Waiting BAR,AVANTI

イタリア語でNEXTを意味するAVANTI。 次の扉を開いてみませんか!?

PC AVANTI

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 前のページ | 次のページ ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

9月25日・・販売開始という予告通りにINTEL製の次世代SSDが秋葉に出回り始めました。
この話が出た頃からソワソワ(^^;;  MLCながら10個のセルを並列処理&INTELのRAID技術を取り入れたカスタムチップの処理が速いとは思いますが・・何とREAD;240MB/s、WRITE;70MB/sというとんでもないスペックです。

争奪戦が繰り広げられると予想していたブツは、当日なのに秋葉でも豊潤に入荷→ポイントが付くという事で、TUKUMO-EXにて2台Get。 ポイント10%のご祝儀で、定価79800→実質72200円 スペックと引き替えに80GBなのに高いです。 日本語で印刷された立派なパッケージに入っていましたが、中身はバルク品? ちなみに海外でも出回っている情報は少ないので、店頭で普通に購入出来るのは秋葉だけカモ。

早速換装・・今回はWindowsのクリーンインストール、ソフト&ファイルの移動なんてやってる暇は無いので、HD革命 COPY DRIVE2.5というソフトを使ってWindows上でHDD内容のコピーと換装をやっちゃいます。 いくら速いSSDとは言え、約60GBのコピーに3時間ほど掛かりましたが・・換装後も一発起動!

早速スペックの確認をしましたが、正しく「時代は変わった」と言える内容です。 今までもSuperTalentのSSDでしたが、その比では有りません。 Windowsの起動も劇速、操作の途中に妙な引っかかりも無く『遠くない次世代の主流』に成る事は間違い有りません!

開く コメント(0)

Core2@Extreme X7900レビュー

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

工場で使ってる旗艦 hp-8710w用にCore2@Extreme X7900が到着しました。
オートバイの修理の方をやってる間、気になって(^^;; こっちの方も今日やっちゃいます!

Core2@Extreme X7900;65nmプロセスの最高クロックCPU L2キャッシュ4MB 2.80GHz FSB=800MHz
というスペックの物です。 これって、市場には全く出回らず・・購入するためには、怪しい中国人がメーカーPCから外した物をE-BAYで売ってる物?を探すしかありません(^^;; 
久しぶりに8710wを分解したついでに、CPUファンやヒートシンクに溜まったニャンコの毛などをエアーブローして組み込みます。

一応、旗艦のBIOSを最新の物に更新してポチっと・・正常に認識しBIOS画面でもCore2@Extreme X7900と表示されました。

まず、Super-π104万桁20回ループ・・・ついに20秒を切る19秒達成!
続いて、今更なHD-BENCH
★ ★ ★ HDBENCH Ver 3.30 (C)EP82改/かず ★ ★ ★
M/B Name
Processor Dual Pentium III 2796.42MHz[GenuineIntel family 6 model F step B]
VideoCard NVIDIA Quadro FX 1600M
Resolution 1680x1050 (32Bit color)
Memory 2097,151 KByte
OS 5.1 (Build: 2600) Service Pack 3
Date 2008/09/19 16:19

標準デュアル チャネル PCI IDE コントローラ
プライマリ IDE チャネル

標準デュアル チャネル PCI IDE コントローラ
セカンダリ IDE チャネル

Intel(R) ICH8M Ultra ATA Storage Controllers - 2850
プライマリ IDE チャネル
HL-DT-ST DVDRAM GSA-T10N

Intel(R) 82801HEM/HBM SATA AHCI Controller
Hitachi HTS722020K9SA00

ALL Integer Float MemoryR MemoryW MemoryRW DirectDraw
84383 393943 261242 211762 117862 238386 58

Rectangle Text Ellipse BitBlt Read Write Copy Drive
20983 11754 4800 1671 46125 47805 12888 C:\100MB

7200rpmのHDDの転送速度が奮いませんが・・CPU&MEMORY周りはなかなか速いですね。
悲しい事に、全体では先日買った最新アーキテクチャーの2230s/CTより劣ってます(^^;;

開く コメント(0)

激難・・2230sの分解

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

E-bayでBluetooth Moduleとケーブルを落札しました。
そーです、日本で発売された同機種にはBLUETOOTHの設定が有りません(^^;
今時、ノートPCにBLUETOOTHが乗ってないなんて!!

