ここから本文です
ザりガニパンチ☆ブログ
ザリガニあれこれ

【ザリガニ】テキトーな水合わせ(笑)


新たにオレンジドワーフ(CPO/Cambarellus patzcuarensis orange)のメス2匹をザリ友さんからお迎えしました

ちょうどいい機会なので当たり前すぎてあまりスポットの当たらない“水合わせ”についての動画を撮影してみました
私のやり方はかなり雑な方法ではあるんですが、人の話を聞いていると「それは雑すぎるだろ!」っていうものや「いやいや、そこまで慎重にしなくても...」といった感じで極端な方が多いんですよね
今回紹介するのは私の中でザリガニの水合わせならこれくらいでいいんじゃない?という普段通りのリアルなやり方です

まず本来なら届いた状態(袋やカップ)のまま水槽に浮かべて水温を合わせる“水温合わせ”を行います
ただ、これは例えば真夏や真冬といった時期によくある「保温された輸送中の水温とこれから入れる水槽の水温に開きがある場合」にすべきであって今(4月)のような時期には水温がそれほど変わらないため水温合わせはパスしてしまっています

で、まず届いた状態からプラケースなどの容器にザリガニと水をあけます
そしてそこに「水槽の水をプラケに」「プラケの水を水槽に」を適当に繰り返す、ただそれだけです(超簡単!)
誤って覚えて欲しくないんですが正確な意味ではこのやり方は間違いです
というのも生体と一緒に送られてきた水には何かしらの病原菌だったり汚染物質だったりが入っているおそれがあります
まあもともとその水で飼われていたわけですからそんなに危険なものはないとは思いますがもし入っていた場合その水を水槽に入れてしまうと水槽に元々いる生き物が病気になったり調子を崩してしまうことがあり得るんですよね
なので正しくは「水槽の水をプラケに」だけを繰り返す
それで送られてきた生体がその水になじんだら生体だけを取り出して水槽に移す
これが正しいやり方です
でも私はザリガニしか飼ってませんし現状ザリガニ飼いの中でザリガニの病気が流行している訳でもないので送られてきた水ごと水槽にドバーッしてしまいます(笑)

極端な方はドボン(水合わせなしでダイレクトに水槽イン!)だったりビーの点滴法のように実に丁寧に水合わせをされている方もいるんですが私はその中間のやり方でいいんじゃないかなーと思います
それでも自分の気の済むようにやるのがストレスを溜めないという意味ではいいのでやりたいようにやってください(笑)
水合わせの度合いが分からないという方は私のやり方を参考にしていただければと思います




Twitter←現在はこちらをメインに活動しております

5月3日(木・祝)BLACK OUT!横浜・横浜産貿ホール マリネリア
5月6日(日)爬虫類市場・アゼリア大正ホール
6月10日(日)BLACK OUT!東京・東京都立産業貿易センター台東館
7月7日(土)8日(日)レプタイルズフィーバー・ATCホール

ザリガニブログランキングに参加しています!
イメージ 1



イメージ 2

この記事に


【ザリガニ】変形ハサミの白ザリガニ


面白いザリガニがいるので見てほしいんですよ
白ザリガニ、アメリカザリガニ(Procambarus clarkii)の白色個体なんですが左のハサミが4本あるんです!
この子は昨年うちに来てそれからずっと脱皮していなかったんですがたしか1〜2週間前に脱皮しました
来たときはハサミが3本だったんですが脱皮で1本増えちゃいましたね
以前知り合いの所にこれよりも複雑でハサミがトナカイの角のような形になっていた子がいたそうなんですがその子は脱皮で普通のハサミになったという話を聞いていたのでうちの白ザリも脱皮で戻ると思っていたんですが増えることもあるようです

