 1


ならば、誰にも迷惑にならないだろうし、穴を10か所近く開けて探索します。


どこもぱっとはしませんが、入り口、正面一番奥の場所がなんとなく、魚の出入りがあったので、コールマンを設営します。
イメージ 2

後から来たた方も合わせても5張くらい。値上げの影響か?


Gさんは前回の接待釣行で秘伝を手持ちでされており、今回がワカサギ釣り2回目
手持ちではブレがでるし、篠津では手持ちは難しいだろうとレイクマスター渡して置き竿でやってもらいます。


サシカットは無理なので、アカムシを購入して、付けてもらいますが、女性だから?難なくアカムシを付けていました。


そちらは適当に釣り始めて貰って、私は釣りピットのカーボンソリッド穂先の手羽で挑みます。


開始は8時30分。表層にワカサギが回遊してくる感じで、前回にくらべたら大分マシですね。
イメージ 3


Gさんはレイクマスターを手持ちで使っており・・・釣れる感じが全くしません。


坊主でワカサギ終了か?って惨状でしたので、手持ちなら手羽の方がいいかな?と思って私のを貸し出します。


そうしましたら・・・数分後にはワカサギ数匹上げていましたね。



私はレイクマスターの置き竿釣法で10分間やりましたが・・・当たっても乗らず、当たっても乗らずです。


手羽とガイド付き電動リールでこうも差がでるのかよと・・・思いました。



結局私はレイクマスターで1匹も釣れず、グラスソリッドの手羽に持ち替えてます。



仕掛はバリバスの0.5号、エサはアカムシ、白サシ、紅ラビット



来週のイベントの為に色々持ち込んで試しました。
イメージ 4


というか紅ラビット、デカ過ぎじゃね?


アカムシもカットしないとデカ過ぎじゃね??


結局、何が一番って白サシの極小カットが一番よかったです。


同行のGさんのエサ替えを私が頻繁にしたりしながら、ゆるく遊んで


お昼には冷凍鍋焼きうどん。
イメージ 5

無用の長物、たたき台はテーブルのかわりに(笑い)


鍋焼き旨しでした。


最終的に14時まで遊んで、Gさん60匹位、私141匹で軽量は合計291gとなりました。
イメージ 6
イメージ 7


然るべき仕掛け、エサカット、手羽と穂先があれば、魚さえいれば道場で初心者でもワカサギ釣りが成立するようです。


俺の今までの道場での修業は何だったのかな〜と若干打ちひしがれました


その後は下見


たっぷの湯釣り場を覗きましたが、あんまり釣れていませんでしたね(-_-;)


水深2m、良い人で10匹位だそうです。


やばいぜイベント当日・・・


因みにイベント日はバナナボートに子どもだちが乗って遊びます


メガオさん私たちも乗ってインスタ映えします?


バギーもありますので「ヒャッハー」もできますよ(笑)


そんな道場での手羽釣行でした。


では。

開くトラックバック(0)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事