座間放射能測定室

ATOMTEX AT1320A にて測定いたします。046-251-3730 OnTwitter @zamasokutei

全体表示

[ リスト ]


ポーランド産のハーブティー(フラワー)を抽出したものを持ち込みいただき、
測定したところ飲用状態とはいえ、Cs-137が検出されました。

イメージ 1



ちなみに商品はこちら。

カリス成城 ヒースフラワー ホール WH 500g
http://t.co/Lqmk08iBLG


大元がどの程度なのか、という検証も必要かとおもい、購入してみました。

イメージ 3

近くだと伊勢丹の相模原店A館にも直営店があるようです。

イメージ 2

注文後に3日ほどで到着。早速測定いたしました。

すぐにこのようなわかりやすいピークが確認できます。

イメージ 4

残念ながらすぐに定量できてしまいますので、1800秒にて終了。

Cs-137の単一ピークですのでチェルノブイリ事故の影響かと思われます。

イメージ 5





考察しては、抽出されたお茶から考えた、ほぼ思った通りの数値となっております。

飲用への移行率としてはざっくりですが1/150ほどです。

こちらは健康志向の皆様の嗜好品であり、さらに開封したら継続的飲むものでしょう。

摂取もリスクとのバランスを考えて行ったほうがよろしいかと思います。

せめて何も伝えずにに人に差し上げるのは控えるべきでしょう。

日本の製品を嫌って海外のものに流れる場合も知っておいた方が良い事はいくつかありまして、

(一部の…ジャム、茸類、茶葉、メイプルシロップ、乾燥果実、ナッツ類、小麦粉など)

何れも測定する事で安全確認や数値の確認が可能となっております。

茶葉としては飲用状態で現在の基準値が10Bq/kg以下となりますので、基準値内となります。

(麦茶のみ水との代替性が高いという理由で、製品の状態で100Bq/kgの一般食品の基準値が当てはまる。)

※訂正>ハーブティー(緑茶と麦茶以外)は飲料水の区分には該当せず、飲む状態で一般食品の基準(100Bq/kg)が適用されます。(以下のリンクの9ページ目)

http://t.co/uS72VSWBKO

以前から飲んでいた方は…

震災以前の輸入食品の基準値370Bq/kgにあわせてもなんとかボーダーラインだったことになります。

※現在は一律国内の基準値が適応されております。

ただ、チェルノブイリ直後だとCs-137は理論的には倍、Cs-134も同程度あったでしょうから

いま以上の数値だったことは確かです。

福島の影響の将来を予測する、という意味では参考になるかもしれません。

個人的な興味ではあったのですが、高い測定となってしまいました。

さて、このあとどうしましょう。実はもともとハーブティーは苦手なのです。



いままでの測定結果一覧をご覧になりたい方はこちらをお読みください
http://blogs.yahoo.co.jp/zamasokutei/7669496.html

運営資金のカンパのお申し出を受ける事にいたしました。
ゆうちょ銀行振替口座
座間放射能測定室(ザマホウシャノウソクテイシツ)
口座番号 00240-2-101226
他銀行からは 0二九(ゼロニキユウ)店(029) 当座 0101226


この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事