座間放射能測定室

ATOMTEX AT1320A にて測定いたします。046-251-3730 OnTwitter @zamasokutei

全体表示

[ リスト ]

栗2012〜2014比較


さて、先日の記事の続きになります。
栗2012〜2014比較① - 座間放射能測定室 - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/zamasokutei/11951395.html

2012〜2014年、毎年同じ場所で購入している栗の比較です。
(いずれも茨城県産表記)

今回の検体はこちら。

イメージ 1

こちらをフードプロセッサーにて処理して1Lマリネリ容器に充填いたします。

測定結果はこちらです。

まず最初におととし、去年、そして今年のものをそれぞれ3600秒での測定結果で比較してみます。

2012年(渋皮もとりのぞいての測定)
※渋皮ごとの測定のほうが高い数値になるようです。

イメージ 2

2013年(渋皮ごと測定)

イメージ 3

そして今年、2014年(渋皮ごと測定)

イメージ 4

Cs-137も半分以下となり、3600秒ではCs-134は下限値以下となりました。
Cs-134の痕跡は見えておりますので測定を延長、
延長した結果がこちらになります。

イメージ 5
両セシウム共に定量できました。

合算値で見ても去年とくらべて半分以下となっております。

ここ、神奈川県の栗でもいまだ微量検出が確認されております。

(Cs-134は定量できませんでした。)

イメージ 6



上の3検体の比較(減衰)をみるに、現在流通している栗で、
国の基準値100Bq/kgを超えるものはほぼ無いとは考えますが
2年3年前も普通に流通しておりました。数値を書いて販売していた場所もありましたが、
かなり際どい数値だったものもありましたし、測定誤差をいれると100Bq/kgを超える可能性の物も
もちろんあったでしょう。
地元のものを小学校や保育園などの給食に使用したり、
ご近所からあげたり、もらったり、も多かったと思いますが、
せめてこのように毎年測定を重ねて「安心」の根拠を作り上げてからのほうが、
いろいろと物事や人間関係も円滑にすすんだのではないでしょうか。
あのときは何をそこまで焦っていたのでしょう。怖いものを見たくない、見せたくない
という思いがあったのでしょうか。

測定所としては数値を出す事で摂取をすすめているわけではございません。
摂取量や、生活環境、ライフスタイルもそれぞれですので、
自分の生活や目的をご自分で決めるように、
それぞれがリスクとベネフィットを天秤にかけて考えれば良いと思います。
お近くの市民測定所と一緒に考えてまいりましょう。

来年も測定できるといいですね。
(まだいくつか栗の無料測定を行います。お問い合わせください。)
TEL 046-251-3730 
送っていただいても結構です。

以下追記です。(2014/10/1)
こちら、スーパー三和にて購入の茨城県産栗の測定結果です。あわせて参考にしてください。

イメージ 7

イメージ 8


いままでの測定結果一覧をご覧になりたい方はこちらをお読みください

http://blogs.yahoo.co.jp/zamasokutei/7669496.html

「当測定室について」(ご利用方法)
http://blogs.yahoo.co.jp/zamasokutei/folder/375371.html

「検体に関して」(持ち込む前にお読みください)
http://blogs.yahoo.co.jp/zamasokutei/folder/385652.html

運営資金の100円からのカンパのお申し出を受ける事にいたしました。

ゆうちょ銀行振替口座
座間放射能測定室(ザマホウシャノウソクテイシツ)
口座番号 00240-2-101226
他銀行からは 0二九(ゼロニキユウ)店(029) 当座 0101226








.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事