座間放射能測定室

ATOMTEX AT1320A にて測定いたします。046-251-3730 OnTwitter @zamasokutei

全体表示

[ リスト ]

秋といえばまた茸や木ノ実が気になる時期です。

こちら今年2017年の福島県 飯舘村の野生の茸とトチの実の測定です。

イグチ系の茸は過去の高濃度汚染地域のものではものすごい数値が出ましたが

茸の中でも濃縮が高い茸だと思います。

イメージ 1

イメージ 2


それなりの数値が出ますので100ml容器にて測定。

結果はこちらです。

トチの実

イメージ 3

定量はできませんでしたがCs-134もまだ見えております。


イメージ 4

Cs比率もしっかりとしております。

約7000Bq/kgです。

エリアによってもかなりムラがあると思いますので過去の測定をこちらに
(参考まで)

トチの実は今回下がった形になります。(同じエリア)

イメージ 6


こちらが食品としては過去最大の数値を出した
長泥地区のイグチです。

イメージ 5
こちらは合算で約5万Bq/kgほどでした。
いまでもCs-137の数値はあまり変化はしていないのではないでしょうか。

野生の茸に関しては全国的に基準値100Bq/kgを超える可能性があります。
ご注意ください。

※放射能測定での数値は絶対値ではありません。機器や測定環境も左右する確率的な測定ですので、あくまでも参考値としてご活用ください。この個体(このロット)を測定した結果はその母集団の数値を保障するものでありません。また、不検出でも今回の測定が永続的な安全を保障するものでもありません。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事