何となく使えそうという事で、落札したモジュールが今日届きました。
早速2230s/CTの分解に掛かります。  ・・・難しい(^^;

今までのhpって、キーボードを外すとM/B(マザーボード)の主要部分にアクセス出来るので、CPUやモジュールの換装は簡単だったのに・・
今回のモデルチェンジで大幅に作りが変わりました。 HDDやメモリーは簡単に交換できるんですけど(^^;

あらかじめバッテリー、メモリー、HDD、DVDR等のパーツを外します。
続いてキーボードを取り外して、いよいよ本体。 
ここから先は殆ど全てトルクスネジが使われてまして、ユーザーには開けて欲しくない様です(^^; 隠しネジを含めて20本程のネジを外すと、本体の背面と表面を2分割出来る様になります。

普通なら、ここでBLUETOOTHモジュールの取付が出来るハズなのですが、何とM/Bの背面にコネクターと取付基板が付いています(^^;; という訳でM/Bまでも取外します。 各種コネクターやらフラットリボンを外し、やっとの事でM/Bの取外しに成功しました。 ちなみにCPUもM/B背面に付いてますので、再度ここまでの分解が発生する予定(汗

総ネジ数30〜40本、それも殆どサイズ違いなので・・記憶だけで元通りに組み立てられるか!? 結構不安に成りましたが、特に余るネジも無く、無事組み上がり&PC起動しました。

さて、これからがまた大変で(^^;; BLUETOOTHはモジュールの製品番号別にソフト側のプロテクトが掛かってまして・・2230s/CT用のドライバー&ソフトをinstallしても、全く認識しません。 
購入したモジュールの製品番号を調べて、膨大なhpのパーツ番号リストに照らし合わせると→nc6000に搭載されていたモジュールである事が解りました。 って、規格的にはBluetooth1.1じゃん(^^;; 

で、nc6000用のbluetoothドライバー&ソフトをダウンロードして、やっと正常に認識しました。 ここまでの作業で4時間・・・普通あきらめますよね(^^;; Bluetoothのドングル買った方がヨカッタかも

開く コメント(9)

HP 2230s/CT

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

mini-noteの2133があまりにも使えなかったので、代替えとして
先日hpより発表された久々のコンシュマー向けB5サイズPC 2230s/CTを購入しました。
2510pの後継機と思われる2230s/CTでは・・パフォーマンス向上の為、搭載デバイスの規格が
色々と変更されています。
一番大きな物は、HDDが1.8inchのPATAから2.5inchのSATAに変更された事でしょう!
FSB1066MHzの最新Core2Duoに対応するGM45 Expressチップセットです。即ち、改造し放題っす(^^

HDDはSuperTalent(Rev.2)の120GBへ換装してありますが、ベンチマークは下記の様になりました。
★ ★ ★ HDBENCH Ver 3.30 (C)EP82改/かず ★ ★ ★
M/B Name
Processor Dual Pentium III 2259.37MHz[GenuineIntel family 6 model 7 step 6]
VideoCard Mobile Intel(R) 4 Series Express Chipset Family
Resolution 1280x800 (32Bit color)
Memory 2097,151 KByte
OS 5.1 (Build: 2600) Service Pack 3
Date 2008/09/11 17:01

Intel(R) ICH9M-E/M SATA AHCI Controller
Super Talent Tech
TSSTcorp CDDVDW TS-L633L

ALL Integer Float MemoryR MemoryW MemoryRW DirectDraw
96905 319279 322419 174795 129125 253336 59

Rectangle Text Ellipse BitBlt Read Write Copy Drive
35147 12284 7416 732 110942 71959 1884 C:\100MB

ほぼ額面通りのスペックが出ています(^^;
MemoryはDDR2-800が入手出来なかったので、DDR2-667を4GB搭載しています。
残るはCPUの換装ですが、WHITE PAPERを見る限り・・換装にはM/Bの全バラが必要なので
今までの様に簡単にはいきません(^^;; 国内未入荷のcore2Extream X9100は
米国E-bay経由中国より空輸中です。 
現状で、super-π 104万桁→22秒ですので、20秒切りは時間の問題でしょう。
このスペックで、バッテリー持続時間は4.5時間・・・やっぱりUMPCは必要無いか!?

