はじめの一歩を踏み出そう♪

悩める仕事ブランクの埋め方教えます。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

親の介護と聞くと、子供がするものというイメージを持っている人も珍しくないと言われています。親の面倒を子供が見た方が良いと考えていても、仕事で忙しく、親の介護ができない人も珍しくありません。

ちょっとした時間なら問題ありませんが、長時間の親の介護となると、子供の生活にも大きな影響を与えることになるので難しいことが多いでしょう。親の介護ができない場合、自分のかわりに他の人に頼む人がほとんどです。

介護には、施設に入るものと、自宅に来てもらうものがあり、介護を頼むなら利用者の希望する方を選ぶと良いでしょう。長年住み慣れた家を離れるのを拒む高齢者は多く、自宅で暮らすことを希望する割合が高いと言われています。

そのような場合には、訪問介護を利用します。
自宅にいながらサービスを受けることができるので、自宅から離れたくない高齢者も安心です。

さて、訪問介護の仕事は、利用者の生活のサポートが多く、多くの女性が活躍しています。
介護の世界は、女性が多く、男性は比較的少ないと言われています。

介護と聞くと、力仕事のイメージが強く、男性の方が多そうな感じがしますが、実は男性が少ないのです。
なぜなら理由の一つの中に、『働きやすさ』があるからです。訪問介護の仕事は基本日勤の土日休みなので育児との両立がとてもしやすいのです。

そして、ブランクの有無はあまり関係ありません。介護はブランクよりも、コミュニケーション力が大事となります。
高齢者の割合が多く、介護で働く人が足りないと言われています。訪問介護に興味があるなら、働いてみるのもいいかもしれません。
子供を出産するために仕事を休んでいた。または仕事を辞めたけれど、もう一度復帰したいと思っている。そう考えているママさんも多いのではないでしょうか。
最近では出産してママさんとなった後でも働きながら子育てをしていく人たちが増えてきました。

しかし、そこで一番気になるのは仕事ブランク。数ヶ月から数年休んでいる間にいろいろな制度が変わっていったり、書類が変わっていたり、扱っている物が変化したり、時には取引先が変わっていたりという例もあるのではないでしょうか。

また、会社の雰囲気も人事異動などがあり、変わっていることもあるかもしれません。ちょっと気持ちが不安になることもあるでしょう。
そのような時にはその仕事ブランクを埋めれるようにいろいろと努力をしなくてはいけません。

まずはその会社に行ってみて、実際に何がどのように変わったのか、体験してみることが大切です。ほんの数日行ってみただけでも違いはいくつか見つけることができるでしょう。
そして、その違いに違和感を感じるのではなく、できるだけ受け入れるようにして、違い距離を埋めるにはどのようにしたらよいのかを考える必要があります。

自分で勉強をするのでもよいですし、周りの人に聞いてみることも良いことです。そして、もし会社や住んでいる地域に仕事ブランクを埋めるための講座や勉強会などがあれば、積極的に出席していろいろな情報を集めてみると良いでしょう。

また、同じような悩みを抱えている人と気持ちを分かち合うことも大切です。身近にママ友や先輩ママさんがいない人は、復職したママさんが抱える悩みの事例などを紹介しているサイトもありますので、こういったサイトも積極的に利用してみると良いでしょう>>>気になる!復職の理由って?

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事