Waiting BAR,AVANTI

イタリア語でNEXTを意味するAVANTI。 次の扉を開いてみませんか!?

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

今更ですけど、何台目かの代替えです(^^;

NASと言っても野菜じゃ無くて・・・ネットワーク共有出来るHDDです。

一度使ってしまうと便利で、コレ無しでは通常の作業に困るという物です。 

まだ使ってない方は何が便利か解らないと思いますが・・・・

家庭内で使う場合、ネットワーク・ルーターにPCの1台の様にLANケーブルで接続します。

ただのHDDケースの様に見えますが、立派なPC(の一種)でデュアルコアなりのCPUとメモリーも

搭載してます。


最近のOSでは設定は楽ですけど、電源を入れてOSが起動するとネットワーク上に共有HDDとして現れます。

USB接続のHDDと同じ様に使えますが、転送速度は家庭内で使っているLANの速度に依存

24時間稼働ですので、実は夜間にPCのバックアップなどの作業もこなせます。

実は、現在使用中のIOデーター製が、偶に途切れる症状が発生しまして

HDDが飛ぶ前に、もう一台購入してデーターを移管する為に用意しました。  

データー移管後は、自宅に持ち帰ってHDD交換の上、NASとして再稼働してもらう予定〜

AmazonでタイムセールやってたUSBメモリーを購入する際に、なぜかオススメで出現したQNAPの

リファービッシュ(メーカー再修理品)。  格安の6000円でした(^^;

QNAPはNASの名門ですけど、高価なのでなかなか使えないでいましたが・・・ 
イメージ 1

こいつは安い要因としてHDDレスなんです(^^;  好きな容量の物を自分で取付出来るメリットは有りますが

結果として結構掛かってしまう

安くてそこそこ高速で日本のメーカーという事で 東芝の4TB 7200rpmを購入。  約14000円

昔なら秋葉へ行って、お気に入りのHDDを探し回り1日無駄にしてましたが・・・

イメージ 2

組み込んで電源投入
イメージ 3

起動後にネットワーク上で検索、表示された物をクリックするだけでQNAPのWEBに飛んで

最新ファームウエアの更新とHDDのフォーマットも出来ます。


開く コメント(2)

和歌山のミレ完成

晴れていれば今日車検に行けるのですが・・・生憎の雨

ここ2〜3日細かい作業をしていたミレですが、既に完成しています。

イメージ 1

イメージを変えてコルサカウルを取り付けました。  メーター周りも全て作り替え

ヘッドライトステーこそ取付互換ですが、それ程簡単な作業では無く・・・

ヘッドライトマウント部分の溶接延長、幅合わせに始まりインジケーターユニットを分解してプリント基板の

プリントパターン変更と前回りのハーネスを全て作り替え

まだ実際に走ってみて速度計の誤差を確認してから、表示内容に合わせてメーターギア比変更が必要ですが

イメージ 2

更にカウルの上下幅がとても狭いので、ハンドル配置の大幅変更が発生します。

保険修理でとりあえず純正ハンドルの角度を変えて付いていた物を取り外して、ベルリッキ製のイモラ型

ハンドルに変更。 当然ハンドルマウントのイモラミラーは付けられないので、ステーを製作

他にもハンドルに付いてるグリップやSW類、ブレーキ&クラッチマスターの配置換え

イメージ 3

作り込みの結果は当然満足出来る物になりました。  最初からこーだった様に

インジケーターも全て点灯します。
イメージ 4

開く コメント(0)

LEDヘッドライト投入

2000rpmも回っていれば、十分な発電量が確保出来たラウンドですが

夜間にヘッドライトを点けて長時間実際に走ってみないと解りません。 

とは言え出来る事は先に対策してみよう! 

という事で、事前に購入しておいたフィリップス製のLEDヘッドライトを初めて開封
イメージ 1

中華製の訳わからない物では無く、オランダ・フィリップスがドイツで設計して・・・作ってる先は書いて無い(^^;

とは言え、フィリップスの製品なので悪い訳は無いでしょう。


開封してみると、定電圧電源が意外に大きい・・入るか!?

バルブ自体はヒートシンクがねじ込み式で、ねじ山に熱伝導材が塗布されている。 そしてコンパクト

イメージ 2

2輪に使う場合は、背面の出っ張りが命取りなのでこれなら入りそう。

アプリリアのヘッドライトはCEVより背面のボリュームが有るのですが、中に色々と配線が来てるので

配置に苦労しますが・・・定電圧電源を含めて全てヘッドライトシェルの中に納まりました。

消費電力はH4ハロゲンの1/3で23W、H4ハロゲンの1.5倍の明るさで配光パターンも車検対応

早速点灯してみます。   まずはイグニッションON
イメージ 3

ロービーム点灯  あ、明るい
イメージ 4

ハイビーム
イメージ 5

配光パターンは確実に変わりますし、カットラインも出ている様です。

車用として1台分(2灯)購入しましたので、試してみたい方には半額の12500円にてお分けします。

ついでに、今日はデロルトから部品が到着しました。

ラウンド系の特徴で、旧型のデベソ型ドレンボルトを頼んでいたのですが無事間に合いました。

ガスを抜いて装着
イメージ 6

バフ仕上げのフロートボウルには、やっぱりこのナットじゃないと

開く コメント(8)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事