座間放射能測定室

ATOMTEX AT1320A にて測定いたします。046-251-3730 OnTwitter @zamasokutei

加工食品と調味料の測定

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

2014白桃缶詰


サンヨーの白桃の缶詰を測定させていただきました。

イメージ 1

検出が無いならやはり中国産よりも国産のほうが良いでしょうか。

イメージ 2

業務用の大きなものもあり(850g)割とつかっているパティシエも多いのではないでしょうか。

イメージ 3

過去には(2年前)検出例もあったようです。
今回の測定結果はこちらです。

イメージ 4

今回の測定では無事不検出となっております。一安心です。
こちらの検体はふじみ野市のケーキ屋さんレゼルブランシュさんからの提供でです。
現在使用を検討中とのことです。(ベクレルフリーライフさんより)
http://www.bqf-life.com/#!lesailes/c1anq
一般の方にも役立つ検体はうれしいですね。


味噌 2014年その


先日の味噌の測定結果です。

こちらの2検体です。

イメージ 1

マルキュー無添加生みそ こし 750g 消費14.10.19
(過去二回測定あり)
9000秒測定にて 不検出(Cs-137<1.14Bq/kg Cs-134<1.06Bq/kg)

ヤマキウ 秋田味噌 国産原料 寒仕込み消費14.10.17
7200秒測定にて 不検出
(Cs-137<1.24Bq/kg Cs-134<1.16Bq/kg)

その他の過去の味噌の測定結果は
味噌2014年
http://blogs.yahoo.co.jp/zamasokutei/10711068.html
味噌・豆腐
http://blogs.yahoo.co.jp/zamasokutei/10298046.html
味噌②
http://blogs.yahoo.co.jp/zamasokutei/9505434.html
味噌で過去記事検索
http://blogs.yahoo.co.jp/zamasokutei/MYBLOG/yblog.html?fid=0&m=lc&sk=0&sv=%CC%A3%C1%B9

などをよろしければご覧ください。


※放射能測定での数値は絶対値ではありません。機器や測定環境も左右する確率的な測定ですので、
あくまでも参考値としてご活用ください。この個体(このロット)を測定した結果はその母集団の数値を保障するものでありません。また、不検出でも今回の測定が永続的な安全を保障するものでもありません。


海水塩


パスタをゆでるときに使用している海水塩です。
(調理用はヒマラヤ岩塩)

イメージ 1

(兵庫県 赤穂市の海水)

測定結果はこちらです。

イメージ 2
不検出(下限値以下)

1500g充填出来ればここまで下限値がさがるのですね。
実際のところはともかく、見た目の下限値としてはCs-137で0.47Bq/kg
こちらはイオン膜式なので、天日や窯で蒸発させるのではなく、
電気分解的に濃い塩水にしてから、のようですので、また違った濃縮ですが、
http://www.shio-ya.com/general_salt/ion_exchanged.html
真面目に天日や窯で濃縮すれば…
海水の塩分濃度が3%とすると、塩1534gは海水約51L分ですので
海水として下限値を換算すると 約 0.0092Bq/kgとなるのでしょうか?
原発に近い場所の海水で塩を作っての測定など可能?

とおもいきや、そんなに単純ではありませんでした。

↓教えていただきました。

自然海塩の場合はニガリ成分を脱汁するので、塩を測定することで海水のすべてが測定できるわけではなく
http://www.uminosei.com/uminosei/oishiishio/

30%の濃度で脱汁するわけですね。
そんなに簡単にできるものではない、まさに手塩にかけて出来るもの…

塩の結晶ができない程度に濃縮(飽和する直前ですね。)

というのが現実的なところかもしれません。

1Lに対して 20℃では、263.9×1.1999= 316.6g 

ですから1/10ほどにはなるようです。つまり下限値的にはCs-137で0.1Bq/kgほどまでが限界でしょう。

(それでもかなり大変でしょうが…)

塩以外のものもはいっているでしょうから、理論値まではいかないでしょうね。




転載元転載元: シェフのだらりん日記★NaI(TI)食品測定室運営中


まずこちらは2013年の測定結果となります。

http://blogs.yahoo.co.jp/zamasokutei/8622135.html


今年もまた測定して比較してみたいと思います。

今年もゲルマニウム半導体検出器でのクロスチェックをいたしましたので
あわせてご覧ください。

イメージ 1

まず上記リンクと同じですが、去年の測定結果です。
当測定室 AT1320Aでの測定結果
※900mlですので1000mlには若干足りません。比重は水よりもあるので1078gとなります。

