クルマと エネルギーと 地球の未来と ...

燃費ヲタ・エネヲタ・メカヲタのエコ者が綴る、クルマと環境問題についての 『自分用スクラップブック』

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


https://www.afpbb.com/articles/-/3229671
体内へのプラスチック摂取、1週間にクレジットカード1枚分 研究結果
 AFPBB News 2019年6月12日 発信地:パリ/フランス

 世界中の人々が毎週クレジットカード1枚分に相当する5グラムのマイクロプラスチック粒子を摂取している可能性を指摘する研究結果が12日、明らかにされた。

 豪ニューカッスル大学(University of Newcastle)などの報告によると、ほとんど目に見えないプラスチック粒子が水道水やボトル入り飲料水から摂取されている他、貝やビール、塩からも検出されたという。

 52本の学術論文から導き出された結果によると、人間が1年間に体内に取り込むプラスチック量は、推定約250グラムに上るという。

 別の研究では、平均的な米国人が1年間に食べたり飲んだりしている130ミクロン以下のプラスチック粒子は約4万5000個に上ると算出。さらに、ほぼ同量のプラスチック粒子を吸い込んでいるという。

 今回の研究を委託した世界自然保護基金(WWF)のマルコ・ランベルティーニ(Marco Lambertini)事務局長は「プラスチックは海と河川を汚染し海洋動物を殺すだけでなく、われわれ全員の体内にも入り込んでいる」「プラスチックを体内に存在させたくなければ、年間数百万トンのプラスチックが自然界に漏出することを阻止しなければならない」と述べた。

  (c)AFP/ Marlowe HOOD









イメージ 2  イメージ 3  イメージ 4  

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)





10年後に放射線科医は不要に、サン・マイクロシステムズ共同創業者語る _ TechCrunch Japan 2019年6月13日

電磁波の「最後の死角」 テラヘルツ波の可視化で新手法 - MIT Tech Review 2019.06.07


殺虫剤で蚊が増える、予期せぬ副作用が明るみに _ ナショナルジオグラフィック日本版サイト 2019.06.04

「死の海域」が過去最大規模のおそれ、米国南部 _ ナショナルジオグラフィック日本版サイト 2019.06.13


代替肉が映す未来 食の変化、省エネが迫る  _ 日本経済新聞 2019/5/31




森林保護でチェーンソー輸入禁止、製材所も5年以内に閉鎖へ スリランカ :AFPBB News 2019年6月10日

まさにアイアンマン!ダウニー・Jr、最新テクノロジーで環境保護に取り組む団体設立 - シネマトゥデイ 2019,6,6



イメージ 2  イメージ 3  イメージ 4  

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事