禅膳はぜんぜん。

学んで愈愈遠し、漸く入れば漸く深し

最新記事

すべて表示

佐野眞一(03)

「鳩山一族、 その金脈と血脈/文春新書」からの続きである。 <春子、薫、安子と三代続いた鳩山家の女たちは、植物図鑑に見立てれば、男勝りの春子はどんな樹木よりも堅い樫木に、才色兼備の薫は壁にしっかりまとわりついて生命力を伸ばす蔦に、瓩燭韻唇損劼論秬泙譴靴覆い靴覆笋な柳に譬えられる。  この鳩山家三代の“婦系図”をたどっていくと、鳩山家におい ...すべて表示すべて表示

佐野眞一(02)

2016/5/17(火) 午前 8:21

佐野眞一(著)、「新忘れられた日本人」、毎日新聞社、2009> 佐野眞一(著)、「新忘れられた日本人供≡耽予篶蕾人礼賛」、小学館、2012> 佐野眞一(責任編集)、「宮本常一:旅する民俗学者/KAWADE道の手帖」、河出書房新社、2005> 佐野眞一他(著)、「上海時間旅行」、山川出版社、2010> 先ずは、「鳩山一族 ...すべて表示すべて表示

佐野眞一(01)

2016/5/15(日) 午前 10:21

佐野眞一(著)、「あんぽん 孫正義伝」、小学館、2012>を読む。 この本はかなり以前から聞いてはいたが、何故か、孫正義に関する曖昧模糊とした悪感情に近い反感から読まず嫌いであった。しかし、これを読んで完全な先入観による己の感慨が勘違いであったかの思いを持たされた。マスコミによるものか周囲の人の影響からか、ほとんど意識しない形で、感情的反応回路 ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事