座間放射能測定室

ATOMTEX AT1320A にて測定いたします。046-251-3730 OnTwitter @zamasokutei

全体表示

[ リスト ]

Cs-137だけ


いつもBLOGをごらんになっていただきありがとうございます。

さて、先日のチェルノブイリ由来を疑う測定に関しての対策です。

こちらは先日測定した乾燥しいたけの結果。

AT1320A、Cs-137のみ検出のときはこの様なピークになります。

6.57±2.41Bq/kg(10800秒)

イメージ 1
ご存知のとおり半減期が30年のCs-137だけが検出されるということは

震災前の核実験由来やチェルノブイリ由来ということになります。

それを確認するためにゲルマニウム半導体検出器でクロスチェックいたしました。

イメージ 2

ゲルマでクロスチェックするとやはりCs-137のみ検出。

Cs-137のみ4±0.8Bq/kg→ATのほうが若干高かった。

とはいえK-40が多い検体だったがしっかりコンプトン校正してくれていたので

まずまず優秀だと思いました。

ただ前回のゲルマでのクロスチェック(きなこ)でも同じくカリウムが多くあったわけですが

http://blogs.yahoo.co.jp/zamasokutei/6606863.htmlhttp://

こちらは逆にCs-137が過少評価されていました。原因は不明ですが…

両セシウムの連立方程式のようなアルゴリズムがATMAに存在するかなと思っております。

単一ピークですとまた話が違うのかもしれない?ということです。

もちろんこれから先(数年後)にはこのようなスペクトルに変わっていくのですが

予習も含めてですね…

さて

では、これもそうなのでしょうか???ちょっと再測定?して欲しい気もします。

http://www.city.aomori.aomori.jp/view.rbz?cd=13475

下限値が10Bq/kgですからね…その下は全く無いのか??

つまりはスペクトルを見せろ、ということなんですけどね。

いったい震災前はどれほどの茸の汚染があったのか??

以前書いたハナビラタケの測定の記事はこちらになります。

http://blogs.yahoo.co.jp/zamasokutei/6499191.html#6500808

天然きのこ食べたい!という方はこちらはいかがでしょう?

http://www.kinokosansai.com/


この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事