臆崖道の山日記

何かこのブログも閉鎖されるみたいですねw

全体表示

[ リスト ]

R169から


午前8時過ぎ、越部駅からコミュニティバスに乗車する。
イメージ 1


20人も乗れば満杯になるマイクロバスだが、この日は上市駅で30人以上のハイカーが乗車してきたので、ギュウギュウ詰めになった。どうやら蜻蛉の滝から花見登山をするハイカーのようで、大滝BSで全員下車。そこから先は我々2人と、上北山村まで利用する本来のコミュニティバス利用者2人だけだった。
川上村内の高原トンネルの通行止めのため、迂回ルート(交互通行)の時間待ちもあって、杉の湯に着いたときは30分近くのダイヤ遅延となっていたが、下北山村浦向BSで下車したときは11時、つまり約5分の遅れまでに挽回していた。正規料金の半分以下である1000円を支払って、下車。と同時に、退路を断つに近いスタートをとる。つまり覚悟を決めるわけだ。
イメージ 2


浦向の集落で、行動食の足しにしようと1件の売店に入るが、パンやおにぎりは売っていなかった。真っ暗な店内から、何年ぶりに客を出迎えるかわからないようなババァお婆さまが登場するや、「あんたらこれからどこの山に登るんかね。登ったことあるんかね」と聞かれる。
イメージ 3


200円近くもするかっぱえびせん(おそらく定価売り)を購入して、R425を西へ。清流である奥地川を渡って、浦向道へと入る。
イメージ 4


浦向道は佐田辻に至る古道だ。廃道一歩手前の状態から、新宮山彦ぐるーぷの方々によって修復され、かなり歩きやすくなってきている。もっとも大半が植林帯を歩くので、風情があるというコースではないが。
イメージ 5


バイカオウレンが少し和ませてくれる。途中ca820m付近で、四ノ川林道と交差する。
イメージ 6イメージ 7


標高1000m辺りから尾根に乗ると自然林となり、視界も少しは開ける。
イメージ 8


佐田辻(行仙宿)14:40着。フツーならここで行動終了の時間帯だが、本日はスタート時間が遅いため、小休止だけに留める。
イメージ 12イメージ 11


ここからは南奥駈道を北上する。15:30、行仙岳で本日のミッション遂行。
イメージ 9イメージ 10


下北山村の集落が俯瞰できる。あそこが浦向だろうか。
イメージ 13


倶利伽羅岳、転法輪岳と越えていき(あ〜シンド)、
イメージ 14イメージ 15
イメージ 16


17:55、平治宿に到着。ヘッデン歩行も覚悟したが、何とかそれは回避できたようだ。
イメージ 17イメージ 18


水場まで下っていき補給するが、9割がた溜め水の状態なので、飲用には煮沸してからいただくこととする。それでも山彦ぐるーぷの方々によって、この水場も整備されていなかったら、非常に困ったことになっただろう(今宵の煮炊きする水さえもない状態となるため)。
山小屋の内部は非常に清潔にされており、寝具類も有り難く使わせてもらう。もちろん寸志2000円/人を快く納めさせてもらう。
イメージ 19


小屋周辺は樹林帯なので、開けた場所はない。星景撮影には向いていないが、それでも紀伊山地の空の暗さは素晴らしいし、まずもって星の数が違う。
イメージ 20
(北天が明るいのは、大阪〜奈良の市街地の街灯りの影響。中央ピークは釈迦ヶ岳)

イメージ 21
(南方向には夏の天の川が昇ってくるのだが、樹間からしかその姿は見えない)

(別項につづく)

閉じる コメント(8)

50周年記念の山行なんですね。
末永く続きますように!

2019/4/21(日) 午後 10:02 しまちゃん

顔アイコン

> しまちゃんさん
ありがとうございます。
奈良県内のピークを50座選出し、それに登るという企画になります。

2019/4/22(月) 午前 7:24 [ 臆崖道 ]

顔アイコン

奈良県は素晴らしい山がたくさんあっていいですねー。千葉県の最高峰は愛宕山で標高408mです。何と千葉県は全国で一番低い土地なんです。

2019/4/22(月) 午前 8:16 [ 旅人 ]

顔アイコン

ミッションって奥駆道さんが臆崖道北上していくんでっか?ヤヤコシ
このエリアはほとんど行った事がありません。アシノセが唯一でしょうか。

2019/4/22(月) 午後 6:43 はなゴン

顔アイコン

> 旅人さん
それは下の投稿者であるはなゴンさんがかつて千葉県に単身赴任されており、そのことを嘆いておられたので理解しております。
まあ山岳国であるニッポンですが、そういった都道府県もあっていいではないですか。

2019/4/22(月) 午後 7:38 [ 臆崖道 ]

顔アイコン

> はなゴンさん
ワタクシ、アシノセは途中敗退してまんねんorz
この山域の神髄は、確かに尾根よりも谷でしょうね。今回巡った尾根に突き上げる谷ですが、芦廼瀬川の他、小又谷、苅安谷、滝川大谷などなど、私が遡行した谷はいずれも銘渓ぞろいですわ。

2019/4/22(月) 午後 7:43 [ 臆崖道 ]

顔アイコン

久しぶりに覗かせていただきます。
ちゃんと「山」との両立やっておられるんですね。(当たり前か)
やはり「写真力」には脱帽です。

先日の山で、日頃気にもしてなかった鳥さんの声を聴き分ける努力をしてみたんですが、数えてみるとなんと十種類ほどの鳴き声がありました。(違うと思われる声の種類)
臆崖道さんなら全部聞き分けて、その姿も撮ってしまうんだろうなーって思いました。
ちょっと気になってた文章カットやアップのタイムラグも解消してます。♪
ヤフーはもうすぐ終了ですが、それまでまた顔出ししてもいいですかね。(山関係で)

2019/4/23(火) 午後 10:27 echizen

顔アイコン

> echizenさん
囀りはかなり覚えたつもりですが、野鳥の会の会員さんと比較したら児戯に近いレベルです。登山の最中の撮影の成功率は、ルートの峻嶮度にもよりますが、1割にも満たないでしょう。
ちなみに両立とは野鳥と登山のことを指していると解釈しますが、撮りたいものがあればこれ以外の被写体にもレンズを向けるので、「両立」という感覚はありません。伝えたいものがあって、好きなことをやっているだけです。

2019/4/23(火) 午後 10:54 [ 臆崖道 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事