開く コメント(0)

hp mini-note pc 2133

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

買っちゃいました! 2133 のハイパフォーマンス・モデル
主なスペックは・・・
プロセッサ VIA C7®-M ULV プロセッサ (1.6 GHz, 128 KB L2 cache, 800 MHz FSB)
メモリ 2GB PC2-5300 DDR2-SDRAM (最大2GB)
ハードドライブ ※2 160GB 内蔵 (Serial ATA、5400rpm、SMART機能対応、HP 3Dドライブガード対応)
ネットワークコントローラ 内蔵 Broadcom NetLink Gigabit Ethernet PCI Controller(BCM5788M) (1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T)、自動認識、Wake-on-LAN※3、PXE 2.1リモートブート
無線LAN 内蔵 Broadcom 4311BG 802.11b/g Wi-Fi Adapter (WiFi準拠、Cisco Compatible Extensions (CCX Version 4.0) 準拠、オン/オフボタン付き)
Bluetooth ※5 内蔵Bluetooth v2.0準拠
グラフィックスタイプ VIA Chrome 9 (チップセットに内蔵 デュアル·モニタ対応 拡張デスクトップ表示サポート)
ビデオメモリ 最大 256MB (メインメモリと共有 使用状況により変動 システムメモリに2GB搭載時)
最大 128MB (メインメモリと共有 使用状況により変動 システムメモリに1GB搭載時)
ディスプレイタイプ
(液晶表示最大解像度/表示色) ※6 8.9インチワイドTFTカラーWXGA液晶ディスプレイ
HPスクラッチ・レジスタント・ディスプレイ 19.39 x 11.63 cm (1,280×768/最大1,677万色)
ワンタッチボタン 無線オン/オフボタン
拡張カードスロット ※8 ExpressCard/54 (ExpressCard/34×1としても使用可、PCMCIA準拠、ExpressCard™ Standard Release 1.0準拠) ×1、SDカードスロット×1※9
オーディオ機能 High Definition Audioサポート (24-bit DAC)、ADI1981 High Definition CODEC、全二重、サウンドブラスタープロ互換、内蔵ステレオスピーカ (2W、4Ω)、内蔵ステレオマイク
内蔵カメラ VGAwebカメラ
サイズ(幅 x 奥行き x 高さ) 約 255 x 166 x 27.2 (最薄部、突起部含まず) - 35.5 (最厚部、突起部含む、6セルバッテリ搭載時は最厚部53.4) mm
質量 約 1.27 kg

流石、世界のhp・・sonyのVAIOとかとは比較に成らない完成度です。 が、そのまま使う訳が無い(^^;;
早速分解してHDDを換装します。 今回用意したのはSUPER TALENT製のSSD(ソリッドステート・ディスク) 120GB版です。

最近のPCはOSのバックアップDISKが付いておらず、HDDの別パーテーションに入っちゃいってますので(^^;; 単純にHDD換装と言っても丸一日の手間が掛かります。 OSをINSTALLして、最新のデバイス・ドライバーのダウンロード、主要ソフト(Office、ATOK含む一太郎、一連のadobe製品、AUTO-CAD、etc)、最後に一番大変なのが・・過去の資料と仕事ファイルの移動(約40GB)です。

SSDの実力やいかに・・・SUPER TALENTの公称スペックは、READ;120MB/s、WIRTE;40MB/sですが、512KB以上のファイルでは殆ど公称通りの値が出ています。  以前製作したシリコンディスク・ビルダー(SDカード4枚のRAID0)とはエライ違いだ!! これなら、交換する意味はあるカモ。

開く コメント(0)

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事