座間放射能測定室

ATOMTEX AT1320A にて測定いたします。046-251-3730 OnTwitter @zamasokutei

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]


いわきで釣ってきていただいたどんこ。をいただきましたので測定をいたします。
(小名浜 第二西防波堤 2016年 2/28採取)

イメージ 1

どううやらあちらではキモも一緒にたべるようです。

イメージ 2

こちらを一度加熱処理してから測定をいたします。

加熱する理由としては、腐敗対策(長時間測定が可能になります)と
濃縮することで充填率をあげて実質的な下限値を下げることができる、の2点となります。

イメージ 3


イメージ 4


オーブンにて焼いた後にプロセッサーにて粉砕したところ、
生の状態で1360gだったものが488gとなりました。約2.78倍濃縮ということになります。
肝臓部分は今回は除いてございます。というのもセシウムは筋肉組織にたまりやすいという状況ですので、
加えることによって逆に薄まってしまう可能性があるためです。
以前魚卵ではそれが顕著でしたが、肝臓だと解毒に関わる部分だけに興味もありましたが、現状そのあたりは不明です。おそらくどこかが実験はされているかとは思いますが…

測定結果はこちらになります。

イメージ 5


Cs-134,Cs-137いずれも検出となりました。合算値で約8Bq/kgとなっておりますが
実際に生の状態ですとそれを2.78で割りますので 約2.8Bq/kgということになります。
割と現実的な数値ではないか?というのが個人的な感想です。

やはりF1の湾内は別格なのでしょうが、今回のドンコも今回一発だけの測定ですので、
測定を続けないと比較はできませんね。(あがってるのかさがってるのか)

参考までにこちら厚労省のデータベースです。
(エゾアイナメ)
http://www.radioactivity-db.info/product.aspx?category=%E6%B0%B4%E7%94%A3%E7%89%A9&product=%E3%82%A8%E3%82%BE%E3%82%A4%E3%82%BD%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%A1&page=5

いわきでも2014年ぐらいに10以下でちらほらでている感じですが、
ここ最近は不検出(下限値以下)です。
やはり下限値に隠れているものもあるのでしょうね。

現在Cs-134とCs-137の比率はおよそ1:4ほどになっておりますが、汚染水が相手となると
よくわからない部分もあるため、Cs-134が高めにでたのも天然核種の影響があるのか
それ以外の理由なのかも不明となります。ゲルマニウム半導体検出器ならそのあたりも
きっちりしてますので、そこが当測定では至らない部分です。

またぜひ貴重な検体採取をお願いできればと思います。

※放射能測定での数値は絶対値ではありません。
 機器や測定環境も左右する確率的な測定ですので、あくまでも参考値としてご活用ください。
 この個体(このロット)を測定した結果はその母集団の数値を保障するものでありません。
 また、不検出でも今回の測定が永続的な安全を保障するものでもありません。



いままでの測定結果一覧をご覧になりたい方はこちらをお読みください
(検体リクエストのアドレスもこちらでおねがいいたします。)

http://blogs.yahoo.co.jp/zamasokutei/7669496.html

「当測定室について」(ご利用方法)
http://blogs.yahoo.co.jp/zamasokutei/folder/375371.html

「検体に関して」(持ち込む前にお読みください)
http://blogs.yahoo.co.jp/zamasokutei/folder/385652.html

運営資金の100円からのカンパのお申し出を受ける事にいたしました。

ゆうちょ銀行振替口座
座間放射能測定室(ザマホウシャノウソクテイシツ)
口座番号 00240-2-101226
他銀行からは 0二九(ゼロニキユウ)店(029) 当座 0101226


全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事