クルマと エネルギーと 地球の未来と ...

燃費ヲタ・エネヲタ・メカヲタのエコ者が綴る、クルマと環境問題についての 『自分用スクラップブック』

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

Causes of Birds Fatalitles ( 鳥類の死亡原因 )
 1万件中、上から
  風力発電 : 1以下 (?)
  通信タワー : 60
  農薬 : 710
  運輸機械 : 850
  ネコなど : 1060
  高圧送電線 : 1370
  ビルディング/窓 : 5820



 バードストライク (Wikipedia)


クリーンエネルギーとして注目を浴びている風力発電ですけど、
鳥愛好家 と 自然エネルギー推進論者 との間で、ややもすれば『エコvsエコ』という対立ともなっているのが、
バードストライクの問題です。

鳥衝突のリスクを ゼロ にすることは難しいでしょうけど、減らすための方策は検討されています。


ただ、
高層ビルや橋梁・高架、灯台など、さまざまな設備でのバードストライクが報告されている中で、
風力発電による事故死は全体の 0.01%程度、という見積りもあります。

生態学的には、
農薬、誤食、漁網被害、水質・大気汚染、森林伐採、干潟の減少、気候変動、などの方が、
風力発電よりもはるかに影響が大きいものと考えます。

特に、
化石燃料・原子力などによる汚染、バイオ燃料推進に伴う生息域減少、温暖化による環境変化
 ...などを回避する効果を風力発電が具えていることは考慮されて然るべきでしょう。
( 英国王立鳥類保護協会 などは、「鳥類保護と風力発電推進とは両立する事ができる」 「誤って風力発電を拒否する事は、結果として大災害をもたらす」 という旨のアナウンスで、風力発電の推進を支持していますね。)


この問題、
ホンネでは、景観問題での嫌悪・禁忌が根本にあり、絶滅危惧種うんぬんはその方便、
 ...といった様な、客観的とは思えない主張も見受けられます。


最新の大型タービンは、可変ピッチ制御や翼形改善などにより、低回転化が進んでいます。
これは騒音低減・耐用年数延長にも適う事ですが、鳥からも認識しやすくなり飛び込む危険性は減少します。
また、モノポール型タワーは、従来の様に鳥が留まったり巣を作るような行動を取ることもありません。
http://farm2.static.flickr.com/1211/744829811_2093c413e9.jpg


とはいえ、
推進派・反対派 双方とも安易な一般化は禁物です。

また、
風力反対-鳥愛護派 からは以下の様な論点も挙げられています。
「 比率は低くとも、個体数が少なく繁殖成功率の低いイヌワシの様な希少種では、1個体死亡の影響は甚大 」


「開発と保全のトレードオフ」 はあらゆる方面の開発につきものであり、
総合的なリスク評価を継続する事は望まれます。

対策としては
1.野鳥の生態、生息数、渡りのルート など把握し、影響の少ない設置場所、タービン形式、運用法 を選定する。
2.低回転型の風車を採用する。( 騒音を下げることにも有効 ) および、モノポール型のタワーを採用する。
3.ローターに彩色し、野鳥からの視認度を高める。
4.レーダー・ソナーなどによるモニタリングをおこなう。( 下の 5 の条件を満足することにも有効か )
5.フラッシュ光・音波・電波などにより警戒を促す。
  ...などが挙げられると考えます。


参考

 世界中の鳥が絶滅の危機に アースポリシー研究所 ( 訳 : e's Inc )



 風力発電事業における鳥類衝突リスク管理モデル 島田泰夫(日本気象協会)/松田裕之(横浜国立大)
 風力発電と鳥の共存について 松田裕之

 風力発電施設が鳥類に及ぼす影響 中津 弘(大阪府立大)


 行き過ぎた風車バードストライク騒動は鳥を打つ 南北海道自然エネルギープロジェクト

 野鳥の衝突事故を防げ!! 宮島沼(北海道美唄市)のホームページ

 assessment of windfarms RSPB 英国王立鳥類保護協会 2008
 UK can have wind power and wildlife 同 2009

 Benefits of Wind Power Audubon Society (USAの愛鳥団体) 2007

 results of Radar monitoring NERI デンマーク環境省

 Wind Energy Myths NREL 米国再生可能エネルギー研究所






〜7/8追記〜

この様なページが見つかりました。
 猛禽の森

冒頭で紹介されている カリフォルニア州の Altamont Pass は、
世界でも最も多くのバードストライクが報告されており、またこの問題における象徴ともなっている地域です。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/df/05/zaqwsx_29/folder/848660/img_848660_15720061_42?1247043081
その問題点としては、以下が挙げられます。
◇ 1980年代に建設された巨大ウィンドファームであり、環境への配慮が現在ほどではなかった。
◇ 風力発電所の造成による環境変化が、猛禽類の餌動物に生息場所を提供してしまった。
◇ トラス式タワーの風車が多いため、留り木としても飛来する。
◇ 旧式で小型・高回転型の風車が林立しているので、当然に鳥が巻き込まれる確率が高い。