この子のハサミの画像をtwitterとインスタにアップしていましたがインスタの方に同じように変形ハサミの子を飼育されている方からコメントをいただきました
「変形した部分はハサミとして認識されるのか又が増えるようですね」といった内容でしたがなるほどと思いましたね
自切で根元からハサミを失った時ってエノキのような先端が丸い状態の脚の元のようなものがまず生えてきますよね
そこから脱皮でハサミの形になるのでもともとハサミの形を取り戻す修復プログラムのようなものがあるのかもしれません

この次の脱皮でハサミはさらに増えるのか、それとも普通の形に戻るのか
また経過を報告したいと思います




Twitter←現在はこちらをメインに活動しております

4月22日(日)エキゾチックレプタイルエキスポ・浜松市総合産業展示館
5月3日(木・祝)BLACK OUT!横浜・横浜産貿ホール マリネリア
5月6日(日)爬虫類市場・アゼリア大正ホール
6月10日(日)BLACK OUT!東京・東京都立産業貿易センター台東館

ザリガニブログランキングに参加しています!
イメージ 1



イメージ 2

この記事に


【ザリガニ】ゴールデンキングの特殊個体発見?!


この個体はゴールデンキングと呼ばれるアメリカザリガニの改良品種です
以前ザリガニ仲間のSORATOさんがブリードされたものを4匹お迎えしました
その時はまだ1cmあるかないかのチビッ子でペットボトル槽の穴を潜り抜けてしまうサイズのため、単独飼育できる大きさまで育てようと大きい容器にヤシ繊維やら落ち葉やらで共食いを緩和しつつ4匹まとめて飼育していました
そんなごちゃごちゃ水槽なのでエサやりの時も姿をほとんど確認できず、昨日久しぶりに4匹元気に育っているか確認しようと取り出してみると....
この動画の個体が見つかりました!!!

レンズを通すとうまく写らないのがもどかしいのですがまず左右の白い色抜けのサイズが異なります
そもそもゴールデンキングは体の側面が白く色抜けするのが特徴なんですがその面積が左右で違うんですね
右側が広く、左側が狭いです
また、色がついている部分にも左右非対称で黄色い部分とオレンジ色の部分があります

さっそく撮影してSORATOさんにご報告したところ、ひとつの個体に黄色とオレンジが同時に存在しているのに驚かれていました
確かに私が見てきたものでもゴールデンキングは白抜けを除くと色のついている部分は黄色だったりオレンジ色だったりの単一色なんですね
単一色であれば黄色やオレンジ色の違いは環境や個体差などの要因でもたらされた“色の濃淡”で説明がつきますがその二色が同時に存在するとなるとその二色は別々の要因で出てきている可能性が出てきます
ちなみにSORATOさんがキープされている兄弟個体はみんな通常のゴールデンキング表現でこの個体のようなのはいないそうです

ゴールデンキングは日本に入ってきてから日が浅く繁殖事例も少ないです
遺伝的に固定されているのか他のパターンも生まれて選別されたものが日本に入ってきているのかもわかりません
SORATOさんはご自身で繁殖されてそういった点を検証されているんですがその中の一匹でこのような個体が生まれたのはとても面白いですね
この個体自身やさらに子をとることでゴールデンキング作出の秘密改名に近づくかもしれません

責任重大ですがなんとか無事に育てたいと思います




Twitter←現在はこちらをメインに活動しております

4月8日(日)BLACK OUT!大阪・京セラドーム スカイホール
4月22日(日)エキゾチックレプタイルエキスポ・浜松市総合産業展示館
5月3日(木・祝)BLACK OUT!横浜・横浜産貿ホール マリネリア
5月6日(日)爬虫類市場・アゼリア大正ホール

ザリガニブログランキングに参加しています!
イメージ 1



イメージ 2

この記事に

自作エサの作り方


【ザリガニ】自作エサの作り方


質問をいただきました、ありがとうございます!
『ザリの素の作り方を教えてください』
何を使っているとか分量とかの詳しいことはお教えできませんが作り方の手順をお教えします
そもそも材料も作り方も毎回改良しているので決まったものはないんですけどね(笑)

