はじめに

すべて表示

はじめに

 「あすく」というのは、北海道・札幌のシーカヤッククラブです。ASKC(Adventure Sea Kayak Cl ub)ともアスクともいう、かなりの(何がかわからんけど)シーカヤッククラブです。このブログはそ の「あすく」の公式(?)ブログです。「あすく」には会費・会則はありませんが、このブログを仕切る わたくしことカイチョーの命令には絶対従うことが会員の唯一の義務です。とか言っても、だあれも言う こと聞いてくれんのよね。トホホ・・・・。   というわけで、シーカヤックとあすく会員にまつわるエトセトラを、カイチョーの思うがままに綴るあ すく風呂具をどうぞお楽しみください。

その他の最新記事

すべて表示

究極の弱足スペシャル完成!

2017/8/11(金) 午前 10:55

ツーリング仕様の最終兵器として、 ついに、フロントを41−25tという究極の弱足クランクギヤに変更した。 そもそもスイスクロス(リッチー製)にはスギノ46−30tのクランクギヤを装備しており、 リヤの11−32tとの組み合わせでかなりの登坂性能があったのだが、 さらにラクチンに坂を登れるようにしようという魂胆。 ディズナのラ ...すべて表示すべて表示

7 事故にあわないために ①考え方 人は陸にいる限りは溺れません、当たり前の事です。シーカヤックの技術がどんなに未熟でも陸上では溺れません。このことを一番に考える事です。風が強かったり海が荒れていたり、「今日はヤバイな」と思ったら海に出ないことです。 1 人では心配と思ったら複数の人とカヤックを楽しんでください。 1 人では ...すべて表示すべて表示

4 カヤックの乗り方と操船   カヤックのコックピットの中を覗くとフットレバーが目にとまりますのでパドルをコックピット後方に直角に置き、パドルシャフトにもたれるように重心を掛けて ( カヤックの固定 ) 足から入ります。まずは自身の体に合わせて、膝がハル(船体舷側)上部に来るようにフットレバーを調整します。膝で左右にローリングが簡単に出来ればフィ ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事