全体表示

[ リスト ]

万年筆

仕事の関係で、書類に署名捺印はよくあることだ。
その時の筆記具にいつも万年筆を使っている。


最初に買ったのがこれ。
ちょいとヴィンテージ物に興味があったので、ヤフオクで落札したウォーターマン。

イメージ 1
ボディーの脇についているレバーを起こして、ペン先からインクを吸い込む。
書き味は ちょっと シャリシャリ・・・


万年筆を使っていると、やっぱり欲しくなるのはモンブラン。
そして次に購入したのがこれ。

イメージ 2
マイスターシュテュックの、このペン先のカタチが好み。
(単3乾電池を一緒に撮ったのは、後に出てくるもう1本のモンブランと比較するため)

モンブランは、さすがに世界の名器だけあって、書き味はスバラシイの一言。


ずっと使っていたら、突然ボディーが割れた・・・!!
イメージ 3

書く時の握り方が強すぎたのか、インクカートリッジを入れる時に外す部分が、パキリと割れた。
最初は瞬間接着剤でしのいだものの、使っているうちに、再度割れて、また接着・・・

これを繰り返しているうちに、表面はボコボコ・・
結局、セロテープでギリギリ巻きの刑・・・
モンブランさんに言いたい!
ここの部分、もう少し強く作って!
金属の輪っかで補強してくれたらいいのに・・・
まぁ、私がもう少し優しく握ればいいのか・・・(笑)


そして、私の万年筆好きを聞いて、義兄が 「これ使ってみて」 とくれたのがシェーファー。

イメージ 4

ペン先のカタチが、いつも使っているヤツと異なる。
ボディーの一部と一体化されてる感じ。

書き味は実になめらか。
金属のボディーも、丈夫で壊れなそうな感じ。



次に購入したのは、今使っているボールペンもそうだが、ボディーが木製のものがいいな、
と思ってこれを購入した。
ペン先もお気に入りのカタチのやつ。

イメージ 5

なんとなく温かみがあって肌触りもいい。
ただ、握ったとき、ボディーの先の黒い部分と、木製の部分の段差がちょいとジャマ・・・




最初のモンブランは、カートリッジ式のため、ボディーが2分割になっているから、
ねじ込みの部分が割れてしまったけど、同じマイスターシュテュックでも、
ペン先から吸い込む方式の物は、ボディーが分割されていないから割れる心配がない。

で、ずっと狙ってた マイスターシュテュックの149。 
146もあったけど、私は手がデカいから、ボディーもデカい方がいいかな。
それだと余計な力も入らないだろうから、長持ちするだろう・・・と149にした。

少々高くてためらっていたけど、仕事の繁忙期を乗り切って、うんと頑張った自分にご褒美のつもりで購入。

でも通販で買ったので、実物が届いてびっくり・・・

「え?  こ、こんな デカいの・・・?」

イメージ 6
(単3乾電池と比較  同じモンブランでも1枚目のとずいぶん違うね・・・)

イメージ 7
この大きさの違い・・・!

サイトの説明によると、この149は、国際条約などの調印式にも使われるようなものだと・・・
(この前の某国の大統領と国家委員長の調印でも使われたのだろうか・・・)



その日の気分によって使い分けている。 どれもお気に入り。

(*´ω`*)

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事