臆崖道の山日記

そろそろタイトル名を変えるべきか・・・

全体表示

[ リスト ]

8/13(月)早朝、我々は国内線に搭乗し、CNSから西へ1000kmほど飛び立った。
イメージ 1


気候区分的には“Topical”であるCNSから離れると、すぐに“Sbtropical”なアサートン高原らしき湖などがある景色に変わる。
イメージ 2


さらに西へ西へ、つまりAU大陸奥地に入っていくと、“Grassland”いわゆるサバンナ気候の植生というか地形に変わっていく。上空から眺めていると、そのサバンナの中に集落らしきものも見えた。
イメージ 3イメージ 4


この辺りはもう立派な“Outback”である。Outbackについて知らない人は、ググってみよう。スバルのSUVが真っ先に登場するが、この車名もAUのOutbackに由来している。
サバンナの中に大河が流れている。いや、水はほぼ流れていないから、単なる溝に過ぎないか。こういった涸れ
た川がうねうねと乾燥地帯で這うような地形を、“Channel Country”とも言うようだ。
イメージ 5


CNSから飛ぶこと約90分、大地から植生がどんどんと消えていく。
イメージ 6


おお!これぞOutbackの中のChannel Country!!
ニッポンでは絶対に見ることができない、いや他の国でも聞いたことがない風景だ。そしてそこには植物も水も人も・・・何もない単純な世界だ。これが実に素晴らしいことだというのを理解するには、上から眺めていただけではわからないだろう。
イメージ 7


赤茶けた大地はもちろん砂漠“Desert”であるが、それはサハラ砂漠のようなサラサラの砂の大地ではない。さしずめ火星を連想させられるような、カサカサの大地。
イメージ 8


着陸態勢に入ったら、地形が起伏してきた。
イメージ 9


そう目的地というかOutbackの玄関口、いや起点であるMt.Isaが近いことを示す。もちろんMount(山)に登山しにきたわけではない(誰がそんなくだらないことするか!)
イメージ 10


Mt.Isaの空港に到着。CNSからは2時間ほどのフライトである。ここではCNSから2日かけて陸路にて先着していたOガイドと合流することになる。
イメージ 11


Oガイドとは3年ぶりの再会。そして今回のOutbackツアーの主催でもある。同行者はOガイドの友人であるIさん。そしてメルボルンからお客さんとして参加していた女性の5名である。
イメージ 12


何をするって?
もちろん探鳥に決まっている。同じQLD内だが、CNSとは全く異なる環境のOutbackではどんな野鳥が見ることができるのだろうか。
イメージ 13


つづく・・・


閉じる コメント(4)

顔アイコン

この不毛の大地にも生き物はいるのでしょうか?

2018/11/3(土) 午後 6:34 はなゴン 返信する

別の惑星に来たみたい!

2018/11/3(土) 午後 7:35 しまちゃん 返信する

顔アイコン

> はなゴンさん
それがいろいろ居るんです。それを観に来たんです。

2018/11/4(日) 午前 9:39 [ 臆崖道 ] 返信する

顔アイコン

> しまちゃんさん
そうなんです。もしかしたらアリススプリングスへのフライトからも、こういった火星みたいな大地が見れるかもしれません。

2018/11/4(日) 午前 9:41 [ 臆崖道 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事