この様に、
バードストライクが多発する風車と、そうではない風車とが存在することは広く指摘されています。
事故が起こりにくい風力利用のパターンを採用すれば被害を減らせるという可能性はあります。


とはいえ、
私も山間地などにウィンドファームを建設することには やや懐疑的です。
風況は必ずしも最善とは云えず、建設時の環境破壊も相対的には大きく、リスクトレードでの割は良くないのではないか? ...と考えるからです。

推進が望まれるのは、洋上風力発電ですね。 効率は、陸上の概ね2倍程度。
トリさんたち生息テリトリーを避けるための立地の選定も、陸上風力より自由度が高い様ですから。




カテゴリ : 《生態系》 《再生エネ》 《風力》 ***

閉じる コメント(14)

顔アイコン

風力に反対する愛鳥家たちには反捕鯨の連中にも似通ったおセンチを感じる。
象徴的な事例にのみ飛び付いて、生態系全体で鳥や鯨が瀕している影響は気にしないのか。

その「猛禽の森」というリンクも、鳥衝突が懸念されるというならそれだけを主張しておけばいい。「二酸化炭素削減に全く寄与せず」などという事実に反することを言うから胡散臭くもなる。
(化石燃料のエネルギ収支が1を超えるわけはない。エネルギー収支とコスト収支を混同?)
風力の評価を下方修正して太陽光の評価を上方修正することで、相対的に風力の評価を下げる、という作為の匂いも感じられる。 削除

2009/7/13(月) 午後 2:17 [ keisuke@nm ] 返信する

顔アイコン

あの「猛禽の森」の、EPR関連のデータは全体に古いとは思います。

> 火力のエネルギ収支が1を超えるわけはない。
指摘されているのは「電中研報告書などによる」という表だと思いますけど、
電中研は実際に以前あれに近い値を出しています。
ただ、それは燃料それ自体が持つエネルギーを無視した古いデータですけどね。
運転用燃料のエネルギーを考慮するなら、仰る通り、火力のEPRは1以下です。
> 作為の匂いも感じられる。
恣意的な感のする部分も確かにありますよね。

ただ、
バードストライクの被害統計については、
例えば 日本野鳥の会 と JPEC とが異なる値を出しています。
いずれにせよ被害を減らす対策は必須ですよね。

2009/7/13(月) 午後 7:00 [ 平山 滋 ] 返信する

顔アイコン

日本野鳥の会
http://blogs.yahoo.co.jp/weit_jp/10579145.html 削除

2009/7/16(木) 午後 4:41 [ keisuke@nm ] 返信する

顔アイコン

延縄漁業で死ぬ鳥の数は3億羽といわれていて、風力発電の鳥衝突の1万倍以上になる。

にもかかわらずgoogle検索の結果は
「風力発電 バードストライク」 の検索結果 約 4,550 件
「延縄漁業 鳥 混獲」 の検索結果 約 473 件

これはあまりにもバランスを欠いていると言わざるをえない。
鳥愛好家たちは文句を言う相手を間違えている。
結局は鳥衝突云々もNIMBY反対運動のいいがかりにすぎないのではないか? 削除

2009/7/16(木) 午後 5:02 [ keisuke@nm ] 返信する

顔アイコン

提示されているリンクは、
風発に携わっている方の記事ですから、話半分に聞くべきなのかも知れませんけど、「日本野鳥の会は,長期的に自然環境を保護し種を守るよりも,短期的に個々の野鳥を守ることしか興味のない団体」というのは、その通りだという気はしないではありません。

魚網による鳥類の被害については、
最低かつ確実 とされているセンでも 毎年およそ30万羽 と見積もられている様で、
いずれにせよ風発による被害とはケタが違いますね。
それ以外にも、
クジラ・イルカ、ウミガメ、などそれぞれ数十万頭ほどが「混獲」の犠牲になっているとされていますね。 網・縄に掛かる物の20%以上が漁業者の獲物である魚介類以外の海洋生物で、命を奪われた末に投棄されている、という説もありますね。

ただ、
風発のバードストライクだって痛ましい事故であることには、違いはありませんよね。

2009/7/17(金) 午前 4:26 [ 平山 滋 ] 返信する

顔アイコン

自然がこうむっている被害と風力発電の関係について理解することができました。確かに猛禽の被害は印象批判であることはわかります。数字は嘘を言いませんが、数字を提示する人間の意思を反映することもあると思います。
洋上風力発電はこうした被害にかなりよく対応できそうですが、アホウドリなど風にのって飛ぶ海鳥の生態は実のところほとんどわかっていません。

