雑草魂

事実を知ってください。 「四国遍路」は家族の日記です

全体表示

[ リスト ]

岡山

4月6日(金)自宅を10:00に出発、途中コーヒータイム、事務局長宅に11:45着
11:55発、会長宅12:00、南国SA12;15、トイレと昼食(自宅から65,7k)
12:45発高知道〜瀬戸中央道〜山陽道14:30着、吉備SAトイレ休憩(220,5)
14:40発和気ICで一般道、15:05(250,3)約50分距離38k宿泊先の宿に到着
到着時間は15:55、自宅からの距離288,5kでした。
予定より早く到着、のんびり温泉につかり明日の集会の打ち合わせ(段取り)をしながらの夕食、英気を養いました。
 
 朝食を早めに取り、宿泊先を9:10発、国民救援会津山支部の集会場所に9:45
到着、プロジェクターを設置、事故の内容がわかるDVDを見ていただき、救援会高知県本部会長が講演(私の自己を紹介しながら、冤罪はこのようにして作られる)
元大学教授らしくはっきりとした口調での話、時間があっという間に過ぎ、私の話は対照的にシドロモドロナ状態、いつまでたっても上手に話すことが出来ません。
お聞き苦しい点はご了承していただき、その後は、会場に参加してくださった方々からの質問に答える(質疑応答)アッという間の2時間でした。
 津山支部からは署名、68筆、会員10名(10、000)集まりました。
    本当にありがとうございました!
14時からは、救援会岡山県本部主催の集会に向けて12:15発途中、昼食
あわただしく会場に到着とはいかず、カーナビに逆らいながら会場探し最後は電話にてお助け、約25分遅れで集会参加、こちらでもDVDを上映していたので間を持たして下さったわけです。
 DVDでの事件の経過、今日までの流れを詳しく説明しているので安心。
高松から応援に駆け付けていただきました、生田弁護士(高知白バイ学習会)
高知白バイ事件の経過、第1章、世にも不思議な交通死亡事故裁判 
1、事故の発生
2、異常な起訴状、冒頭陳述 
3、白バイ隊員のスピードを明らかにしない起訴状、冒頭陳述 
4、白バイ隊員Yの転倒場所、転倒状況を一切明らかにしない実況見分調書
5、不可解なバスのスリップ痕
6、不可解な実況見分写真
7、刑事裁判が開かれても、事故後11ヶ月得ても証拠が作られていない刑事裁判
8、理解困難な裁判官の事実認定
9、この第1審の判決を、高裁も最高裁も、何らの事実の取り調べもせず認容しました。
 
 第2章再審申立後の進行中の事情
1、裁判所側の鑑定人
2、私の鑑定人
 
 第3章再審申立後の新たな証拠
1、プロテクター
2、証人に対する偽証告訴
 約1時間余りの講演、ありがとうございました。
私のあいさつの後質疑応答、会場に詰めかけていた28名の方々からの質問に
生田先生、救援会会長、事務局長の皆様がお答えする中身の濃い集会でした。
 
 署名数 260筆 会員数8名(8、000)寄付金、カンパ等沢山の方たちの善意の募金、本当にありがとうございました。
 
 有意義な3日間がアッという間に過ぎました、署名の協力してくれた岡山県
新見支部の皆さん、津山支部の皆さん、県本部の皆さん、ありがとうございました
 
 5月12日には、倉敷での学習会、楽しみにしています。
岡山の方々のご協力感謝申し上げます。
 
 今回感じましたのは、救援会の皆様が冤罪事件、不当判決等苦しんでいる弱者の方々に対して我が事のように真剣に取り組んでいることに頭が下がる思いでした、勇気百倍、沢山の方々からエネルギーをいただきありがとうございました。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事