座間放射能測定室

ATOMTEX AT1320A にて測定いたします。046-251-3730 OnTwitter @zamasokutei

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

川村園


お茶の川村園さん、茶葉の測定のお話です。

茶葉で売るものは「濃縮された」茶葉の状態で測定して数値をお知らせしたい。

放射能に対しての考え方も、

検出があったものの数値や移行率を理解して賞味するのも
避けて産地を九州産などにするのも、それぞれ尊い考えであるので、
産地も数値も明らかにしてそれぞれのお客様が選べば良い

とのスタンスで、この数年間当測定室を利用していただいております。

今年も新茶が到着。

イメージ 1


測定結果はこちらです。

イメージ 2


こちら早乙女は静岡でも汚染の少ないエリアとはいえ
去年から数値や明確なピークも見えなくなっておりまして
今年に至ってはK-40に飲み込まれた可能性もなくはないですが
Cs-137のピークも判別が難しいレベルです。

NaI測定器では検出とはいえないまでに減衰しました。

そのほかの二種、伊勢茶、お国なまりは綺麗なスペクトルで
こちらは文句のつけようがありません。(以下参照)

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5


いずれも不検出(下限値以下)となります。

川村園さんのお茶の信用を回復したい、というお茶に対しての
思いと仕事へのプライドが測定につながっているのでしょう。

今回ご好意で、測定したあとの茶葉を100gづつにパックしたものを
みなさんにお配りしております。早乙女は売り切れましたので
お国なまり、伊勢茶、それぞれ7パックずつございます。
こちらへお越しのさいにはお知らせください。(レストランでもOKです)

今年の伊勢茶は渋みがつよく、関東の方にはウケがよいとのこと。
先着順ですが是非ご賞味ください。
通販はこちら
http://www.kawamuraen.jp/
放射能へ対しての考えはこちら
http://www.kawamuraen.jp/hpgen/HPB/entries/103.html
FBページはこちらです
https://www.facebook.com/kawamuraen?fref=ts

別件ですが、先日静岡の東部でもある御殿場の茶葉を測定させていただきました。
こちらは検出がありましたが、それでも10Bq/kg以下となっております(Cs-137)
測定そのものの分母が少ないのでなんともいえませんが、
2011年当時のお茶に対して激減した信用はもっと大きな回復傾向にあってもよいと思いました。
それにはやはり測定ですね。

※放射能測定での数値は絶対値ではありません。
 機器や測定環境も左右する確率的な測定ですので、あくまでも参考値としてご活用ください。
 この個体(このロット)を測定した結果はその母集団の数値を保障するものでありません。
 また、不検出でも今回の測定が永続的な安全を保障するものでもありません。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


2015年度の課題、東日本土壌ベクレル測定プロジェクトですが、
こちらのクラウドファウンディングがめでたく達成金額を越えました。
https://moon-shot.org/projects/68

あとは動くだけですね。

こちら、当測定室の測定員さんが実際に採取した際の記事なのですが
よろしければ参考にしてみてください。

簡単でしたー土壌採取(東日本土壌ベクレル測定プロジェクト)
http://ameblo.jp/relationship-zama/entry-12030422202.html

みなさまからの検体をお待ちしております。

線量計も貸し出し可能となっております。

イメージ 1

みんなのDSはこちら
http://www.minnanods.net/

採取マニュアルもこちらにあります。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

宮前区の苔


こちらは川崎市の苔の比較です。
以前のものは壁面から採取したものを測定したのですが、
(つまりは純粋に苔のみ)
http://blogs.yahoo.co.jp/zamasokutei/12455798.html

今回は地面コンクリート部分からの採取、
(土砂を含む)
いずれも強乾燥状態です。

イメージ 1

(こちらは採取後)

イメージ 2

(壁面のものと地面からのものは採取場所も時期もちがいますので、単純な比較はできません)

今回地面から採取した苔は、苔そのものの部分と、
苔に付着していた土砂の部分を分けて測定いたしました
さて、重さあたりだと、どちらが高いのでしょうか?

まずは苔部分が多くを占める状態で測定

イメージ 3

次に土砂部分です

イメージ 4


結果、土砂部分がほぼ1万Bq/kgに迫る勢いということになりました。

かなり乾燥してたのですが、舞い上がるときは乾燥している状態でしょうから、
強風の際にはこういったものが舞い上がるわけなんですが、

苔があることによってその舞い上がりも抑制されていることにもなるのでしょう。
苔には心で感謝しつつ、さわるのはやめておこうね、と子供達に教えたいところです。

このようなものがまだ身近にある関東の状況です。みてみぬふりはまだ早いかとおもいます。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

ボランティアさんが持ち込んでいただいた
日清シスコーン(粉砕処理)
COOP パンケーキミックス
の聞き取り調査と測定結果です。

こういった一見地味な消費者からの電話聞き取りにこそ
メーカーの品質や意識をささえる働きがあるのは、
たいていの企業勤めの方ならおわかりでしょう。

自分も(そろそろ時効なのでいってしまいますが)
某ビデオリサーチ社のほぼ毎週のアンケート業務を行っていた時期があり、
どんな製品を使っているかだけではなく、
普段社会的にどんなことをかんがえているか、
どんなことを生活の中核においているか、
どんなタレントに好感度を持っているか、
健康のどの分野に注意しているか、などその内容はかなり濃密
なものでした。
もちろん食品中の放射能をきにしている、
という回答も存在しておりました。
そのような質問に対しての回答を企業はお金を出してでもほしいわけです。

話が飛びました、測定結果はこちら
シスコーンです。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

次にCOOPのホットケーキミックスです。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6


いずれも不検出(下限値以下)となっており
Cs-137に残った数値も誤差のほうが大きい状況で、ピークと判断できる
ものものスペクトルにはみあたりませんでした。

さて、6月のはいっておりますが、5月の測定結果、(もしくは過去の測定結果)
を配信しております。

気になる方はこちらをごらんください。
http://blogs.yahoo.co.jp/zamasokutei/7669496.html

※放射能測定での数値は絶対値ではありません。
 機器や測定環境も左右する確率的な測定ですので、あくまでも参考値としてご活用ください。
 この個体(このロット)を測定した結果はその母集団の数値を保障するものでありません。
 また、不検出でも今回の測定が永続的な安全を保障するものでもありません。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

現政権の違和感


放射能とは(直接は)関係のないことなのかもしれません。

ちょっと政治の話ですが、大事な部分であったのでかいつまんでみました。

よろしければチェックしてみてください。

http://blogs.yahoo.co.jp/keinagaki/40961167.html

憲法の存在の意味、立憲主義国家の意味、がわからない国会議員はやめてほしいと
心から思います。




開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事