座間放射能測定室

ATOMTEX AT1320A にて測定いたします。046-251-3730 OnTwitter @zamasokutei

全体表示

[ リスト ]


さて、世の中には塩分の取りすぎや野菜不足と被爆による影響をくらべるような方々もおります。

では

放射性物質を含んだ塩分はどう説明されるのでしょう?興味深いところではあります。

(もちろん国の基準値以下ならなんの問題もないと言うところでしょうね)

もちろん醤油を1L飲んだら直ちに影響があります。(命にかかわります)

ですがそれを慢性的に摂取しますと高血圧などの影響も出ます。

ですので、外部被爆をおもいっきりハンマーで叩かれるのとかるく肩をなんども叩かれるのを比べるのも
またおかしな話です。(高温の油を浴びるのと毎日お風呂にはいる事をたとえる人もいますね)

ここ数日のニュースにもある、あらたな小児甲状腺がんの原因も、放射能によるものではない、

と断定するよりは、ここは「わからない」と答えるのが正解だと思います。

測定したのは←の醤油になります。

パルの測定に関してはこちら

http://blogs.yahoo.co.jp/zamasokutei/8548298.html

イメージ 1


さて、以下が当測定室での測定結果です。.

イメージ 2

ピークサーチにはCs-134の3本とCs-137もかかっておりますが
Cs-134は下限値以下となります。統計誤差も大きい。

微妙な測定結果となりましたので、情報をこちらで公開する前にGe(ゲルマニウム半導体検出器)にて
クロスチェックをいたしました。(長時間10800秒)

以下になります。

イメージ 3

こちらでも検出となりました。ピークサーチが高エネルギー側、796KeVのCs-134と662KeVのCs-137
だけとなりましたが、605KeVのCs-134も目視できます。

偶然だとは思いますが、AT1320Aの測定結果の数値とほぼ一緒ということとなりました。
(ちょっと安心しました)

上記結果を踏まえて

味噌や醤油などの国産の大豆加工製品にはそろそろ注意が必要かと思います。

個人的な感想だと、煮物や汁に使うよりは、刺身や餃子などに使い、大人が消費すればさほど影響は無い
気がいたします。(あくまでも自分用として納得して消費いたします) 味はよさそうですから…

国の基準値よりも遥かに低いので(大豆加工食品は去年まで作られたものに関しては500Bq/kgが基準値)
これをもってメーカーや販売者を責めることはおやめください。しっかりと国産と書いてあります。

あくまでも参考値として、個人の摂取量などの計算にお役立てください。

※放射能測定での数値は絶対値ではありません。機器や測定環境も左右する確率的な測定ですので、
あくまでも参考値としてご活用ください。この個体(このロット)を測定した結果はその母集団の数値を保障するものでありません。また、不検出でも今回の測定が永続的な安全を保障するものでもありません。











この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事