たろうの雑学カフェ・別館

Yahoo!ブログのサービスが終わるので、本館に統合させます→ https://zatsugaku-cafe.com/

ミニ雑学

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
札幌に札幌ドームができるまで、札幌でのプロ野球といえば円山球場での開催が一般的でした。しかし、行われたのはデイゲームのみで、ナイターは一度も行われたことがありません。それは、円山球場にナイター設備がないからです。これには理由があります。
実はこの円山球場のとなりに、動物園が併設されているためです。動物たちの生活環境に配慮し、照明が設置されていないとのことです。決して予算がないから、というわけではありません。

▼ 円山地区は札幌の高級住宅街、美味しい店も(高いけど)いろいろあります

開く コメント(0)

名奉行は名痔主

江戸時代の名奉行としておなじみの、大岡越前守忠相。そんな彼にも悩みがありました…「ぢ」です。
彼の日記によると、1743年のある日、2日後に迫った、徳川家の近親と一緒に墓参りへ行く予定でしたが、痔の出血がひどく、その行事の責任者だった稲生正武(いなおまさたけ)に、欠席を申し出るも却下。しかし、当日痔が激しくなり結局休むことになってしまいました。当日の彼の日記にも「痔血走り、今日まかり出ず在宅」とあります。
また、彼が亡くなったときも、やはり痔で苦しんだと言われています。今でいう直腸がんだったのではないかと言われています。

▼ おなじみ、TV時代劇『大岡越前』のサントラ集

開く コメント(0)

まるでアホ

世界を見渡すと、日本語的な意味で面白い地名に出くわすことがあります。今回はキング・オブ・アホな「マル・デ・アホ」を紹介。
「まるでアホ」という、日本語的なイメージとは裏腹に、このマル・デ・アホは、アルゼンチンの一大リゾート地として有名で、アルゼンチン国内の芸能人や政治家などが集まり、ホテルが立ち並び、繁華街画広がる、そんな街です。
ちなみに「アホ」とはスペイン語で「ニンニク」のこと。なお「バカ」は「牛」のことをいいます。

▼ 日本のおもしろ・難読地名を集めた一冊

開く コメント(0)

東京の地下鉄・銀座線に、地下鉄では日本でここだけという「踏み切り」があります。といっても、車両基地につながる「引込み線」に存在するので、一般の乗客は地下鉄に乗りながらその踏切を体験することはできません。以前は都営浅草線にも同様の踏み切り(しかも3箇所!)ありましたが、現在は廃止されています。
しかし大阪の地下鉄に乗っていると、地下を走っているのに、なぜか遮断機の警報音のような音がすることがあります。もしかして、地下に秘密の踏切が?と思うかもしれませんが、そうではありません。
種明かしをすると、この警報音は「列車接近予告警報」と呼ばれるもので、主に線路その他設備の保守・点検作業を行っている人に対し、列車が近づいてくることを知らせるために鳴らしているものです。主にカーブや勾配等、列車の接近を目視で確認しづらいところに設置されています。
また、世界一長いトンネルとして知られている青函トンネルの海底駅にも警報機が設置されており、列車通過時にはホームから退避するよう、注意を促しています。

▼ ちなみに東京よりややこしいNY地下鉄の路線図

開く コメント(0)

ゾロ目市外局番一覧

以前、本館で電話番号について取り上げたことがありましたが(100番台00**0*0・0**0)、今回は0**の市外局番で、**にあたる部分がゾロ目になる都市を紹介。ちなみに、「03」が東京で「06」は大阪なので、この2つは存在しません。

011…札幌
022…仙台
033…(東京が03)
044…川崎
055…甲府
066…(大阪が06)
077…大津
088…高知
099…鹿児島

※ 奇妙な電話番号(一部単なる都市伝説)が掲載された記事を見つけましたので、トラックバック。

▼ 日本全国の電話番号が検索できる便利ツール

開く コメント(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事