Waiting BAR,AVANTI

イタリア語でNEXTを意味するAVANTI。 次の扉を開いてみませんか!?

PC AVANTI

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 前のページ | 次のページ ]

設置完了

SSDを準備して、RAIDの外付BOXに組込んでRAID5の設定。
 
背面のDIP-SWでRAIDレベルを設定しただけで動くのかと思ったら・・・PCに接続して
 
RAIDマネージャー・ソフトで詳細設定しないと動かない事が解ったり(^^; で何とか設定終了。
 
Pogoplugの新型が届いたので、設置完了しました。
イメージ 1
 
向かって左側がクラウドの構成品で、右側がNASです。
 
冷房掛けない真夏の室内でも持つのかにゃ!?
 
ついでにちょっと面白い部品とゆーかアクセサリーが到着  BREMBO純正のキーホルダーです。
イメージ 2
 

開く コメント(2)

数年前からCLOUD ENGINES社のPOGOPLUGという家庭内クラウドを使っていますが
 
それに繋げるストレージだけだと、何か起きた時に貴重なデーターが飛んでしまうので・・
 
ネットワーク・ストレージ環境を見直してました。
 
POGOPLUG 実はソフトバンクが1年ほど前から提携を初めて・・国内にサーバーが出来た様です。
 
流石抜け目ないと言うか(^^;   日本の電気屋はもっと規模の大きな物を企業向けで開発してますが
 
こんなオモチャみたいなデバイスで劇的に便利になります。  
イメージ 1
 
最近新型が発表されました。 新型はUSB3.0の外付けデバイスに対応し、CPUやメモリーも強化されてる模様。
 
それに合わせて、今まで使っていたG-RAIDはRAID0,1しか対応してない(そもそもHDD2台なので)ので
 
RAID5に対応するUSB3.0の外付けケースを探していた所・・・ちょうど良さそうな物を見付けました。
 
Dirac DIR-2250RU3
イメージ 2
 
2.5inchのSATA-HDDを5台内蔵出来て、インターフェースはUSB3.0
 
ケース内蔵のRAIDでRAID5が構築できると言う代物です。
 
今となっては、既に速度的に時代遅れなINTELのX-25M SSD 80GBが何台か余っているので・・・
 
5台まで追加してRAIDで再使用する予定。  
 
同時に2TBのNASも設置したので、出先や自宅で差し替えが必用な物だけPOGOPLUGで同期を掛けて・・・
 
データーの二重化を計ります。

開く コメント(4)

EOS1Dsのメンテ

デジカメはカメラと言うよりPC関連ですかね(^^;
 
買ってから10年程度経過したEOS1Dsを、初めてメンテしました。  外装の掃除だけですが・・
 
あれから、どんどん新しいモデルが出てますが、特に必要性を感じないのでずっと使ってます。
 
元々は同じCANONでもDCS3からスタートしたデジカメ生活ですが・・・
 
PHOTOSHOPのアドインソフトでしか現像出来なかったDCS3に比べたら
EOS1DsのMk2以降のの進化は・・・大した違いじゃ無いカモ(^^;
イメージ 1
 
そこそこ大事に使ってるので、当て傷とかは少なめカモ。
 
何カ所か皮の部分が剥がれてきているのは、EOS系の持病の様です。
イメージ 2
いまだにサービスセンターに持ち込む様なトラブルは有りません。
 
色々持ってるレンズの中で、一番気に入ってる MACRO EF100mm 1:2.8も掃除
イメージ 3
 
全ての機能を使いこなしてるとは言い難いですが・・・
 
カメラを弄っていると、カメラの神様がベベルに乗ってやって来ました(^^;イメージ 4
 
折角なので、2台並べて
イメージ 5

開く コメント(8)

久々に心躍るノートPCが販売されました!  Hewlett-Packardの企業用Elite Notebook 2560pです。
アフィリエイトとかはやってないので、リンク先から購入しても何のメリットも有りません(^^;

驚くのは、その価格。 
今までの同シリーズは、モバイルPCで20万円が相場でしたが、新発売なのにベースモデルはゴーキュッパ

今回カスタマイズしたのでソレなりの価格でしたが、驚いた事にhpから電話がかかってきまして・・・
特別価格を提示されました(^^  CPUと光学ドライブの追加。

それだけではイマイチなので、カスタマイズ用のデバイスを用意しました。
まずSSDは、現在最速のPatriot社WildFire 120GB  中古で18000円也
イメージ 3

公称スペックはシーケンシャル・リード555MB/sec、ライト520MB/secと、HDDの10倍の速度です。
イメージ 5

OSはWindows7proの64Bit版にしましたので、メモリーは最大の8GB(4GB×2枚) でも活用出来ます。
ちなみにメモリーはDDR3-1066 Samsungの4GBで2500円/枚程度です。
第二世代のCore-i7はモバイルなのに2.7GHz

今日到着しまして・・早速HDD換装、メモリー載替でWindows7pro(64bit)をクリーンインストールしました。
今回から、企業向けハイエンドPCは背面全部が開口する設計になりまして・・・
メモリーからHDD、CPUに至るまであっという間に換装可能です。 筐体だけ中国で製造して
カスタマイズは東京でやってるとの事。  それでMADE IN TOKYOと言われても(^^;;
開けて驚くのは、背面プレートは鋳造マグネシウム一体構造です。 紙の様に軽いです。
イメージ 4
ソフトはATOKとoffice、photoshopにAUTO-CAD程度。 これで3時間(^^;
ソフトさえ入れてしまえば、ファイルはクラウドに置いてるので、どこからでもアクセス出来ます。 
随分楽になりました〜  Windows7の起動は、ログイン画面が出るまで瞬速です! 
やっぱりSSDが出て時代は変わりましたね。
おまけに・・hpのセキュリティー機能で、指紋認証の他に顔面認証機能が付いてるので
ログインも画面を見るだけで完了します。 
イメージ 1
今日は一日中パソコンいじってた訳ですが、実は風邪が悪化しました(^^;
家族が順繰りに風邪ひいて、最後に回ってきちゃいましたね〜
 

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

Core™2 Extreme X9100換装

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

中国からCore™2 Extreme X9100(6MB L2 3.06GHz FSB1066MHz)が到着しました。
・・・またhp 2230s/CTの分解です(^^;; バラバラまで分解するのも、既に手慣れた物です。
ヒートパイプ式のCPUクーラーに付いた導熱性グリースを拭き取り、銀ペーストに交換。 CPUを見比べると、L2キャッシュが増えた分、コアサイズが大きくなってますね〜

丁寧に作業して1時間ほどで換装完了・・・電源ポチ。 BIOSでもX9100と認識しています(^^
早速ベンチマーク
1)Super-π 104万桁ループ・・・何と16秒
2)HD-BENCHI こちら、当然グラフィック系が全く振るいませんが(^^;; 
  TOTALで見ると7年前に100万円以上掛けて作ったxeon×2のサーバーより速いです。

開く コメント(4)

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事