2009/7/17(金) 午後 10:07 taimyrensis 返信する

顔アイコン

taimyrensisさま 御訪問およびコメント有難うございます。

> 数字は嘘を言いませんが...
例えば、
鳥類の魚網被害について、私は「毎年30万羽」 という値を挙げていますけど、
keisuke@nmさまの挙げられている「3億羽」を否定しているわけではありません。
確実なところはハッキリしないからです。
バードストライクの被害と、その内の風力発電が占めている被害についても、
安易な一般化は禁物ですよね。

> 海鳥の生態は実のところほとんどわかっていません。
なので調査・研究が求められます。
本文中にリンクを提示している、レーダー・モニタリングに関するNERIの記事などは興味深いものですけど、「鳥には風車を回避する習性がある」(?)という研究結果も、全ての類種の鳥に一般化して良いことではないでしょう。 現実に風車によって衝突死している鳥もいるわけですからね。

古い情報に則した誤ったネガティブキャンペーンを行う団体が存在することも問題ではありますが、ディベロッパー側にも適切なアセスメントが求められますよね。

2009/7/18(土) 午後 1:00 [ 平山 滋 ] 返信する

顔アイコン

ここまで詳細な議論をしていただいて感謝です。

どのような形でも発電施設は大規模な建造物になり、現地の自然にいくらか影響を与えることは避けられません。環境アセスメントに関しては調査の方法などによって結論が大きく変わる可能性があります。現地の自然をできるだけ正確に把握し、ダメージを最小限に抑えることが重要で、野鳥の会はそういう現状把握に参画すべきと思います。

2009/7/20(月) 午後 9:51 taimyrensis 返信する

顔アイコン

初めて伺いました。
愛・地球博の時、瀬戸会場の入り口にローター直径4m、2.5kwの風力発電を設置するため地盤調査を行ったところで急遽、中止の憂き目にあった経験があります。
中止理由はまさにバードストライクです。野鳥の会も登場しました。
「一匹でも風車の下に鳥の死骸があったら撤去」といわれ、設置を断念した苦い思い出があります。
この企画は「風力発電と太陽光発電でEV自動車」というもの。私と日本EVクラブ愛知の代表と数年かけての企画でした。「残念!」
EVクラブの代表は、東京暮らしの時排ガスで健康を害し、電気自動車の普及を志した方。鳥に負けました!!!
オイルピークを過ぎた現在、生活レベルの後退か、化石燃料に依存しないエネルギーへの転換か、の二者選択。もしくはエネルギー転換を
徹底的に行い、だめなら生活レベルの後退。という方法。
私は後者が重要と思い、ちくでんSUNを開発し、販売しています。

2009/7/29(水) 午後 6:27 エコバカ 返信する

顔アイコン

エコバカさま こんにちは。
貴重な体験談を有難うございます。

2009/7/29(水) 午後 8:13 [ 平山 滋 ] 返信する

顔アイコン

>「 誤って、風力発電を拒否する事は、結果として大災害をもたらす 」
イギリスの鳥類保護協会が本当にそんなことを言ったんですか?
co2しか頭にない温暖化オタクのハッタリですか?
Wikipediaのデタラメ記事のコピペですか? 削除

2009/8/3(月) 午前 9:17 [ . ] 返信する

顔アイコン

>「一匹でも風車の下に鳥の死骸があったら撤去」といわれ、
>設置を断念した苦い思い出があります。

あれだけの建築物に一羽も衝突しなかったなどというのはありえない。建築物への衝突はノープロブレムだが風車はだめ???
非常にバランスを欠いた主張です 削除

2009/8/3(月) 午後 3:45 [ 佐藤 ] 返信する

顔アイコン

RSPB(The Royal Society for the Protection of Birds)は風力発電を推進すること,原子力発電所は新規に建設しないことを主張しています。
http://www.rspb.org.uk/ourwork/policy/windfarms/index.asp 削除

2009/8/3(月) 午後 4:53 [ 佐藤 ] 返信する

顔アイコン

匿名さま 佐藤さま
御訪問およびコメントありがとうございます。

匿名さまの仰る通り、Wikipediaも決して無誤謬ではありません。
( しかし、温暖化問題に関する記述は概ね妥当なものだと考えます。)

でも、
本文中で私が挙げた「英国王立鳥類保護協会=RSPBのアナウンス」は、
実際にそう書いてあるんですよ。マゴビキなんかではありません。
http://www.rspb.org.uk/news/details.asp?id=tcm:9-213213
より、
“ Get it wrong and people may reject wind power. That would be disastrous. ”
訳 「 誤って、風力発電を拒否する事は、結果として大災害をもたらす 」

RSPB も Audubon も、
以前は風力反対だったそうですけど、方針を変換したとのことです。

両組織には、気候変動政策を担うセクションもあり、
総合的なリスク評価を検討している様です。

2009/8/3(月) 午後 6:27 [ 平山 滋 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(2)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事