@racquetball

ラケットボール is ファン!

Amigos!

イメージ 1
NEW T's


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1


NEW RACQUET 2016 − 2017
DARKSTER
COMING SOON!!!

E-Force Japan

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

ラケットボール専用バックパックです!
(ラケットホルダー付き)


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

女性&ジュニアに大人気です!


E-Force Japan

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

ラケット史上、最もヒットしているラケットです!

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

最近のスポーツクラブのトレンドは健康管理。

いかに心地よい運動を継続して健康管理につなげていくか。

競技としてのラケットボールとは少し違った角度からプログラムの開発が必要である。

日本でコートを増やすことを考えた時に、現状、これは最大の課題である。

これは誰のミッションになるのであろう。

協会、スポーツクラブ、メーカー、愛好者 ・・・


E-Force Japan

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

「練習は試合の様に、試合は練習の様に!」

このテーマのポイントは、いかに試合を想定して練習を行うかです。

言い方をかえれば、いかに試合と同様な状況で練習を行うかです。



練習は自然とリラックスしてプレーができるが、

いざ試合となると、どうしても緊張して硬くなってしまうものです。

そこで下記の様な練習を行ってみてください。

・出来るだけポイントを数えて試合形式で行う。

・レベルに差がある場合は、ハンデをつけて、真剣にやって接戦になる様な試合を行う。
 例:0−5、0−10、1−13とった状態から試合を行う。
 
なにしろ、「この1球をミスしたらやばい!」といった状況を作るようにする。

その他、様々な方法があると思いますので、自分と相手にあった方法を考えてみてください。



何回もこの練習を行っているうちに自分なりのメンタルコントロールができるようになってきます。

慣れてくれば、おのずと「試合は練習の様に」なってくるはずです。


E-Force Japan

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

オブザバック

はじめは、このショットを沢山練習する事をお勧めします!

オブザバックがチャンスと思えるならば、あなたは中級者です!


E-Force Japan

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事