写し絵の箱

わくわくしながら写したいな

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全36ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

タイトルは、昨日の新聞の生活欄に掲載されてた記事からつけました。

「体力の衰えや、病気をきっかけに日々のゴミ出しが困難になり、部屋にためこみ
 本人の手に負えなくなるケースが多い。」

なんか、わかる気がします。元気なうちはいいけど、何かをきっかけにおっくうに
なってしまうってこと、あると思います。

でも、私がこの記事に少なからずショックを受けたのは、
「ゴミ部屋防止のチェッックポイント」を読んだ時です。

 ① 50代から身の回りの整理を始める。
 ② 1〜2年使わないモノは思い切って処分する。
 ③ 必要なもの以外はできる限りもたない。
 ④ 自治体のゴミ回収サービスを確認。必要なら利用する。

②、③は、よく雑誌や本で特集されていていることなのでよくわかっています。

問題は、①です。
「体力も気力もある50代から身の回りの整理をしておきたい」と収納アドバイザーの方のコメントも
載せられてました。

アラヒフ(around fifty) の私にとって、結構ガーーン。
やがては、そういうことをしなければならないことはわかっていたけど、
それを、もうそろそろ準備しなければいけない時期に、人生なってしまったのね〜〜

「どんな人も介護施設に入る可能性はある。突然の入所に備え、必要なモノだけで上手に
 暮らす習慣を身につけることが大切」
と最後 締めくくられていました。
.
ちょっと寂しくなりましたが、高齢者の多くの問題を見ている方がアドバイスをしてくださって
いるのだから、心にとめ、意識していきたいと思います。

うううう、だけど、人生、早いな〜〜〜。

カラオケ初体験の巻

先日 お正月に泊まったお宿にカラオケの設備がありまして、
わたくし、人生で初めてカラオケを体験してまいりました。

息子たちはもう慣れたもんで、タッチパネルをぱっぱと操作し、お歌の環境を整えてくれました。
まずは、息子たちが次々と歌うのを聞いて(双子だし、ずっと音楽関係のクラブにいたので、
すぐ、ハモれるんです)おおおお、と感動しました。

さて、いよいよわたくしの番。
記念すべき1曲目。

幼い私の心に強い印象を残した、不朽の名作アニメ、
「妖怪人間 ベム ベラ ベロ」のテーマソング

イメージ 1

「闇にかーくれて生きる〜 おれたちゃよーかーい人間なのさ」

これを歌いました。

いやーー、気持ちよかったです。息子たちも、ネットでこういう昔の番組を見られるらしく
知っていて、一緒に歌ってくれました。^m^


それから、大塚愛の「恋愛写真」
  たーだ 君を 愛してる〜〜〜。

息子たちに、友達の女の子たちはどんな歌を歌うのかと聞いたら、色々答えたあとに、
「大塚愛さんは、かわいいし、声も高いので、この人の曲を歌うのはかなり
 ハードルが高いんだよね。」
とのことでした。
歌う前に言ってよね〜〜。
ああ、恥ずかし。

恥ずかしさを吹き飛ばすべく、次も元気のよいアニメソング

「1万年と2000年前から あいしてる〜〜」
を、またのりのりで歌いました。

ほんとにほんとに楽しかったです。
カラオケがこんなに楽しいとは知りませんでした。

バイオリンの先生から「歌うように弾きましょう」と注意をよく受けます。
今まで、歌う、ということがほとんどなかったことに気がつきました。
こうしてカラオケでおもいっきり声を出して歌ったことで、少しこのことがわかったような。
表現力を高めるためにも、これからも時々カラオケに通わなきゃ、と思った次第です。

新たな気持ちで。

皆様、新年おめでとうございます。
皆様にとってすばらしい1年になりますように。
私も良い1年にしたいです。
今年も、よろしくお願いいたします。

年末年始は、急遽スケジュールを調整し、(いつもこんなふうに決めるのが、もう恒例です。)
熱海で過ごしました。
息子たちが、帰省してくれないので、それならば、こちらから関東に行きましょう、というわけで
ネットで、宿を探し(まだ、空き室が残ってました。)2泊3日、久しぶりに家族が揃い
ゆっくり過ごしました。
天気にとても恵まれ、穏やかなお正月を迎えられました。

富士山です!わーい!富士山だ〜〜〜 の気持ちで撮りました。

イメージ 2

イメージ 1

2日には、息子たちを東京に送るついでに、江ノ島にも行きました。
イメージ 3

夕方の江ノ島です。その後、展望台に行きましたが夜景が素敵でした。

すごい人出にびっくり。すごい人出なのに、その中をわんこを2匹も3匹もひきつれて歩いている
人が結構いたのにも、びっくり。小さなわんこなので、気をつけないと、蹴ってしまいそうでした。

新年ですので、やはり今年心がけたいことを、ここに記します。

1 バイオリン練習。

イメージ 4

  新しい本にはいります。篠崎4巻と、カイザー教本3
  ページをぺらぺらめくりましたが、「ほんとにこんなの弾けるの〜〜〜」と泣きたい気分でした。
  でも、前進あるのみです。死ぬまでに、弾いてみたい曲があるんです。
  そのためには、この2冊をクリアーするのは最低条件でしょう。がんばれ!自分!