では本題ですが
①材料を集める
ザリガニに与えたいものを集めましょう
そこで大事なのがエサの目的を決めること
例えば機能的(特定の色揚げなど)なエサであったりスタンダード(普段使い用)のエサであったりといったことです
ちなみにザリの素は後者ですね
ローテーションをすることなくザリガニを長く健康に飼えるエサを目指していますのでとにかくバランス重視で
材料の種類は現在でも50種類以上のものを詰め込んでいますし甲殻類に必要なカルシウムとそれを吸収するのに必要なマグネシウムを強化してもいます
対して機能的なエサは目指す効果を出すために材料の種類を絞って特定の成分比率を高めるように作ります
例えばアメリカザリガニの赤色を引き立たせるためにはカロチノイドが有効といわれていますので「カロチノイド 食品」とか「カロチノイド 含まれている」とかで検索すると有効な材料が見つかると思います
それに材料を固めるためのつなぎも必要ですね
一般的には小麦粉がよく使われているようですが他にもつなぎになるものがあります
つなぎの種類や分量でエサの硬さ(水に入れたときの崩れ方)が変わりますのでいろいろ試してみてください

②材料を加工する
集めたものを細かくしましょう
包丁で切り刻んでもいいですしすり鉢・すりこぎを使って潰してもいいです
乾燥したものならミルを使うと簡単に粉末状にできます
私はコーヒー豆を挽くコーヒーミルを使っていますね
生のものや冷凍ものはフードプロセッサーを使うと便利です

③混ぜる
なるべく均一になるように混ぜましょう
乾物中心でペースト状にならないようなら必要な分だけ水を足します
入れ過ぎると乾燥に時間がかかってしまうので注意です

④伸ばす
私はトレイにクッキングペーパーを敷いてそのうえでペタペタと伸ばします

⑤乾かす
私は扇風機の風を当てて乾かしています
天日干しでもいいと思います
外に出すなら鳥などに食べられない様に気を付けてください(笑)

⑥切る
乾ききらない状態で包丁で使いやすい形に切ります
乾燥度合いもちょうどいい程度があるので何度か試すと分かると思います

⑦最終乾燥
最後は完全に乾燥させて終わりです
乾燥が甘いと保存中にカビるのでしっかり乾かしましょう

ちなみに④⑤⑥の工程は製麺機(ヌードルメーカー・パスタメーカー)があると簡単にできます
よかったらこだわりのエサづくりに挑戦してみてください




Twitter←現在はこちらをメインに活動しております

3月25日(日)アクアリウムバス・産業貿易センター台東館
4月8日(日)BLACK OUT!大阪・京セラドーム スカイホール
4月22日(日)エキゾチックレプタイルエキスポ・浜松市総合産業展示館
5月3日(木・祝)BLACK OUT!横浜・横浜産貿ホール マリネリア
5月6日(日)爬虫類市場・アゼリア大正ホール

ザリガニブログランキングに参加しています!
イメージ 1



イメージ 2

この記事に


BLACK OUT!東京 出展しました


BO東京お疲れ様でしたー!
入場までにずいぶん長い列ができていたんですね...
それでも疲れたそぶりを見せずザリガニ話を聞かせてくださったりザリガニを見ていってくださったりしてとても楽しい時間を過ごせました
またお目に掛かれる日を楽しみにしております




Twitter←現在はこちらをメインに活動しております

3月25日(日)アクアリウムバス・産業貿易センター台東館
4月8日(日)BLACK OUT!大阪・京セラドーム スカイホール
4月22日(日)エキゾチックレプタイルエキスポ・浜松市総合産業展示館
5月3日(木・祝)BLACK OUT!横浜・横浜産貿ホール マリネリア
5月6日(日)爬虫類市場・アゼリア大正ホール

ザリガニブログランキングに参加しています!
イメージ 1



イメージ 2

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事