座間放射能測定室

ATOMTEX AT1320A にて測定いたします。046-251-3730 OnTwitter @zamasokutei

全体表示

[ リスト ]

筍測定&比較


まずは土壌(落ち葉を払ったあと上から5cm)の

ほぼ同じ環境の土壌の比較。

去年2012年4月と今年2013年4月です。

(2012年4月24日測定)

イメージ 1

※古いバージョンなので、測定結果のセシウム合計や検出下限値の表記がありません

セシウム比率は当時約 Cs-137:Cs-134=10:7 ほど。

(2013年4月9日測定)

イメージ 2

一年経ってCs-134は減衰しましたが、Cs-137はほぼ変わらず。

(I-131の数値はすべて鉛Pb-214になります)
詳しくはこちらをごらんください(天然核種についてまとめ

Csそれぞれの減衰は納得の変化。

この山は震災後も誰もはいっておらず、あまり変化がなかったようです。

開けた場所とうっそうとした場所では開けた斜面のほうが高い数値が確認されております。

あとはここで採れたたけのこがどの程度変化しているか?ということになります。

去年のものが約 16Bq/kgでした。

http://blogs.yahoo.co.jp/zamasokutei/4866269.html

↑の土壌の情報は40cmまでの土壌

(続きます)

【お知らせ】
筍の持ち込みお待ちしております。検体処理も合わせて無料で測定を行いますので
そのまま中ぐらいのサイズを2kg以上お持ちください。(棄却率50%ほど)
大きいと低め小さめ沢山だと高めの数値になる傾向があります。
さらに上半分と下半分でも数値が違います。
さらに土壌も合わせて測定可能です。上の落ち葉を払って、表土5cmほど採取したものを
(できればふるって) 1kgほど、もしくは100gほどお持ちください。
無料測定は先着順で締め切る可能性がありますので、電話にてお問い合わせください。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事