雑草魂

事実を知ってください。 「四国遍路」は家族の日記です

全体表示

[ リスト ]

事務連絡

先日、控訴理由書の内容を報告しましたが、控訴状がぬかっていましたので、お知らせします。

  国 家 賠 償 請 求 訴 訟 事 件

    訴訟物の価格   金10,000,000円

    貼用印紙額        金75、000円

   上記当事者間の高知地方裁判所平成21年(ワ)第122号国家賠償請求事件について
   平成22年4月16日言い渡され、同日送達を受けた下記原判決は、
   全部不服であるから控訴する。


        原 判 決(主文) の 表 示
 
   1: 原告らの請求をいずれも棄却する。

   2: 訴訟費用は原告らの負担とする。

        控 訴 の 趣 旨

   1: 原判決を取り消す。

   2: 被控訴人らは、控訴人らに対し、連帯して、1000万円及びこれに対する
      平成18年3月3日から支払い済みまで年5分の割合による金員を支払え。

   3:訴訟費用は、第1、2審とも被控訴人らの負担とする。
     との判決並びに第2項に対する仮執行宣言を求める。

        控 訴 の 理 由

     詳細は準備書面をもって提出する。
                            以上
      平成22年4月26日

                         控訴人ら訴訟代理人
                          弁 護 士

   高 松 高 等 裁 判 所

今日、改めて通知がありましたので、報告いたします。

私も先日、仁淀川町での地元での地区予選に、消防団員として10年ぶりに小型ポンプ躁法を観戦する事が出来、現役のころを思い出しました。

地元では、7つの地区に分かれています、それどれの地区の団員が、指揮者、1番員、2番員、3番員
そして、補助員の4名での躁法競技が行われるのです、旧仁淀地区の団員、約90名の精鋭が一同に会して親睦を深め、技術を競い正々堂々と戦う姿は感動的で自然に身体が動いていました。

私も、10年前には、指揮者として参加し、優勝したことがあり懐かしく思ったものです。

其の当時は、合併前で、小型ポンプ躁法、自動車ポンプ躁法、昼からは、長者川にいき、川での競技
で、放水競技、つるべおとし競技、缶送り競技、等々、全ての競技の総合得点を競い優勝した、分団は
西仁淀地区大会(現仁淀川町)に代表で出場する権利を得る訳なので、日頃の練習の成果を遺憾なく発揮し、満足のいく結果を出す為頑張っていきます。

練習では、完璧に行っていても、本番一発、どのような事が起きるか判らないのが躁法です、
その為に、躁法要員は、日頃の訓練を披露するため真剣に取り組んでいました。

大の、大人たちが一生懸命に立ち向かう姿は感動以外ないのです。

今は、私の息子達の世代になりましたが、私もシルバーの代表としまして頑張っていきます。

仁淀川町の皆様には、事故の後の、ご支援、ご協力に感謝しお礼を兼ねて出来る限りのご奉仕をさせて
頂きたく身体の続く限り頑張ります、裁判同様、力一杯悔いの残らないよう戦っていきたいと思います。

今後もよろしくお願い申し上げます。

この記事に


.


みんなの更新記事