ここから本文です
「税理士よりも税理士のことに詳しいね」と何度も言われたことがある男がお話しする、得する税理士選びのアドバイス。

書庫全体表示

昨日は、「税理士の税務調査に強い」はあまり信憑性がないというお話しをしました。

端的に言うと、
税務調査で指摘事項がなくても、もともと税金を払いすぎていては意味がないということです。

具体的な話をします、
同じ会社の決算を、A税理士とB税理士が組んだとします、

A税理士の組んだ決算を元に申告と納税を行った場合、
会社の納税額は100万円でした。

B税理士の組んだ決算を元に申告と納税を行った場合、
会社の納税額は50万円でした。

後日この会社に税務調査が入ります。
A税理士の組んだ決算の場合は、修正申告は必要なく追徴課税は0円でした。
B税理士の組んだ決算の場合は、修正申告を求められ追徴課税は30万円でした。

結果、
A税理士に決算を頼むと、納税額100万円、
B税理士に決算を頼むと、納税額80万円、

ということになり、
B税理士に頼んだ方が納税額が少ないことになります。

でも、
市場では「A税理士は税務調査に強い」ということになってしまうので、
税理士の言う「税務調査に強い」は、あまり当てにならない、
ということなのです。




貴社に合った税理士を無料で紹介します
011-522-7678



札幌/税理士/北海道/相続/節税/公認会計士/建設業/社労士
会社設立/事業承継/退職金/税金/税務調査/小樽/千歳
苫小牧/函館/旭川/帯広/釧路/北見/運送業/助成金/親切
税金対策/中央区/西区/北区/東区/豊平区/手稲区/南区/石狩
紹介/無料/

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事