イメージ 2

CRMSせたがや、ゲルマニウム半導体検出器による測定結果。

イメージ 3
こちらが今年の測定です。
まずこちらは、当測定室での測定結果です。
同じく900mlでの測定です。
イメージ 4

微妙な結果となりました。Cs-137のみ定量。
Cs-137とCs-134の比率も下限値以下ながら現実的な数値となっておりますので
今年も精度確認の意味も含めてゲルマニウム半導体検出器にてクロスチェック
をお願いいたしました。信州放射能ラボさんです。

結果はこちらです。

イメージ 5




Cs-137のみ定量です。(Cs-134も痕跡はありますね。)
去年のCRMSせたがやとのクロスチェック結果もでしたが、AT器との結果とほぼ同じです。
たまたまでしょうが、液状のものは得意なのかもしれないという印象です。ただ900mlでの測定時に
このようにゲルマと非常に近い数値になる、ということでもありますので、この点は非常に興味深いです。

パルシステム、去年の聞き取りと測定状況はこちらです。
http://blogs.yahoo.co.jp/zamasokutei/8548298.html

しょうゆ1kgで上記の結果、おそらく 1.2Bqほどを摂取することになります。
日本人の醤油の年間の摂取量は30年前で一人10Lほど、
現在だと 年間7Lほどとのことです。
重さで計算しますので、1Lで1200gほど、7×1200=8400=8.4kg
8.4×1.2=10Bq/年間 ほどの摂取になるのでしょう。

醤油の摂取量と使用量はまた異なりますので、ご家庭でどの程度消費するか、とはまた別の話ですね。
(煮物やスキヤキの煮汁を全部は飲みませんし、お刺身の醤油も使い切りませんので)

海外産の大豆使用の大手のものを使うか、真面目に作った国産醤油を使うか、それぞれの
判断もありますので、各自が数値や原材料、さらには味の好みも踏まえた上で判断して
いただければと思います。

とにかく先日のりんごジュースにもいえることですが、一度測定、特に検出のあったものに関しては
次の年度も測定して数値の減衰を確認することは非常に有意義なことだと思います。
このような各測定所が行っている活動が、今現在も使われている「風評被害」という原子力災害の「実害」を可視化し、
さらに、数値やその減少を明らかにして消費者と生産者を嘘の無い形でつなげ、
その流通を助けることに繋がると感じておりますがいかがでしょうか?

ゼロを絶対保証できる食品はありません。可能な限りゼロを目指したいという消費者の感覚も
非常に良くわかりますが、せめてこの争いの原因が何なのかを今一度思い出してもらいたいと思います。



追記(2014/6/2)

先日おのみち測定依頼所さんからお知らせをいただきました。
おのみちさんでも同商品の測定をして不検出となっていたとのことです。
当測定室の測定結果を踏まえて、
わざわざ再測定とGeによるクロスチェックをしていただきました。
是非こちらの記事をごらんください。
http://onomichi-labo.blogspot.jp/2014/05/2014_30.html

ロット違いで、検出、不検出の可能性
もしくは
当方と信州放射能ラボさんの検出が誤検出の可能性
があるということにもなります。

先日の聞き取りの結果では

大豆は2012年 秋田産、小麦粉は2012年 北海道産 ということです。


※放射能測定での数値は絶対値ではありません。機器や測定環境も左右する確率的な測定ですので、
あくまでも参考値としてご活用ください。この個体(このロット)を測定した結果はその母集団の数値を保障するものでありません。また、不検出でも今回の測定が永続的な安全を保障するものでもありません。


検体提供いただきました。 チョーコー京風だしの素うすいろ

イメージ 1

イメージ 2

変な添加物も無いのでよさそうですね。ちょっとした料理に便利そうです。

測定結果はこちらになります。

イメージ 3
長時間測定の結果不検出(下限値以下)となりました。
また、怪しい数値やピークも見えませんでした。

私は初めて手に取りましたが、実は割と皆さん使っているようですね。

こちらも以前測定したとのことでしたが、

普段
よく使うものだけに、定期的に測定したい、ということのようです。

とても理にかなった測定かと思います。

先日とある麺つゆを3倍に煮詰めた検体を見せていただきました。

水飴のようで、すごいことになっておりました。
ものによってはかなりの糖分が入っているということですね。

ちらちら数値が見えるようなら、そのような処理をしての再測定も必要かと思います。

同じメーカーさんの「こいいろ」を阪神 市民放射能測定所さんが測定されておりました。
http://hanshinshs.blog.fc2.com/img/20140228171639247.jpg/
(測定器はCSK3i)

ありがとうございます。



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事