トップページ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

どうやら、ガソリンの供給が緩んできたようだ。

震災の被害は甚大だが、地震国に住む我々は、耐え、克服していかなくてはならないのだろう。
何事もなかったように昇る太陽。
朝焼けの中、立ちすくむしかなかった。
イメージ 1

ISO800 180mm 手持ち
久しぶりに雪が積もり、プチ雪道走行が楽しめた。
3シーズン目となったスタッドレスタイヤ ブリジストンブリザック(REVO2)も、まだ安心感がある。
イメージ 1

広角側(24mm)で撮るとレンズの歪みでフロントが強調される。なんかトゥーランらしくない。
イメージ 2

明らかに雪が積もっている所以外でも、少しラフに踏むとESPが作動する。つるつるに凍結していない限り、スタッドレスとESPで雪道を、安全に走ることができる。
トゥーランの前は、4WD車を2台乗り継いで、トゥーランに乗り換えた後の冬は心配だったのだが、FF+ESP+スタッドレスで、雪道を普通に走る分には十分。また、ESPの、いかにも制御しているような絶妙な挙動を経験すると、ESPなしのクルマには戻れない。

いまいちのサイドウィンドウでの自分撮り。
イメージ 3

ところで、雪道でのDSGとATのフィーリングの違いは有るのだろうか?
ゴルフでも良いのだが、ATとDSGとの雪道での比較記事を探してみたい。

5年目の車検完了

5年目の車検が終わりました。ディーラーでの費用は税金込みで約17万。
代車不要にするとかでもう少し費用を抑えられるようですが、クルマの維持費は結構かかりますね。

車検で、目から鱗的な事象が1つありました。
最近、駐車していたクルマを動かす際に、ドアミラーのスイッチを開にしても、ほぼ毎回ドアミラーが開かなくなっていたのです。そしてスイッチを一旦閉じに戻した後、再度開にすると100%開くのです。

ディーラにもこの話をしていたのですが、「スイッチの接点不良かも。。。交換しても直るかは不明」とのことで、様子見としていました。
そして車検でバッテリーが弱っているとのことで交換したら、その後、ドアミラーは確実に開くようになりました。
特にバッテリーがへたっている事象は無かったので、目から鱗でした。
朝一の始動ではスターターは回っているので、なぜ始動後のドアミラーの「開」ができなくなる(しかも1回目だけ)のかは、今一つ納得できないのですが、
「うちのトゥーランのバッテリチェックは、ドアミラー開が1回で出来るか否かで、すれば良いのだ」 と思っています。

展示されていたゴルフR 座ってしまった。。。
Rなのですが、内装は、シートを除けば、GTIとすごく変わった印象はありませんでした。裏を返せば、
ゴルフ好きをターゲットにしたプレミアム感があるといった雰囲気でした。

イメージ 1


★私のゴルフトゥーラン
 ☆仕様 2.0GLi 2006y シルバー  
 ☆走行距離 35,000km

イメージ 1

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事