たろうの雑学カフェ・別館

Yahoo!ブログのサービスが終わるので、本館に統合させます→ https://zatsugaku-cafe.com/

ミニ雑学

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
仕事場から出るゴミで、どうしても産業廃棄物扱いになってしまうものが出てしまうことがあり、時々産業廃棄物処理施設まで持って行くことがあるんですが、そこでいつも書かされるのが「マニフェスト」と呼ばれるもの。「え?産廃になんで公約が必要なの?ていうかなぜにマニフェスト?」と気になってしまったもので、調べてみた。
小難しいことは抜きにして…

産廃のマニフェスト→manifest:廃棄物処理法でいうところの「産業廃棄物管理票」のこと。本来は英語で「積荷目録」や「乗客名簿」を指す言葉。

選挙でのマニフェスト→manifesto:いわゆる「政権公約」のこと。本来は英語で「宣言」や「声明」を指す言葉。

…というわけで、産廃と選挙のマニフェストは、英語で1文字違いの別物でした。

ちなみに、WindowsPCで「****.manifest」というファイルを時々見かけること、ありませんか?こちらは産廃の場合と同じスペルであることから、目録的な意味で使われています。
ソフトのバージョンアップ等の関係で、さまざまなシステム関係のファイルがごちゃ混ぜになり、ソフト自体が起動しない、という事態を避けるため、実行するプログラムが、どのシステムファイルを参照すればいいのか、という情報が書き込まれたファイルのことです。

▼ マニフェストにもいろいろあります。これはどちらのマニフェストか…分かりますよね?

昔は国家公務員でした

郵便局員やJRの職員は、かつて国営企業だったため、職員は全員国家公務員として扱われていました。
そんな話よりもはるか昔、やはり国家公務員として扱われていた職業があります。それは、現在でいう「マッサージ師」、つまり「按摩師」。
按摩は中国が発祥の地で、中国最古の医学書といわれる『素門』にも登場するほど、その歴史は古い。日本にもその療法が伝来し、奈良時代には「按摩師」「按摩博士」「按摩生」などの官職名、つまり国家公務員として扱われるほどの存在でした。
西洋医学が伝来するまで、按摩は日本の医学上最も重要な位置を占めており、今でいうマッサージ、鍼灸、整骨術を行う総合的な医療法として認識されており、医者として扱われていました。
明治時代以降は、医師としての資格はなくなり、マッサージ師、鍼灸師などの国家試験資格を受ける免許制になっています。

▼ マッサージ師、鍼灸師を目指す人へ、この一冊

赤信号を無視して交差点に進入する、これは立派な交通違反ということは誰でも知っています。では、逆に「青信号違反」なるものは存在するのでしょうか?
法律的に青信号は「わたってもよい」という意味で、基本的に青信号なのに止まったまま、というのは信号無視にはあたりません。
ただし、別な意味では交通違反になることがあります。それは「停車違反」。道路交通法によると、交差点と、その端から5m以内は駐停車禁止エリアと定められているので、たとえば、ご年配の方がまだ横断歩道を渡りきっていない、前が渋滞して進むことができないなど、正当な理由がない限り、「停車違反」として捕まることがあります。
それ以前に、青信号で渡らないのは、後続の車に大変迷惑ですので、きちんと発進しましょうね。

▼ 青信号とはあまり関係なさそうですが、ハートウォーミングなお話のようです

エレベーターは、すでに紀元前、アルキメデスがロープと滑車を使ったものを開発し、中世ヨーロッパでも利用されていた記録があり、その歴史は古い。ちなみに、滑車をはさんだロープの反対側に釣合い重り(カウンターウェイト)を使ったものが開発されたのは17世紀のこと。
現在のようにエレベーターが広く普及するきっかけになったのは、1853年のニューヨーク万国博覧会のとき、落下防止装置を取り付けた、安全性の高いエレベーターをオーチスが発表してからのことである。
以来、昇り降りが大変だったという関係上、ほとんどの建築が低層ばかりであったという状況から、エレベーターで上層階までいけるということで、高層建築の普及も進んでいった。そのためか、過去3000年以上も世界一高い建造物として知られていたエジプトのピラミッドが、パリのエッフェル塔に記録を更新されるということも起きた。また、それまで荷物の上げ下ろしが大変だったため人気がなく低料金だったホテルの上層階が、エレベーターの登場により、眺めが良いということで人気を呼ぶようになり、以後、ホテルの上層階はグレードの高い客室が配置されるようになった。
なお、1853年にオーチスが発表したエレベーターは蒸気機関で動くもので、電動式が開発されたのは1889年。そのとき以降、ニューヨークの摩天楼化に拍車がかかることになった。
ちなみに、JIS規格では、一般に3音以上の外来語で、語尾が長音で終わるものは、最後に「ー」をつけないことになっているので、「エレベーター」ではなく「エレベータ」と表記されており、メーカー側もそれにならい「エレベータ」と表記することが多い。

▼ 今では宇宙までエレベーターで行こう、という計画もあります

よく、インコに「オハヨウ」「コンニチハ」「ボク、○○」などと、人間の言葉をしゃべらせるよう訓練に励んでいる人がいます。中には、いくらしゃべらせようとしても、あれれ?上手くいかないなぁ、なんてこともありますね。今回はインコが人間の言葉をしゃべってくれやすくなる方法を、ピーチャン(仮名)を例にとって紹介します。
まず、ピーチャンに何回も同じ言葉を語り続けること、これは基本中の基本です。それでもなかなか上手くいかないときは、ピーチャンに一人暮らしをしてもらいましょう。本来インコは協調性の高い鳥です。そんなわけで、ピーチャンのほかにお友だち(仮にキューチャン)と同じかごの中で生活させてしまうと、ピーチャンはキューチャンと意気投合してしまい、2羽でおしゃべりすることに満足してしまいます。(3羽以上でも同じパターンです)逆にピーチャン1羽だけかごの中で生活していると、ピーチャンは寂しくなり、友達がほしくてたまらなくなってしまいます。
そこで、あなたの登場です!ピーチャンに優しい言葉で語りかけてあげましょう。そうすると、ピーチャンはあなたに親近感を抱くようになります。ピーチャンもあなたが語りかけてくれる言葉を必死にマネしようとしてくれます。こうすると、比較的早くピーチャンは人間の言葉を覚えてくれます。
ちなみに、雌よりも、雄のほうが上手にしゃべってくれるようになるそうです。

▼ さらにピーチャン(仮名)と楽しく過ごすための指南書


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事