雑草魂

事実を知ってください。 「四国遍路」は家族の日記です

全体表示

[ リスト ]

高裁

先日、7月5日(月)に新聞配達を終え、チラシ折りこみ作業を済ませ、愛媛白バイ事故国賠訴訟の
控訴審、第1回口頭弁論の傍聴に、妻と二人で行ってきました。

3時半からの裁判だったので、時間的余裕を持ちながらの行程でしたので、9時前に自宅を出発
国道33号線から、439号線そして、194号線に合流、道の駅で、コーヒータイム、再び439号線に入り、10時半大豊ICで、高速道に乗り込み一路高松に向かいました、豊浜SAで軽く食事を摂り
11時半、SAを出発、急ぐ事もないのですが、日頃の行動に慣れているのか、高松西ICに、12時前に着き、高松高裁には、12時15分には到着していました。

丁度、別の裁判で来ていた、私の国賠訴訟を担当して下さっている弁護士先生と、偶然来合わせた
事故解析人の先生も来ていましたので、打ち合わせの日程を決めることになりました。

7月17日(土)午後1時から、私の自宅で最終的な話し合いが行われます。

先生の裁判は、愛媛の「教科書検定意見取消し等請求訴訟」、10年ぐらいかけての裁判だそうです。
原告の皆も裁判慣れをしていて、裁判官に激しく詰め寄っていましたのには、驚きと感動を受けました

少し時間を超過し、愛媛白バイ事故裁判は、3時45分から始まり傍聴席も一杯で空席も無い状態でした
支える会も出来た影響で、沢山の方が来ていました、今回の法廷はお互いの意見書の提出と
次回の公判日時を決めて閉会しました、終わり次第今後の打ち合わせと、弁護士さんの見解、仙波さんの激励を受け、これからも皆で支援しながら力を合わせて行こう!

高松高裁を16時35分に出発、高松西IC、17時5分、高松道から、高知道に入り、一気に伊野ICまで走り、18時25分にICを降り、大型ショッピングモールに入り買い物を済ませ、自宅に帰ったのは、19時50分でした、愛媛の支える会の皆様から、激励され、大きな力を戴、貴重な一日を体験することが出来、今後の国賠に向けての気持ちと、再審請求に向けて一層気合いが入った
一日でもありました。

車の免許を所得して最初の行動が、高松高裁でした、ETC割引の影響で、料金も割安、片道1400円
でした、これからは、何処に行くにも車で動けるのと、高速料金の割安で遠出もOK、何処へでも気軽に行動しますので、今後も応援の程よろしくお願いします。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事