たろうの雑学カフェ・別館

Yahoo!ブログのサービスが終わるので、本館に統合させます→ https://zatsugaku-cafe.com/

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

ご存じのとおり、赤ちゃんはオスの精子と雌の卵子が結合し、メスの胎内または産み出された卵から誕生する、という仕組みになっています。
オスの精子は生涯精巣で生産し続けられますが、メスの卵子はその個体が誕生した時点ですでに全ての生産が終了しています。
人間を例に取ると、妊娠20週目ごろの女の子の胎児の卵巣には約600万個の卵子があります。その後、消滅や吸収を繰り返し、生まれてくる頃には約200万個、思春期の頃には20万個とだんだん減り続けていきます。生理が一生のうち約40年とすると、その中でも約500個程度しか排卵されない計算になります。
実に倍率12000倍の狭き門という過酷な世界を生き抜いた卵子だけが、赤ちゃんとして生を受ける資格を有するようになる、というわけです。もちろん、その中から本当に人間として生まれてくるのはごくわずかですが…。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事