2 きれいな言葉遣い。

他にも、ダイエット、写真、読書、ゲーム制覇、色々ありますが、あまり欲張らず、上記の2点
こつこつと続けていきたいです。

読書の秋

久しぶりのブログ更新です。
•••と言っても、最近はカメラを持ってお出かけ、がなかなかできないでいます。

その代わり、本は、ここ3ヶ月あまりで結構読みました。
記録も兼ねて、ここに書いておきます。

イメージ 1
「沈まぬ太陽」
おそまきながら、この本5巻、一気に読みました。
「御巣鷹山篇」では、涙が流れて仕方ありませんでした。
企業のありよう、男同士の出世争い、利権目当ての政治家たち。
政治家たちが、私利私欲のために好き勝手をしてきたんだなーと、今更ながら思いましたです。
こういう経験を通しても、再建できなかった 「○AL」 いったいどうなるのかな。

で、これ関連で、読んだ本です。
イメージ 2
「クライマーズ ハイ」
堤さんの主演された映画の方はみてましたが、佐藤浩市さんのドラマも見てみたいです。
再放送ないかなー。

イメージ 3
「child44」
これは、すごかったです。
頭の中で映像化されていくというか、きっとこのまますぐ映画にできそうって感じです。
犯人というか、その人間関係は、「あ、やっぱり〜」と、なんか見え見えなんだけど。
ソビエトの共産主義社会の恐ろしさをひしひしと感じぜずにはいられない、内容でした。
続編もでているので、それもそのうち、読むつもりです。

イメージ 4 イメージ 5
「テンペスト 上下」
首里城のこと、美しかったホウオウボクの花を思い出しながら読みました。
あまりにも、奇想天外でありえない話ですけど、琉球王国なら、そのロマンも可能な気に
させられます。孫寧温(主人公)の役は、仲間由紀恵さんかしら、それとも黒木メイサさんが
いいかな、いやいや、もっとすごい新人さんが現れないかな、あの恐ろしい聞得大君は、
夏木まりさんかな、などと勝手にキャスティングして読みました。

イメージ 8 イメージ 6 イメージ 9
「八朔の雪」「花散らしの雨」「台所のおと」
こういう、しっとりとした、女性の料理人の話、好きです。

あとは、これです。
イメージ 7
「節約の王道」
「家計簿はつけない」 ですよねー、りんぼう先生!(家計簿づけ挫折するので、
最高の励みになりました!)
「食材を使い切って、冷蔵庫が空っぽになるまで次を買いに行かないと決める。」
そっかー、参考にしなきゃ、っと、色々、勉強になりました。実行してみたいですね。

読み始めると、結構やめられなくて、だいぶ夜更かしもしました。
また、わくわくして、ページをめくるのももどかしいようなそんな本と出会いたいです。

草なぎ剛さん

イメージ 1

メンバーの中で、特に誰が、というわけではなかったですが、
SMAPは 好きでした。

月曜の夜の、SMAP×SMAPは、毎週楽しみでしたし。


今年の4月末の、草なぎさんのニュースは、驚いたし、
特にあの某大臣の「最低の人間だ!絶対許さない」
発言には、心が痛みました。

お詫びの会見、1ヶ月の謹慎、そして復帰。

その流れの中で、ますます、SMAPを応援したくなったし、
草なぎさんの活躍にも目が離せなくなっています。

ドラマはほとんどみないけど、この夏は、
「官僚たちの夏」と「任侠ヘルパー」の放送時間が楽しみでなりません。

そして、先日、WOWOWで、「メッセンジャー」と「山のあなた 徳市の恋」
どちらも、草なぎさんが主演ででている映画ですが、その放送がありました。

メッセンジャーは、飯島直子さんが素敵で、
躍動感があふれていて、とても楽しめる映画でした。

「山のあなた 徳市の恋」
温泉に滞在に来た人々、やがてはそこを去って行く人々であるが故の、ふれあいというか、
暖かい中にも、なんともいえない切なさがあって、じわわ〜んとくる映画でした。
草なぎさんの、四感(視覚がないので五感ではないと思う)を集中させ、
色々なことを感じ取ろうとしている按摩さんを演じている姿がすばらしかったです。
後日、またWOWOWで、この映画の土台となった「按摩と女」が深夜放送されるみたいなので、
これも楽しみです。

全36ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事