臆崖道の山日記

そろそろタイトル名を変えるべきか・・・

全体表示

[ リスト ]

ちなみにこのツリスガラの撮影は、かなりの難物だ。(的が)小さい+(動きが)速い+(枝が)被りまくるの3重苦をクリアしないとならない。
イメージ 1


余りにも動きが速すぎてとても視認できなかったが、こういったお食事真っ最中の貴重な一枚を収めることができた。なるほど舌を伸ばして小さな虫を捕食するわけね。
イメージ 2


これまで紹介した画像は全て♀、あるいは若♂の個体だろう。過眼線が濃茶なのが特徴的だが、成鳥♂になると、その色は黒くなり、バーダーの間では「怪傑ゾロ」と表現されることが多い。
イメージ 3


成鳥♂の個体は数が少なかったが、3回通った結果、何とかフレームに収めることができた。
イメージ 4


あ〜〜〜〜〜〜ん ベロ――――――――ン!!
イメージ 5


葦原には多くの野鳥が棲息している。高層ビル街からわずか1kmしか離れていない、貴重な大自然だ。
イメージ 6イメージ 7





探鳥日:①2019/1/19(土),②2/2(土),③2/23(土)
探鳥地:大阪市
天候:①快晴,②快晴,③晴れ時々曇り
撮影機材:PENTAX KP,150-300mmF4.5-5.6

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事